There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

カテゴリ:音楽( 5 )

今年の収穫(音楽)

”ナマ”MCモンを見たこと。
a0176188_7523792.jpg

もう随分昔に思えて来た、仁川K-POPコンサートat2009。
名だたるK-POP歌手らと共に会えるはずだったモンちゃん。
それが金大中元大統領の死去で延期になり、
2週間後に開催されたコンサートではモンちゃんだけが参加出来なかった。
キム・ジョンングクとのジョイントコンサートが既に決まっていたからだった。
a0176188_7435442.jpg

やっと6年後に”ナマ”に会えて、もうそれだけで今年はいいね(笑)
というか、余韻に浸ってもういつのまにか年末ですもん。

スマホを街中で紛失し(長年のガラケーですら紛失したことないのに(T_T))、
4時間後には手元に戻って来たのだが(どなたか存じませんがありがとうございますm(_ _)m )、
そこで考えたことは「スマホに入っているモンちゃんのライブの動画や写真が・・・(;_;)」
だった。
写真はほぼPCにコピったし、
動画は再生するとノイズがひどくてすぐ中断してしまうんですけどね。
それでもスマホ永遠に紛失・・・は気持ち悪いものだし。

それからスマホ初期画面にPINコードを設定するように。。。
周囲から「今までしてなかったのか?!」と驚かれた。

その二日後、福岡の母が救急車で病院へ運ばれた。
救急車の中で母親のケータイからスタッフさんの声で電話があるわ、
救急コールセンターからは電話があるわ・・・で、
何が何だかわからない状態で、まずは福岡へと急ぐ車の中で、
心を平静に保つ為に薬となったのもモンちゃんの曲だった。

今や生活のすべてにモンちゃんの曲が寄り添っているのだ。
9月のライブの成功で、12月も3都市でさらに大きな会場で
コンサートがあったのだが、暴走しなくてよかったです;;;
9月の思い出でしばらく浸って行こうと決意したことで、
母の入院中に韓国に飛ばなくて済みましたわ~
そんな母もようやく娑婆に出ました。
私を次のソウルに羽ばたかせてくれよね、マザー?
a0176188_7443620.jpg

(ライブ中に、「今年結婚する予定のカップルいます?」と舞台上から質問していたのだが、
「どこで結婚式を?じゃあ僕が祝歌歌いに行っていいですか?」を実現したらしい。
「I LOVE U OH THANK U」を歌うモンちゃん。羨ましすぎ・・・)


というわけで、今年はこんな風に一色(笑)
他にコンサートは4つ。
1.2PM@マリンメッセ福岡
2.ル・ベルベッツ@ウェル戸畑
3.ライブイマージュ15@福岡市民会館
4.スーパージュニアKRY@マリンメッセ福岡
(※スパショはメンバー半分の入隊で今年はパスなんですよー
2018年まで待てだって・・・)

仁川空港で防弾少年団に出くわしたことは、ちょっと自慢。
コンサートの舞台上で会うのとは、またニュアンスが違いますからね。
それでも、彼らの歌はYouTubeで最後まで聴いたことない。

来年はもう少し視野を広くしてみようか。
と言いながら、来年上半期にモンちゃんの
ニューアルバムリリースのニュースに今から期待大だ。


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2015-12-30 07:48 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

大貫妙子の世界に浸る

先日の「ライブ・イマージュ」コンサートを機に、
久しぶりに大貫妙子の昔の曲に浸っている。
友人が、YouTubeに彼女の「ヨーロピアンサウンド」アルバムがFULLでUPされていると
教えてくれて。
嬉しくて、昨夜から聴きまくり♪
実家にレコードはあるものの、もう聴く手段がないのでね(^ω^;) ・・・

大貫妙子は’53年生まれだから現在61歳だけど、
ユーミンは’54年の早生まれだから、同じ年。
私の青春の二大教祖。

彼女のベストを作るとしたら・・・
1.黒のクレール
1以外はどれにしようかな・・・という感じで選んでいって順不同でもあるが、
この1位は絶対的なポジション。
とにかくいいのだ。
ロマンティーク」「アバンチュール」「クリシェ」はヨーロピアン三部作と言われているが、
当時のPDの意向で、「ヨーロッパ調のアルバムを製作することに。
様々な映像資料や音源、書物などを漁って丁寧に作られた」そう。
どんな映像資料でこれを作ったかはわからないが、
私のイメージでは、アラン・レネ監督の「アメリカの伯父さん」。
a0176188_21123645.jpg

