There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

<   2011年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

MY KITCHEN⑦

・一般ゴミ
流しにゴミ袋(小)を置いて溜まったら、ゴムで結んで、
ベランダの三連ゴミ箱(右)市指定の袋へ。
流しに三角コーナーを置いてはいない。
三角コーナー自体の掃除を省く為。

・プラスチックゴミ
プラゴミが出ない日はないので、キッチン二段のゴミ箱の上に
スーパーの袋を入れているのでそこに。
溜まったら同じくベランダのゴミ箱(左)市指定の袋へ。
a0176188_7405850.jpg

以前、北九州市のゴミ分別は二段構えだった。
「リサイクルゴミ」か「それ以外」か。
なので、当時買った二段ボックスをそのまま使用している。

・缶ゴミ
この夏も缶ビールに大変お世話になりました。
頻繁にゴミが出るので、キッチン二段のゴミ箱の下に。
溜まったらそばのスピナに日曜日午前中に出しにいく。

・瓶ゴミ
北九州の場合、「缶」と「瓶」は同じ袋だ。
でも、瓶はリサイクル対象じゃないので、市指定袋に。
ただ、空き瓶は空き缶ほど頻繁に出ない。
そのままベランダのゴミ箱(中)市指定の袋へ。

・ペットボトルゴミ
これもうちでは頻繁に出ないし、スピナでリサイクルしてくれる。
なので、ベランダのゴミ箱(中)スーパーの袋へ。

a0176188_740187.jpg



どのゴミ箱も底に古新聞紙を敷いており、汚れたら捨てる。
ゴミ箱の掃除が簡単に済むようにね。
そして、市指定袋で出すゴミなら、その該当袋はその新聞紙の上に。
普通のビニール袋で出すとしても、同じ袋を新聞紙の上に。
つまり使用中のゴミ袋の下に置いている。
ゴミを出す⇒指定袋を別のところに取りに行く⇒ゴミ箱にセットする・・・
これってムダな動きなので。
頻度を考えたゴミ処理。動線を考えたゴミ処理。
重ねていう結論は、これもシステム化すれば時短になるということ。

もちろん、キッチンにこれらすべてのゴミ箱が置かれるほど
余裕のあるスペースなら言うことはない。
ベランダにしか置けないウチなので・・・

北九州ゴミ回収
スピナでもトライアルでも(他にもあるでしょうが)、
缶とペットボトルは日曜日に回収してくれます。
出す袋は問わないので、じゃんじゃん出しましょう。エチケットを守ってね。
どなたか瓶も出してたけど、瓶は回収しませんよ~
スピナは他にも段ボール、廃油、蛍光灯、
小型電子機器(ラジオ、電子辞書、携帯プレーヤー他)も
回収してくれるし。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-31 07:50 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)

MY KITCHEN⑥

先日リバーウォークB1Fの100均ショップで買った3点。
a0176188_7412130.jpg

100均ショップで重点的に見るのは、やっぱり収納小物コーナー。
次が園芸コーナーかな。

以前お客様のキッチンの、4時間以上に及ぶ整理収納を行った時、
かなり大量の収納小物を購入して臨んだのだが、
それでも作業中に足りなくなって、ご主人に追加を買って来て頂いたりした。
そのほとんどが、引き出しや棚の仕切りとして活用。

自分の家ではなるべくお金をかけないように、
引き出しにはティッシュボックスの空き箱、牛乳パックなどを利用することが多いが、
引き出しは箱自体を動かすことがないですからね。
ところが、冷蔵庫では箱ごとの出し入れが多いので、
紙質より丈夫なプラスチックが便利。持ち手もあれば出し入れもラク。

一番左は味噌入れに。
a0176188_743789.jpg

普段使いの味噌、5月にソウルで買って来たコチュジャンに加え、
実家でもらってきた味噌が増えて、冷蔵庫のあちこちに
散らばるのがイヤでグルーピング。
朝食セットは既に似たようなケースでグルーピング済み。
マーガリン、スライスチーズ、細切りチーズ、シュガートーストなど
パンにつけるモノでまとめている。

一番右は頂いた素麺を箱から出して。
a0176188_7434424.jpg

パスタケースは既に使っているが、素麺もまとめたかったので。
これも冷蔵庫に。
最近TVであってた怖~いハナシご存知ですか?(そういう私は見てないんだけど)

