There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

私の元気の源、韓国の空気を吸いに行って来ましたよ♪
小倉もここ最近は雨模様ですが、その合間をくぐって。
a0176188_8335659.jpg

     (元気の源クンたち①-ロッテホテルのスターアベニュー)

最近の三泊四日はかなり理想的。
二泊三日は”後ろ髪引かれ度”大でしたからね。

エクセラーなので(注:シャネル好きをシャネラーと呼ぶのと同じ)
旅のスケジュールはもちろんエクセルで。
午前、午後、夜と分けて行動を記す。
旅の荷物チェック表も作成して、着て行く服装を入力した上でプリントアウトして、
2回ほど確認を。2回目は出発前夜ね。
それ以外は、Skygateのフライトの予約表や
ソウルナビ、コネストの行きたいところの地図や、
レストランのメニュー表など、さまざまなプリントを時間順でクリップで留めて。
旅の途中、それをこなしたら次々に処分していく。
1gでも荷物を軽くしたい為。

ひと昔前の、旅行代理店に赴いたり、
電話をしたり、
観光局や大使館よりパンフレットを取り寄せたり・・・
といったアナログ的旅の前奏がなつかしくもあり。
ヨーロッパに行く時は、トーマスクックの時刻表買って、行く国のページを破って、
いくつも付箋を付けて、何度も確認したもの。

今回、韓国で初の列車に乗り、これも全部サイトで調べたワケだが、
アナログでもデジタルになっても、この労力がまた楽しからずや♪



さて。
旅の同伴者は関空から。私は福岡から。
多少の時間差あれど、同じ11時台到着のフライトを選び、仁川空港で合流。
ふたりともチェ・ジウ&イ・ジョンジェのドラマ「エアシティ」(’08)を視聴中なので、
ますますWe Love 仁川空港
邦画「ハッピーフライト」(’08)でも、航空業界の裏で働く人々を描いて面白かったが、
こちらは16話のドラマな分、
機内よりは空港内で働く人たちをたっぷり描いている。
いろんな人たちで支えられているのよ、大空港って。

関空は欧州へはルフトハンザのみ。ハブ空港たり得てない、と同伴者曰く。
対して、仁川はヨーロッパ方面へ向かう人々のトランジットで溢れかえっている。



ソウル及び相互利用都市で使えるT-moneyという交通カードを数年前に購入し、
行く度にチャージしているので、
空港とソウル市内を結ぶリムジンバスもこれで。
朝鮮王朝の王宮の入場料や、一部のコンビニの商品だってカードで購入できる。
知らないうちにもっと使用の幅が広がっているかも。

ソウルの地下鉄料金って安いのだ!
普通に購入する1000W(約90円)だって安いのに、
T-moneyだとさらに100Wお得。
a0176188_8341466.jpg

     (元気の源クンたち②-地下鉄の広告)

タクシー代も安いんだけど、
ここ最近ソウルで出没する悪徳タクシーの噂を頻繁に耳にして以来乗っていない。
ここでは良心的なタクシーは安い、と言っておこう。
交通費が安い一方、コーヒー代は高い・・・とは改めて今回感じたこと。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-31 08:36 | 旅(韓国ソウル) | Trackback | Comments(2)
3月に友人がドライブで連れて行ってくれた、日田市大山の本店「木の花ガルテン」

馴染みのある名前だったので、小倉井筒屋デパ地下ででも
売っているんだろうと思っていたら、
福岡の実家のそばに支店があったのね。
そばなのに行ったことがないんだった。残念。

お試しで買ったもので、手元に残っているのがこれら。
a0176188_8511336.jpg

梅塩と柚子塩は、焼肉の時に登場。
焼肉のたれが濃すぎるようになった年代の者としては、
塩の吟味は大事。
以前、韓国で食べた焼肉も、
コチュジャンより、上質なゴマ油+お塩がイケたなぁ。
ゆず酢はお鍋が最適で、サラダには避けている。

