There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

「ぼくのワンダフル・ライフ」

「ギルパート・グレイプ」「ショコラ」等のラッセ・ハルストロム監督の新作

毎日車には乗らないのだが、乗る時だけFMを聴いて、聴けばその度にナビゲーターが
この「ぼくのワンダフル・ライフ」に感動していたり、オススメしていたり。

先日、シネコンに見に行った。
暑い日、よその車に閉じ込められたゴールデンレトリバーを少年イーサンが解放するところから始まる。
窓ガラスを割って脱出させ、そのまま逃走・・・って、軽犯罪(>o<)
で、そのまま少年の家のワンコになっちゃう。ベイリーと名づけられて。
a0176188_148381.jpg

少年はやがて青年になる。アクシデントで夢破れ、生きていく為に独り立ちをすることとなる。
やがて迎える、人間よりも早いイーサンの寿命。呼び戻されイーサンの死に際には間に合った。
ここから輪廻転生だ。
ベイリーは次にエリーという警察犬シェパードとして生まれ変わる。
a0176188_14102472.jpg

その次は黒人女性マヤと出会う、ウェルシュコーギーのティノ。
a0176188_1495821.jpg

四度目は「片付けられない家」の庭の片隅で、散歩に連れて行かれることもない犬生のセントバーナード。

一方、もはや初老の域に達したイーサン(しわしわのデニス・クェイト、久しぶり)、
ワンコのいない人生は張りも希望もなさそうだ。
ところがセントバーナードになったベイリーは放浪の果て、
ついに昔の面影すらないと思われるイーサンに再会!匂いでわかっちゃうの?
「イーサン、僕を思い出して。少年の頃、一緒に遊んだじゃない」
犬種が変わっても、ベイリーの、イーサンへの想いは一途です。
それにイーサンが気づくって瞬間がいいね(ポチッ←「いいね」ボタンを押した音)。
ラグビーボールを使った一芸で!
a0176188_1493195.jpg

私は猫派なのだが、ワンコ好きになったのは、
「ほぼ日」の糸井重里氏のブイヨ飼い犬、ジャックラッセルテリアのブイヨンから。
毎日「ほぼ日」チェックしているうちに、愛情が湧いて来るもんだね。
ブイヨンの生い立ちを知りたくて、「Say Hello!あの子によろしく」を買っては繰り返し読んだ。
いや、読んだというより、見てた、だね。

今でも通っているクライアント宅にシェルティ(シェトランド・シープドッグ)がいるのだが、
大型犬だがもうおじいさんの域。気性は優しく、会うのが楽しみ。

ある日、若松海岸を散歩中に、前を歩いていたカップルが連れていた柴犬二匹。
私らの会話(というか私の声)で、何故か柴たちが振り向いて笑顔(ワンコの笑顔って花開いた感じよね!)で向かって来たのだ。
え?誰の声に似てて、反応したんだろう?
という不思議体験をした。
折り返し地点でも柴たちがこっちを向いて、笑み満載でジャンプしたり反応するのを、
飼い主が恐縮してリードでしっかりキープしていた。
それ以来、柴犬にも興味を持ち、今や「柴犬」ブログ、ブックマークに3個。
ドイツ在住の人の柴犬ブログでは、この夏の間中闘病記をアップされて、最後はもう涙、涙でした;;

友人も動物を「猫」と「猫以外」で区切っていたそうだが、
草彅君が飼い始めたフレンチブルのくるみちゃんのTwitter見ているうちに、
急速にワンコファンになっていってるそうな。
又、ある友人宅を訪問したら、立派なご先祖様の仏壇の横に、先住猫のミニミニ仏壇を見た。
写真の手前にはお線香や水、猫缶などが。こういうお宅もあるんだなぁ。
ちなみに、別の友人は趣味の畑を荒らしてくれる、「動物とは憎きモノ」の定義で、
彼女との会話でウチの猫の話が出ることは一切ない。
「北海道に旅行に行った時、動物好きでもないのに旭山動物園がコースに入っていたのよ」と。
                   ・
                   ・
                   ・
「ぼくのワンダフル・ライフ」はペットを愛おしむ人なら共通の感情を持つだろう。
ペットを飼っていれば、必然的に迎えてしまう死。
もう一度会えるなら、それは輪廻転生でも、天国の門でお迎えしてくれる(私は後者だが)という発想でもいい。
ファンタジーの一言では片付けたくないな。
泣きはしなかったけど、ウチのミウミウをたっぷり抱きしめることだけを考えて帰路を急いだ。

数日後。
「ねこのきもち」の読者である姉からクーポンギフトをもらった。
フォトブックに載せるミウミウの写真をアップロードしたら、後日送られてきた。
なんて可愛いんだ!(親バカ^^)
a0176188_1474540.jpg

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
トラックバックURL : http://seirisyuno.exblog.jp/tb/237904450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2017-10-21 14:10 | 映画(雑記) | Trackback | Comments(0)