粉モノはこれから要注意だなぁと思って。
商品のラベルを見て「冷暗所に保存」
「直射日光、高温多湿を避けて保存」・・・等あったら、
冷蔵庫に入れる必要はないと思ってたし、
「なんでもかんでも冷蔵庫に入れるのはNG」などとどこで聞いたか見たか・・・
とにかく「冷蔵庫神話」を冷笑している内容だった。
しかし、やはり用心するに越したことないなと思えてくる。

しっかり蓋のできるキャニスターとかならいいけど、
キャニスターに入りきれなかった小麦粉などは冷蔵庫に保存ですね。
ゴマや削り節や海苔だって冷蔵庫に。
その分、冷蔵庫の出し入れが頻繁で電気代が高く付くのは・・・仕方ないよね。

中央のは普段使いの二段の食器棚に、さらに仕切りをつけたかった。
a0176188_7431936.jpg

もうひとつの客用食器棚にもいくつかあるけど、ユースフルだ。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-30 07:52 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
やはり「終わり」は何にでもやってくる。
大好きなバラエティ番組、「一泊二日」が来年2月で終了する。
こちら

リーダー、カン・ホドンが降板を申し出てまもなく、
苦楽を共にした他メンバー5名も引き連れて番組終了の告知が出た。
あちらの掲示板はやはり「やめるならひとりでやめろ。メンバーを道連れにするな」
みたいな声もあるようですけどね。
同じKBSの「ハッピートゥゲザー」がMCを替えてシーズン3に突入しているので、
多分そんな例を踏まえて、リニューアルするかも。
こちら
(SBS「ファミリーがやってきた」もメンバー総入れ替えされたし。
但し、「ファミリー~」のように女性を入れないで欲しい!)
去年2月、チリ大地震でお流れになった「南極特集」への事前調査にかけた費用も
かなりのものだったろうし、
ここはなんとか新メンバーで敢行して欲しい。

夏に相応しい、「滝特集」第二弾を見終えて。
朝4時に汝矣島(ヨイド)のKBS本社前に集合させられ、
朝イチのフライト(6時台)で済州島(チェジュド)に滝を見に。
午後2時のランチを終えて、くじ引きで本土にある6つの滝をチョイス。
ホドンは「最悪」コース、雪岳山(ソラクサン)の滝を見に行くハメになる。
ソウルにトンボ返りして、バスで東へ約3時間の旅。
来週オンエアだが、朝から3時間歩き(登山ですからね)で、雪岳山の滝を見に。

・・・こんなハードなスケジュール、41歳にはツライんだろうな。


ところで。
又、残暑がぶり返してきた。
昨日リバーウォークの1Fでやってた福屋書店のバーゲンで、
購入した「美しい日本の音スケッチ」CD2枚。
「滝」と「鍾乳洞」。各300円。
45分間、ただひたすら滝の飛沫と、
鍾乳洞からしたたり落ちる水滴や水の音。
現地デジタル録音とは言え、
「滝」は最初TV放映が終わった後の「砂嵐」かと思ったし、
「鍾乳洞」はそばの中学校のクラブのさまざまな掛け声にかき消され(苦笑)
イメージトレーニングも必要だ^^
これで気が涼しくなればいいけど。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-28 10:57 | コリアエンタメ | Trackback | Comments(0)

スチームクリーナー

今年の春ネットオークションで落とした、スチームクリーナー。
a0176188_7412179.jpg

高温蒸気で家中のあちこちを掃除しています。
台所の流し回り、食器棚の扉、冷蔵庫の中、電子レンジの中、換気扇、バスタブ、
洗面所の鏡、床、窓・・・
場所によって先端を付け替えられるのは、
掃除機と同じ。
ただ、エアコン掃除はやはり専門知識がいる電化製品なので、
残念ながらできません。故障が怖くて。

洗剤要らずです。
ガンコな部分は最初に付属の天然石鹸を使うこともありますが。
a0176188_7414812.jpg

蒸気でゴミや脂分を浮かして、後はタオルで拭くだけ。
つまり洗剤を買わないので、ストックする必要もない。
一度、二度・・・と重ねていくと、次の掃除までの間隔が
どんどん空いていきます。
汚れにくくなるメリットもあるということ。
それは掃除の手間も省く。
洗剤代、場所、時間の3つの節約ができて、トリプルでエコなのです。