ついでに。
バックに控えているのは「THE SHOGASCO しょうがすこ」
もうひとつの「THE YUZUSCO ゆずすこ」は終了。
これらは小倉井筒屋デパ地下で購入できる。
やっぱり鍋で活躍したけど、いろんな料理にひと振りするとオイシイ。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-30 08:52 | お気に入り | Trackback | Comments(0)
ZEBRA社のはタイ製らしいけど、
東南アジア圏でいろんなメーカーのが幅広く日常使いされているよう。
二段もある。ステンレス製。
a0176188_13323177.jpg


もう随分前にお土産として頂いたもの。
しかし一度として、ランチ用どころか食べ物を入れたことがない。
使われている場所は玄関の靴箱の上。
一番上の容器に認印と朱肉が入っている。

シャープな感じで、邪魔しない色だし、永年使用間違いなし♪

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-29 13:33 | お気に入り | Trackback | Comments(0)
自分が何を所有しているか、数や種類を把握しているか、
”趣味”として楽しみながら管理してみるといい。
プチ棚卸しね。
まあ、うすうす感づいていると思うけど(笑)、うちには高価なモノはない。
でも、各ジャンルでそれなりの審美眼で選んだモノたち。
いくつまで続くかは不明ですけど、まずは第一弾。

多分、一般の家庭より容量が少ないだろう、ウチの食器棚。
厳選しないと溢れて取り出しにくい。もうパンパン状態。
こんな条件でこそ、”いいモノ”を見極める眼を養うことができるんでしょうけどね。

小倉の西日本総合展示場での陶磁器フェスタ(’08)で買ったお茶碗。
a0176188_812366.jpg

ナチュラルな粉引きに惹かれましたね。ネームカードは「葉々窯」。

「翌月には小倉南区の「わぽん」ギャラリーで個展をします」と作家氏。
パンパン状態だったのに、もうこれ以上増やせないのに、
翌月には足を伸ばしてしまいました。この磁力!
小鉢や箸置きなら場所とらないし、まっ、いいか、と。
うちに来た客には登場回数、多々。

「わぽん」は3年前の訪問のみ。
でも雑貨フェスタなどの参加一覧に名を連ねていたりしている。
場所的にもひっそり感がいい。
シックなディスプレイ術はうちでもマネしたいぐらい。
こんな風だったり、あんな風だったり。

しかし、マジ満腹。
待てよ、万が一増やすとしたら、何かを減らして(でも他も厳選しているので・・・)、
この作家シリーズで行きたいとは思っていますが^^


(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-27 08:25 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

季節はめぐる・・・

a0176188_14561950.jpg
a0176188_14584572.jpg


冬はこんな風に、寒さ対策怠りなかった(?!)、うちの猫。
日中は、リビングに暖を求めて常駐でした。



やがて季節はめぐり。。。
ホットカーペットのクリーニング行きと共に、
居場所の確保にうろうろしている今日この頃。
a0176188_14563562.jpg

ここ、けっこー好きかも。
ガラス越しに空を見つめている。無の境地で。。。(?)

ズームアウトすると、こんなとこ。
a0176188_1457098.jpg

飼い始めた10年前に通販で買いました。
天井でも固定するキャットタワーなので、10年間ずっとここ。
ま、活用時期が春と秋というのは致し方ない。

あるいはこんなところも。
a0176188_14571167.jpg


ベランダに出る回数は格段に増えますな。

又は、ここにも。
a0176188_14572116.jpg


PCチェアの上。おかげで私がPCに向き合えないじゃないかー(言い訳^^)

土曜日から来週火曜日までソウルへ遊びに行ってきます。
その間、PCチェアはあなたのものよ、ミウミウ。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-19 15:01 | | Trackback | Comments(0)
どちらも難しい読みの温泉が、小倉から1時間半の豊前市にある。 
10号線から山の方に右折して道なりに行くと、どんどん山の高さに近くなる。
それが求菩提山。平安時代山伏の修験道文化が花開いたらしい。
ただ勾配はあまり感じないし、峻厳な山のイメージはない。
求菩提登山口のバス停1分とサイトにあったが、私らは歩きには無縁で。