ニコール・ガルシアが靴を脱いで海岸を歩くシーンとダブる。
何故かって言われても、そうイメージするからそうとしか。。。

2.ブリーカーストリートの青春
ブリーカー・ストリートとはニューヨーク市マンハッタン区を東西に走る通りらしい。
これはポール・マザースキーの映画「グリニッジ・ビレッジの青春」のイメージ。
「セリフの相手は真夜中のショーウィンドー」のところが好き。

3.若き日の望楼
これはマンガ、萩尾望都「ポーの一族」のイメージ。

4.アバンチュリエール
フランス映画「冒険者たち」をイメージしたのかなと思いきや、
「サントリーニ島」が歌詞に出て来るので、ギリシア。
歌詞の中の「ユリとツバメと・・・」は多分、こんなフレスコ画?
a0176188_211749.jpg


5.彼と彼女のソネット
ヨーロピアン三部作からちょっと時期は離れているけど、
シンプルだけどメロディアスで抒情たっぷり。

6.テルミネ
とてもロマンのある響き、”終着駅”。
これも「トラン・ブルー」「地中海の青」「コート・ダ・ジュール」が出て来るので、
コート・ダ・ジュールに向かう列車の発着のあるテルミネ、パリのリヨン駅が舞台かしら?

7.果てなき旅情
「胸ときめかせ 降り立つ駅パディント」。そう、ロンドンのね。
「霧の街を後に 明日南への路を選ぶわ」
だから、再度ここから出発し、ヨーロッパ大陸へ上陸。
「国境越えればバルセロナ、バレンシア」。      
どこが終着点なんだろう?
ドラムの音が線路を加速する列車の音とダブって、すっごくいい効果音。

8.ふたり
メロディだけを聴いていると、坂本龍一の重厚なピアノ音が流れ、
やがてマイナー調のサンバのリズムが流れてきて
あれ、舞台はどこ?とよくやく「歌詞を聴いて」みると、なんと
「さよなら キエフは緑の6月、別れはモスクワ」とあり、
えっ、ロシアだったの?と驚く。

9.グランプリ
先日見た「アナザー・ストーリー」@BSプレミアムのアイルトン・セナとオーバーラップ。

10.地下鉄のザジ
ルイ・マルの「地下鉄のザジ」へのオマージュ。
a0176188_21151331.jpg

12歳でデビューしたザジ役のカトリーヌ・ドモンジョも既に66歳って。

11.ぼくの叔父さん
ジャック・タチのコミカルな感じを出している。
a0176188_21155364.jpg


12.Cavaliere Servente
これはヴェネチアが舞台。

次にヨーロッパを旅する時のお供に是非~♪♪♪

(Y.F.)
【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2015-05-16 21:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
久しぶりに行って来ました~♪
いつも福岡の友人頼みで、自ら動かないので、
お誘いがあれば行くというスタンスのコンサート。
でも、福岡市民会館からの帰り道、
「やっぱり、”ナマ”はいいわぁ」というベタなフレーズを繰り返しながら、
感動の余韻に浸っておりました。

セットリストに非ずだけど、出演者たちをメモ的に。

羽毛田丈史(コンサートプロデューサー)
地球に乾杯

高嶋ちさ子
風笛
NHKのかつての朝の連ドラ「あすか」のテーマ曲。
宮本文昭のオーボエが好きだったのだが、
今回はヴァイオリンで。
そして、相変わらずの爆笑トーク炸裂。
ご主人を手玉に取ったエピソードを。
(とっくに手玉に取っているとばっかり(笑))

LE VELVETS(ル・ベルベッツ)
a0176188_1028974.jpg

日本の男性ヴォーカル5人組が「イマージュ」初参加。
去年、北九州市市政50周年記行事の一環で、若松でのコンサートに参加した友人から、
先月の戸畑でのコンサートに誘われて、行ったばかり。

音大卒業&身長180cm以上」の条件で、オーディションに選ばれた5人組。
そのうちのひとりが若松出身(右から2番目の日野さん)ということで、
去年の招致につながったと思うけど、
先月の「Because of you」コンサートも、
5人の故郷の凱旋コンサートみたいな意味合いかな?
 