洗濯についても言えますが、できたシミや汚れはできた直後に落とすのが
一番に取れます。
カーペットの汚れも日が浅いうちなら早く取れるでしょう。

うちの猫は粗相を時々するので、部屋の匂いも残ります。
アンモニアは高熱で分解されるそうです。
洗剤でゴシゴシ洗うより、スチームクリーナーが匂いを消してくれるわけです。

既存の掃除機も、だからといって否定はしません。
既存のものは毎日の埃を吸い、スチームクリーナーはガンコで特殊な汚れを取る、
というように使い分けています。
改まった大掃除を回避できるのがメリットでしょうか。
a0176188_7451075.jpg


(R.M.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-27 07:57 | ハウスキーピング | Trackback | Comments(0)

MY KITCHEN⑤

レジ袋ストッカー、オシャレなものがいっぱいある。
こんなの
そんなの
あんなの

うちは冷蔵庫の右側(壁から30cm空いた空間があり、下は二段ゴミ箱を置いている)に、
板状のマグネットをティッシュケース空き箱の中に入れて、
そこに34×23cm程度のレジ袋(小)をストック。
a0176188_1215974.jpg

空き箱に包装紙を貼るのは、単なる趣味。

そもそも、レジ袋(大も小も)をいかにもらわないかということも大事だ。
「収納」より「整理」に重きを置いているのもそこ。

買い物袋は、うちもエコバッグ。
かと言って、大きめサイズのポリ袋をどこでも拒否しているわけでなく、
あくまでも食料品を買うスーパーでのみだ。

実家でどんどん増殖しているレジ袋に、
あ~いずれこれを貰えば一生分あるなと思って、
それ以来新聞販売店の集金時に配られるレジ袋(小)は拒否。
スーパーで何も言わないと、肉やこんにゃくなども小まめに袋詰めされるので、
それもどんどん主張して拒否。
そもそも「袋不要」カードをカートに入れるくらいだから、
その意思は伝わらないのだろうか。
汁がこぼれそうなモノは、後で自分が分ければいいのだから。


フト思ったんだが、キッチンとリビングの境に掛けてある、テッシュケース。
a0176188_12154686.jpg

これは栗原はるみショップで買ったのだけど、
こういうのもレジ袋をストックしてもいいかも。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-26 12:24 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
4回目のテーマは「大西洋岸、ブルゴーニュ、プロヴァンス」。
深田祐介氏の随分前のエッセイだったと思うが、
フランス人女性の知り合いが一度も外国に行ったことがないことを
「なぜ?」と訊いた時、
「フランスには魅力的な街や村がいっぱいあって、
とても回りきれないのに、外国に眼を向ける余裕なんてない」と答えた・・・
というくだりが印象に残っている。
日本と違って国境を越える手段が多いし、
最近は換金の必要がない国もあってイージーに国境越えができる。
それでもフランスに固執する・・・わかるなぁ。
パリだけでは終われない、美しきフランスなのです。
 

「冒険者たち」(’67)
以前もチラっと紹介しているが、高校生の時に初めて見た。
今じゃ拒否反応が先に立つが、吹き替えで。
だって、ビデオもない昔、「ロードショー」や「スクリーン」を貪り読んでた青き時代、
「見たい映画」が脳のヒダにあれもこれも織り込まれ、
TVで放映される機会を逃すまじ、の勢いがあったのだ。
野沢那智がアラン・ドロンだったのは、定番なので覚えている。
ラストのセリフの「このうそつきめ」まで。
ウィキによるとリノ・バンチュラは森山周一郎、ジョアンナ・シムカスは鈴木弘子。
なるほどね、と彼らの声がすぐ蘇ってくる私って^^;;;

佐々部清監督もうちのブログ見て、あの要塞フォール・ヴォヤールを見たことを
羨ましがっていらした。
大森一樹監督も何やらこの映画が大好きなようで。
ジョアンナ・シムカスは永遠のミューズ、だろうか。
こちらでちょっと見
 
「化石」(’75)
前回は、パリのちょっと寒々しい公園シーンを切り取って見せてくれたが、
今回は、NHKの「フランス世界遺産生中継」特集で初めて見たヴェズレーのシーン。
スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の道の基点のひとつでもある。
この巡礼の道の目印は帆立貝。
道の途中の町、リモージュ、ル・ピュイ、カオールでは、
帆立貝のレリーフがあちこちに見られた。
ヴェズレーも非常に魅力的なんだが、何せ車がないと不便。いつか行けるだろうか。