新緑が眼に優しく、空気が美味しい。
a0176188_883592.jpg


先週三日降り続いた大雨の後の、清々しい空気と言ったら。
そうでなくても、ここは俗世とは距離を置いたゾーンみたいだし。


館内の松花堂定食はおいしかったし、
温泉質はとろとろ。クチコミ
ただ施設は温泉めぐっている者としては、ちょっと物足りなかったかな。
400円という料金がそれを物語っている、ということで。


福智町の「ほうじょう温泉 ふじ湯の里」
古賀市の「薬王寺温泉」
岡垣町の「宿膳八幡屋 満海の湯」
芦屋町の「マリンテラスあしや」
香春町の「かきした温泉」
中津市の「金色温泉」
・・・小倉から日帰りできる温泉の数々。
帰りの車中、「○○温泉」の看板をいくつか見つける。まだまだ未知なる温泉は多い。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-17 08:08 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
図書館にて「ESSE」最新号を手にとって。
特集は「少ないもので豊かに暮らす」。
ただ、最新号って貸し出しできないし、次の用事の為拾い読みを。
でも、ある1頁のメモはしっかり^^
 
家の中を見回してみたら、「これ捨ててもいいよね?」がいくつかあるはず。

(注:==>以降は私のコメントです)
・電化製品の空き箱
   ==> 随分前、最初のPCを知り合いより購入した時、
「箱は取っておいた方がいいのかな。故障した時の為にも」
「そんな時の為に取っておく必要ないよ。スーパーででももらってくれば」の一言で、
以降、空き箱のストックはなし。
・洋服の共布&ボタン
   ==> 最近、整理しました。とうに処分した服のボタンが残ってて苦笑い。
・腕時計の金具
・昔の給与明細
   ==> 通帳ですら、ふたつ前なら処分してます。
・使わないアクセサリー
   ==> これ、ネックだわ(>o<)。
プレゼントされた立派なアクセサリーケースがあるばっかりに・・・
・使いかけコスメ
   ==> 仕事先で風呂場のシャンプー&リンス&石鹸のたぐいが2種類どころじゃない
ところもありますね。ひとり暮らしなのに・・・
次々に試してみた結果かしら?
・化粧品サンプル
   ==> サンプルというかホテルからもらってきたりするけど、
使わずに置いておくと酸化するばかり。
日常でじゃんじゃん使っています。
・古いお守り
   ==> これ、年が改まると入れ替えますけどね、うちの場合。
・前のケータイ充電器
   ==> ついでに、前の電化製品マニュアルも捨てましょうよ。
それと、新たに電化製品を買うために、比較したパンフレットももう要らないよね。
処分した前のPCの「リカバリー用CD」も不要。
・謎のコードケーブル
   ==> あら、うちも「謎」、かなりあります(^_^;)
「なんだっけ?、とりあえずとって置こ」のパターンで。捨てなきゃなぁ。
・余った処方薬
   ==> 半年ぐらいは効用あるらしいですけどね。
・行かない店のポイントカード
   ==> しばらくご無沙汰だけど、行くかなと思って残してしまいがち。これも整理要ね。
・ちびた消しゴム
・ノベルティの食器

・・・私の弱点、見つけたり。アクセサリーとコードケーブル。

ホテルからもらってこれるモノも、弱点かも。
シャワーキャップが増殖。わざわざ透明ケースにTEPRAまで貼っていた--;;
「収納」ができているのに「整理」ができていなかった悪い例^^;;
それと、旅館滞在中、お風呂に行く時に便利な洗顔セットや下着入れ。
ほら、旅館の名前が書いたひも付きカラープラ袋。
これも、思い出にはなるけど、もういいや。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-15 08:19 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
テーマは「ホテルめぐり編」。

「北ホテル」のホテル・ノール、
「ジュリア」のホテル・ムリス、
「おしゃれ泥棒」のホテル・リッツ、
「ふたり」のホテル・クリヨン、
「フランティック」のホテル・グラン。
木賃宿から最高級ホテルまで5つの紹介を。