上記のふたつの条件以外にも「なかなかのヴィジュアル」が絶対あったと思う(笑)
戸畑での2F席では、
後半スタート時に5人のうち2人(佐賀さんと黒川さん)が左右から現れて、
ハイタッチ会みたいな様相になったのだが、
間近に見ると、おおっ、いけてますやん!
おっかけみたいな動きの女性陣もいたし、
私らの横には佐賀からひとりで見に来たというおば様も。
まぁ、「イル・ディーヴォ」みたいなグループを作りたかったんじゃない?

そして、この「イマージュ」では、
私は誰とハイタッチしたんだろう?と前のめりになって、
オペラグラスで顔を確認しました~^^;;
いやいや、声も曲も堪能しましたよ。
Time To Say GoodBy」と
O sole mio」の2曲だけでしたが。
やはり初参加だからか、持ち時間は短く、
アンコールの恒例曲「My Favorite Things」は、楽器演奏者たちだけでやったので、
最後の最後に挨拶で出てきただけ。

ゴンチチ
「放課後の音楽室」
もう還暦にもなる彼らは、最初から参加。

加古隆
一度「イマージュ」引退したものの、15年目ということで再び参加。
NHKのドキュメンタリー番組「映像の世紀」、好きだったのよね。
そのテーマ曲が、彼の「パリは燃えているか」。
身が引き締まるような緊張感生み出すメロデイ。
で、今年の秋から「新・映像の世紀」が始まるそう。
この20年の間に生み出されたり発掘されたり、封印が解かれた映像などが!
もう、期待大!

小松亮太 With 大貫妙子
先日、コンサートチケットを整理していたら、
大貫妙子のが4枚あって、
あの当時はよく聴いていたな、久しぶりに楽しみだなと期待していたのだが、
バンドネオン奏者小松亮太メインって感じで、ちょっと残念。
a0176188_20302941.jpg

葉加瀬太郎
情熱大陸
アンコール前の最後に登場する彼なので、
あの強烈パフォーマンスで、今までの(しみじみ胸を打っていた)曲らが打ち消されてしまう(笑)
私が一番好きな彼の曲は「ひまわり」。
涙が出そうになるほど、幸せに溢れる曲。

バックのスクリーンには「絶景」映像の数々。
そういえば「すずらん本屋堂@BS11」でも言ってたけど、
「絶景」という名が付けば本が売れるのだとか。
「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景」とかね。
みんなみんな「絶景」好き。
このコンサートの間だけは「世界は美しいのだ」というおまじないをかけて。
 
(Y.F.)
【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2015-05-09 20:26 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(0)
私自身があまり積極的に動かなかったので、
コンサートは2回。
その1回は手元に回ってきた「招待券」。
2014年はこれで終わるのか・・・と寂しく思っているところに、
スーパージュニアのヤフオクドームでのコンサートが。
昨日行ってきました♪
a0176188_15573119.jpg

「スパショ6」@ヤフオクドーム。
一般発売でGETしたチケットは、3塁側スタンド50列目、という
後6列でドームの壁、という席でしたが(T_T)
スタンド席はランダムに座席しているだなというのを、
前2列8人分程が空いていたのをみて思った。
ま、空いていたので見通しがよかったよ~(皮肉)

いつものように(?)4時間超えたショーでした♪
シンドンの入隊で(まだ行ってないようだけど)、彼が不参加。
ところが・・・あれ?参加していないかぁ?シンドンと見まごうばかりの彼・・・
前日に新婚旅行のモルディブから帰って来たばかりの、
幸せ太りのソンミンでした。
(色白でつるんとしていて、ヘアスタイルも似てるのよ)

そのシンドンのVCRがスクリーンに映った時に、思わず涙。
だって、ペク・チヨンの「忘れないで」を泣きながら歌っているんだもの。
ソウルでの「スパショ6」の舞台でのことみたいでした。
ま、入隊中のイェソンのVCRは全くなかったので、
やっぱり「忘れないで」の切実なメッセージはわかるわぁ。