「白い恋人たち」(’68)
クロード・ルルーシュ監督の’68第10回冬季オリンピック記録映画。
この4年後が札幌第11回冬季オリンピックなのね。

音楽がメロディアスなので心地よい錯覚を覚えるが、
論理&構成力がない「カラオケ映画」で、一回見れば十分。
それが、ルルーシュ映画なんだと、西村先生。
いやぁ、核心突き過ぎて、思わず膝叩きました(←心の中でね^^)
フランシス・レイをパートナーにしたことが、彼の一番の功績だったりして。


「マルセルの夏」(’90)
先日LaLaTVで2006年テレビ版を見たばかり。
特に事件が起こるわけでもなく、
19世紀末プロヴァンスのあるささやかな一家の日常を描いている。
ちょうど時代も同じ、印象派の絵画の中に見られる風物詩を、
三次元で覗くことができる。
プロヴァンスはフランスの中で特に好きな地方。
今でも、当時とあまり変わらない時の刻み方。

ラッセル・クロウ主演の「プロヴァンスの贈りもの」(’06.原作:ピーター・メイル、
監督:メイルの長年の友人、リドリー・スコット)
なんてのもありました。
「ホッと息抜きできる」カテゴリーのライブラリーに、ストックしておきたいこれら。


(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-25 12:27 | 映画講座 | Trackback | Comments(0)

MY KITCHEN④

狭いキッチンって、まずモノが置けないので厳選淘汰されるのだ。
まあ、もともと衣食住の中の「食」には重きを置いてなかったけどね。
食べるのは大好きだけど、作るのは・・・
「人間は何故毎度毎度おなかが空くんだ・・」と
作りたくなくて哲学的に(?)悩んだりしたのよ^^;;
 
上の棚にも当然ラベルが。
a0176188_8191213.jpg

エクセラー(エクセル好き)だが、テプラー(そのままやん^^)でもある。
「奥に何が入ってたっけ?」と忘れた頃に、脚立を出して覗く手間を省かせる。
ラベルに書かれたものは使用頻度が少なかったりするが、
モノがギュウギュウで見直しが必要!の状態ではないので、ただ置いている。
もちろん台所以外に、台所用品はない。断じて。

先日、利用客の洗濯機の横の棚に、今夏のお中元の「乾物」を見つけた。
「置くところがなかったから」
「もう一度、台所の空き場所を見つけてみましょうよ」
・・・もちろん、収まるところに収まりました。
箱のままでは入らなかったら、箱から出してみること。基本的なことだけどね。

タッパーやストックのラップ&アルミホイル類は
上の棚に入っているが、軽いので紐を通した箱にまとめて入れている。
紐を引っ張れば脚立要らず。
a0176188_8182684.jpg

       (右下の重箱は高さ故に、右上に入らなかった。残念・・・)

通販サイトみると、「あると便利だろうな」というモノは溢れかえっている。
が、なくてもなんとかなるもんだし。
食器乾燥機ももともと置くスペースがないので、自然乾燥で十分だと思うし、
コーヒーメーカーがなくてもコーヒーは飲めるし。
トースターがなくてもレンジで焼けるし。
友人達が「お米パンができるのよ!」と
ホームベーカーリーの会話で盛り上がっていた時、横でただ聞いていただけ。
だって、近くのパン屋で美味しいお米パンは買えるし、
頂いた「ヨーグルトメーカー」だっていっときの熱中度も冷めてしまったしね。

見せる収納も、例えばアレッシーみたいなのなら
「見てみて」風に出しておいてもいいだろう。
埃や油汚れは致し方ないけど、
常時キレイに保てる状態ならそれはアリなんじゃない?
だけど、手入れが面倒ならやっぱり隠した方が。
そうでなくても、シンクやレンジやレンジフードや壁など
動かせない部分の掃除だけでも大変なんだから。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-23 08:24 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)

MY KITCHEN③

a0176188_7494340.jpg

わかりにくいけど、マスキングテープの使用法を。
TEPRAのラベリングと違って、フレキシブルで剥がしやすい。
ラベルは定位置と定めたところに貼るけど、こちらは期間限定のモノに。
例えば、浄水器BRITAのカートリッジの使用開始日時とか、
冷凍保存したい野菜とか。
手書きでさっと「2011.06.20」とか、
「ニンジン角切り」と書いて手で千切って貼るだけ。
無印なんかではもっと多色で揃えているけど、
買おうと思った時点のナフコでは選択肢がなくて、ブルーに。
 
a0176188_7495670.jpg

メモとペンは冷蔵庫の左横にマグネットでセットしている。
調理中に醤油を使いきったのがわかったら、
軸足動かさずに(狭さの利点だね^^)、
「醤油」と書いて、
メモを冷蔵庫の表に別のマグネットで貼り付ける。
何かが切れた時に「調理か、メモか」どちらを優先するかだけど、
私の場合、後でメモとなると、忘れそうなので。