私、「ふたり」でゾクゾク来ました^^
ちょうど映画に目覚めた’73年当時に観た1本でもある。
リンゼイ・ワグナー、ピーター・フォンダが主演で、
カメラマンがアンリ・ドカエなことも、
モロッコ⇒パリ⇒ニューヨークとストーリーは織り成され、
ラストだって思い出しましたよ~

講座中のビデオで観たパリは、夜がしらじらと明けていくコンコルド広場。
ただ、私の記憶の中のイチオシは、黄昏時に灯りが一斉にともるシーンだった。
これ、自分の中のパリ滞在中の記憶と混同しているのかも知れない。

前回の「駅めぐり編」と違い、さすがにこれらのホテルはどれも縁なし。
私のホテルライフ In Parisは、かなり質素なモンです。
映画に出てた、部屋まで荷物を運んでくれるボーイなんて見たことない。
リヨン駅直結の三ツ星のホテルは、これからフランス巡るスタートとしては、
かなり高くついたが(背に腹替えられず)、
これすら自分で荷物運びましたしね。

「北ホテル」の舞台へは、20年くらい前一度。
サン・マルタン運河沿いはオシャレなスポットに生まれ変わり、
ホテルもバー兼レストランに替わったようだ。
水が好きなのでこの界隈も情緒溢れてていいんだが、
パリでのホテル選びは
機能優先(次はどの町に行くからどの駅のそば、といった)なので。
 
(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-13 07:51 | 映画講座 | Trackback | Comments(0)
君と出会ったのはただの偶然じゃない
これを運命と呼ぶんだ

その瞳に映る僕たちが輝いていられるように
ずっと見つめ続けて

(I’ll be)いつの日も君に
(will you)笑顔を絶やさない
今ここで誓いたい
(you and me)

(please please)
だからもしこの胸が(will be)
道に迷う日には
未来への扉を開いて欲しい

ready ready ready for the take off
未知なる世界へと舞い上がるんだ
だから(だから)その手離さないで

ready ready ready for the take off
夢が目指す場所へ
掴んだこの絆 握りしめて

誰もが挑む時
不安にかられる
そんな時はそっと背中おしてよ

(please please)
君のその一言は(will be)
次に進むための強い勇気になる魔法の言葉

ready ready ready for the take off
地平線目指すんだ
あのむこうで
きっと誰かがまっている

ready ready ready for the take off
生まれ変わる場所へ
舞い降りるんだ
一つになるために

(rap)
Low low low to the flow We gotta feel~~~ 感じよう!
Baby make that break down lets jump up lets jump up
We r gonna go high, 時代 解決 求めた we wanted it
OMG everybody do it now そのまま we ~~~show you how
Its my dream, but それは just joking
Let me hear 君に届ける we are ready lets take off

出会いが命を運んでいくんだ

ready ready ready for the take off
夢が目指す場所へ
手にしたこの絆 握りしめて

2PMの日本語デビュー曲「Take Off」。


今までの内向きで未練たっぷりのマイナー路線からすると、
180度違う、ハジけた明るい未来志向。
でもこれもゴリラ社長(JYP)作曲なんだよねー
やっぱり多才な人だ。でも、BACKでのお仕事希望(笑)

Zeppに2時間弱のコンサートに行ってきました。
MBLAQの「待ち疲れ」効果で、1F-VIP立見席だし
並びたくない、の気持ちがホントに強かったので、
着いたときはもうゾロゾロ館内に入っているあたり。

実は2年前に、「仁川MUSIC WAVE 韓流コンサート」にて、
彼らを拝見している。
しかも、それは7人目のメンバー、ジェボムのラストステージ。
2PMファンで、7人でスタートしたってこと知らない人もいるんだろうなぁ。
a0176188_8113860.jpg

ニックンがたまたま不在の6名。
ジュンスがまだマスクしてて、その後ろがジュノかな。
手前がテギョン。ターンしているのがジェボム? 


