There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

秋のソウル旅行-三日日①

三日目の月曜日、半日の「MBCドラミアツアー」に申し込んでいた。
a0176188_756082.jpg

MBCの時代劇撮影所のある龍仁(ヨンイン)は京畿道中部。
他に韓国民俗村やエバーランドがあり、
ソウルから日帰り観光ツアーが多数出ている地域だ。

a0176188_9151486.jpg

一部早めの紅葉も。ソウルと違って空気が美味しい。

以前、水原華城、陶器の利川市と3点セットで訪ねた民俗村。
「チャングムの誓い」ブームに乗って、ソウル北楊州(ヤンジュ)市の撮影所にも行ったことある。
これら時代劇のロケ地、使われた家屋や小道具の展示などを見ることは何度でも楽しい。
現在「チャングムの誓い」で使われたモノはすべて龍仁に移築され、
楊州はクローズ、
名前も「龍仁MBCドラミア」⇒「龍仁大長今パーク」に替わった。
でも「大長今」(テジャングムと読む)は中国人向けの改名らしく、
ちょっと違和感あるので、私らは「ドラミア」で通した。

「トンイ」「イ・サン」「朱蒙」「善徳女王」・・・
この4本はMBCの代表作でもあり視聴率もよかったのか、大看板が入口にある。
それ以外にも「華政」「奇皇后」「九家の書」「馬医(マイ)」「アラン使道伝」「太陽を抱く月」 「相棒(チャッペ)」・・・
これらが過去見たドラマ。
他にも「モンスター」「夜を歩く士」「夜警日誌(ヤギョンックン イルチ)」「火の女神チョンイ」「Dr.JIN」「武神(ムシン)」・・・
現在形でロケをしているらしく、
最近終了したが「獄中花」(チン・セヨン、コ・ス)はここで。
a0176188_885950.jpg

しかも、今年拡張した第二セットで。
a0176188_7554188.jpg

a0176188_8192153.jpg

この背景にある、「獄中」のセットを作ったってことね。
a0176188_8202068.jpg

a0176188_8243124.jpg

「獄中花」で出て来る、明宗役ソ・ハジュン。
私にはお初なんだけど、前日のチムジルバンで見た「覆面歌王」で覆面を取った人。
ミュージカル出身なんだとか。昨日見た顔がここにもあったので。要チェック^^
a0176188_8292476.jpg


5月の「聞慶ツアー」のコースのひとつ、聞慶セジェオープン撮影セットはKBS専用。
もちろん、ロケに使うので、ガイダンスの立て看板などはあってはならないけど、
あちら(KBS)よりこちら(MBC)の方がよっぽど充実している。
そもそもツアーを組んで、ガイドさんが詳しい説明をしてくれるし。
ソン・ユリ似の若いガイドさんは、何度も訪れたせいか、
ドラマにもかなり詳しく、各地でどのドラマのどのシーンが撮られたか説明。
a0176188_855446.jpg

新羅時代(356年~935年)から朝鮮時代(1392年~1910年)まで各時代の建造物がある。

5月のツアーにひとりで参加した女性で、既にこちらにも行ったそうで、
「太陽を抱く月」ロケ中で、子役時代のヨ・ジングとキム・ユジョンらが演技するのを近くで見たとか。
a0176188_758538.jpg

a0176188_7595767.jpg

このツアー、参加者は10名以上だが、一組の夫婦を除いて、後は全部女性。
二度目という人たちもいた。
まあ、その時々でロケ現場に出くわして、出演者たちを間近に見たら、
気にもかけなかった俳優たちでも、「会ったことあるのよ」で記憶に留めるだろう。

ガイドさんは今まで出会った俳優のリアクションについても説明してくれた。

イ・ジュンギは一般人が使うトイレも使ったそうで、出会ったお客さんに両手指さしウィンクをしてくれたそう。
(こんなことされたら、好きでも嫌いでもなかったイ・ジュンギ、好きになりそうだ(笑))
a0176188_8141927.jpg

チ・チャンウクは腰が低く、挨拶をいちいち返してくれたそう。
a0176188_873040.jpg

イ・ヨウォンはスタイリストたちと歓談してるのに、こちらにチラッと目線を移すも、全く愛想なかったそう。
a0176188_881220.jpg

あなたのことよ。どこで告げ口されるかわかりませぬ(笑)
a0176188_8122776.jpg

イ・ビョンフン監督(「チャングムの誓い」その他)は、
俳優でもない自分を認識してくれたことが嬉しくて、ツアー客ひとりひとりと一緒に写真を撮ってくれたそう。
a0176188_832934.jpg

でも俳優たちも大変。たった1分に満たないシーンをここで撮って、
次は別の場所へ。外だったり、中(巨大な倉庫が遠くに見えた)だったり。
主役級は暑くても寒くても、近くても遠くても、専用車で過ごすし、移動するが、
エキストラたちはそんな待遇があるはずもなく、外で待機、徒歩での移動となるという。
エキストラたちもフィリピン系など韓国人じゃない顔立ちも多いらしいが、それは数合わせで遠目に。

そもそもソウルでなく、ここに通う(?)ことも大変だろうな。
時代劇ではないけど、「若者のひなた」(KBS)は江原道の舎北(サブク)が舞台。
まだ駆け出し時代のチャ・テヒョンがここのロケは「遠くて大変だった」と「一泊二日」で述懐していた。
その後、時代劇「チョンウチ」では、前述の聞慶まで出かけてロケ。
いやー、華やかなキャリアと想像される、その陰では苦労も多いのよね。
 

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
トラックバックURL : http://seirisyuno.exblog.jp/tb/23365844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2016-11-15 08:03 | 旅(韓国ソウル) | Trackback | Comments(0)