カンインが唯一、「来年はイェソンも一緒です」と彼に言及してくれたのは
嬉しかったな。
来年はイェソンが除隊し、「スパショ7」に参加する・・・想像するだけでワクワクします♪

いつもの仮装大会は、「サウンド・オブ・ミュージック」や有名キャラクターなどを経て、
今年は「アナ雪」のエルサコンテスト。
彼らも楽しんでいるよねー
プロンプターに書いてある博多弁「好いと~」も炸裂。
ただ、プロンプターに書いてある日本文よりも、
必死で暗記したっぽい、繰り返すばかりの日本語の挨拶も、
日本語訳詞で歌う歌も・・・ワタシ的にはちょっとね。

ま、それも含めて「スパショ」の醍醐味なんだろうけど。
やっぱり楽しかったし、
往復新幹線の散財でも、帰りの興奮ぶり!
初のスーパージュニア体験を楽しんでくれた友人共々。

今年の「収穫」はカムバックしたMCモンも忘れてはいけない。
スーパージュニアのファンは日本にもゴマンといるだろうけど、
MCモンは確実にファンを減らしただろうし、
私だけでもひっそり応援していこうと思ってね。
 
(Y.F.)
【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2014-12-21 15:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
クリス・レオーネ(kris leone)
a0176188_9403868.jpg

復活(プファル)のリーダー、キム・テウォンの娘。
今年初めデビューした。
まだ16歳ぐらい。でも、曲作りからして父親の血を受け継いだ。
ロッカーの父とR&Bの娘の組み合わせ。いつか共演してよねー
YouTubeでMVを見るだけで、舞台はまだ見ていない。
春の韓国旅行で一番聴いたので、その旅行を想い出す「Into The Skies」。
というより、私のX-アプリ内、ダントツ一位の再生回数を誇る曲。

拠点を韓国に移したと最近聞いたけど、
来年あたり本格的にデビューかしら。
今年一番の出来事である、プファルのコンサートで、
もしかして前座でクリス・レオーネ出てこないかしらと
同行の友人共々期待も高まったけど、それはなく。
彼女のFacebookによれば、
アメリカでのプファルのコンサートでは飛び入り出演したとのこと。
幼い頃から母国を離れており、英語に堪能であること、
自作の曲を歌い、アイドルとは一線を画していることなど
デビュー時の宇多田ヒカルに似ているかな。

ムン・ミョンジン
a0176188_9451790.jpg

「不朽の名曲2」でやはり、今年私の注目するところとなる、
R&Bシンガー。
シン・ドンヨプに「R&Bの教本、ムン・ミョンジン」と舞台に迎えられる。
つい先日の記事でも触れたので、後省略。

キム・ドンリュル
a0176188_9435877.jpg

「カーニバル」、「ベランダ・プロジェクト」などのプロジェクトグループ活動をやっているが、
歌手だけでなく、曲を提供し、PD的存在でもあるようだ。
知るキッカケは、イン・スニの「がちょうの夢」の作曲家であるということ。
(作詞はイ・ジョク)
イ・スンギが「一泊二日」シーズン1でラジオDJにリクエストした、
「山歩き」が「ベランダ・プロジェクト」の歌であるということ。
イ・ヒョリの旦那様となったイ・サンスンと組んでいること。
そして、映画「建築学概論」の重要なファクターの曲を提供していること。
なんとなーく、一目置かれているような感じであるということ。
あまり多くないコンサートのチケットが販売と同時に完売とのこと。

私たちが世界を生きていく方法」というのをYouTubeで見つけた。これがいいんだ。
これ、キム・ドンリュルとFriendsとあるように、「キム・ドンリュル・ライン(派)」?
ユ・ヒヨル、
イ・サンスン、
ユンサン、
チョン・ジェヒョン、
スウィート・ソロー、
パク・ジョンヒョン、
ハ・ドンギュン、
ジョン・パク、
イ・ジョク・・・
他にも参加しているが、これだけでも錚々たるメンバー。

(Y.F.)
【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2013-12-24 09:47 | 音楽 | Trackback | Comments(0)