もちろん、2年後の今の方がもっと顔が近くに拝めました。
ウヨンの激汗、
テギョンのえくぼ(近くで見たらほんとにイイ男だった。ただ、好みとは違うけど)、
「Happy Together」でも言ってた、ジュンスの”武器”唇経由観客行き人差し指、
チャンソンの「君を捕まえる歌」(RAIN)で、上半身露出の一瞬のためらい(笑)、
ニックンの仮想「結婚相手」ヴィクトリアを意識した、"NU ABO"の化粧ダンス。

しかし、なんと言っても愛玩犬にしたいくらいのジュノに釘付け~ㅎㅎㅎ

みんな、本番前に日本語一生懸命リピしたんだろーな。
言い間違いも愛嬌。ワンパターン博多弁「福岡、すいとう」も許す(笑)。

「熱血男児」のオーディションの頃から、すっかり洗練され
逞しく成長しましたなぁ。
a0176188_814221.jpg


VIP立見席の特典は左上の赤いパスケース。
どうせなら6名より1名指定の”HUG”がよかったけど。。。
「ジュノ指名します」は叶わぬ夢(笑)
一番下の金銀テープは、MBLAQの時にお会いした親子と再会、
お母様から頂きました。

<セットリスト>
1.Don't Stop Can't Stop
2.お前が憎い
3.Without U
4.ニックンSolo:First Love
5.ジュノSolo:Nice&Slow(Usher) 
6.ウヨンSolo:Like a G6(Far East Movement) 
7.Take off(歌の直前にはPVがあったし、少し後でMaking Filmもありました)
8.待ちくたびれる
9.I'll be back
10.I can't
11.帰ってくるかも知れない
12.Gimme The Light
13.ジュンスSolo:Empire State of Mind(Parental Advisory)
14.チャンソンSolo:君を捕まえる歌(RAIN) 
15.テギョンSolo:キセキ(GReeeeN)
16.10点満点で10点
17.Thank you
18.Again & Again
19.My heart
20.Heartbeat(アクロバット+上半身露出付き)
21.Again & Again リミックスVer.(もちろんいい意味での無礼講^^)

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-11 08:21 | コリアエンタメ | Trackback | Comments(0)
3ヶ月弱前は「捨てるに捨てきれない」とつぶやいた、実家のマイ・ルーム。

タイミングよく、友人が
『「ロードショー」&「スクリーン」全冊引き取り、
読んだ後はしかるべき処分をしましょう』と言ってくれた。
G.W.前半には、彼女が実家に来てくれて二人三脚で運び出し、
あっという間に、ポッカリ空いた本棚上段。

当時はネットもなく、映画の新作情報は月イチのこれらで得るしかなかった。
高校の頃、帰路のバス停(新川町なんてバス停、まだある?)前にあった本屋で、
発売日には購入し、バスに乗るや否や降りるバス停まで
一心不乱に読んだ、あの若き青春の日々(笑)
それらを今資料として使うには、検索機能の為に、
号毎の内容を記したインデックスでも作らないと活用できない。
ならば、いっそこういう雑誌は処分した方がいい。

a0176188_134179.jpg
a0176188_1342924.jpg


・・・と、回りくどいが、この上段空いた本棚ともうひとつのビッシリ状態の本棚が
今回のビフォーである。


G.W.最後の日、ひとり、本を移し変える作業で、ほぼ1時間。
途中も収めた後も、間引き作業多数。
観光パンフレットもバッサリ処分。
卒業証書の丸い筒も不要。これは別の友人が「捨てた」と言ってたので、倣って。
好きだったのか、国語・古文のたぐいの教科書類。
四半世紀以上もキープしていたなんて。これもバッサリ。

本棚も元通りにすべて埋まった形だが、下半分は亡き父の買った書籍類。
これもいずれ母親の許しを得て、
少しずつ図書館に寄付、あるいはBOOK OFF行きか。

a0176188_1344246.jpg

ガランとなった本棚もこの部屋から、この家からさようならの日は近い。
a0176188_1345264.jpg


どんどん潔く捨てていくのは快感003.gif


(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-05-10 13:14 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)