冷蔵庫の右横は壁が迫っているが、
ここにラップ&ホイル&キッチンペーパーホルダーやら、
布巾かけやら、
ビニール袋(小)を入れているティッシュボックス
(中に四角のマグネット入れて留めている)やら、
スーパーの袋に回収する発泡スチロールトレイや牛乳パックやら、
マグネット類がごちゃごちゃ。
但し、人目にはつかない位置なので。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-22 07:55 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)

MY KITCHEN②

リビング兼キッチンなので、
リビングから見たキッチン風景がごちゃつかない工夫に余念がない。
キッチンにありがちなナベやレードル等を吊るす収納や、オープン棚も、
レードル類を立てるビンもない。
ナベ類は流しの下だし、レードル類はコンロの下の扉にフックをつけて掛けている。
レードル類は掛けられないものは包丁とぎなどと一緒に置いているが、
基本はこんなもの。普通に料理を楽しむにはこれで十分。
一番左にはラップの芯を掛けて菜箸入れに。
a0176188_8282323.jpg



まな板の存在もしばらくやっかいだった。
だけど、硬いプラスチックから柔らかいのに買い換えたので、
乾いたら流しの扉前のS字フックに吊るすのが定位置となった。サイズ違いで2つ。
キッチン側に回らないと見えない位置。ふーっ。
a0176188_7342965.jpg

右は上から英国ウィンザー城土産、ドイツロマンチック街道土産、パナマ土産モラ
の鍋つかみ。

キッチン収納家具の一部はガラス扉の食器棚になっているが、
ここも食器が見えないよう扉にレースを張った。

冷蔵庫もリビングから見えるので、なるべく前ドアは色の氾濫を抑えている。
それでもいくつかマグネットは便利なので貼っている。
最近どっと増えたのがこれら。
a0176188_7522313.jpg

「ベジバッジ」は整理収納アドバイザーの先輩でもある、
下関在住の村田さつきさん考案。
野菜を買ってきたらその該当バッジのゴムで止めて冷蔵庫へ。
つまり、そこに見えてれば買ってない野菜、なければストック中の野菜。
「あの野菜買ってたっけ?」と冷蔵庫を覗く手間も省けてエコ。
私は根菜類入れは室温置きだし、冷凍庫で保存する野菜もあって、
購入したバッジはあくまでも「冷蔵庫」の「野菜室」保存用。
でもいっぱい種類があるので一度ホームページを覗いてみて下さいね^^

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-20 07:52 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
「英国王のスピーチ」
ウィリアム王子の結婚に沸く英国でタイムリーに公開された、
現エリザベス女王の父、ジョージ6世のある一時期を描いた映画。

幼い頃からの吃音コンプレックスの為、内気な次男坊でしかなかった王家のひとり。
だが、兄エドワード8世が
離婚歴のあるアメリカ人女性との結婚を望み”国王”を捨てた為、
望まぬ地位につくことになる彼。
吃音をなおす為、夫婦で通うことになるスピーチ矯正のスペシャリストとの
3人が核となり展開する。
a0176188_7232158.jpg


左利きやX脚矯正が虐待とも取れる幼少時代を過ごした為、
吃音クセが付いたとも言われる。
「子どもの頃の思い出を話しに来たのではない。
吃音をなおしに来ただけなのだ」
触れられたくない過去、しかしコンプレックスの根源はそこに生ずるのだ。
私の心に歪んだコンプレックスはないが、
DNAのおかげかスピーチがヘタ。だれか治して欲しい!

ラストシーンのバッキンガム宮殿のバルコニーにて、民衆に手を振る次男一家。
しかし、エリザベス女王以外の3名は既に亡くなってしまった。
あの時、伯父が王位に固執していたら、
ただの幸せな王家の中のひとつの家族で過ごせたのに・・・
と、彼女はきっと試写したはずのこの映画を見ながら思ったことだろう。
「世紀の恋」のスキャンダルの背後にはいろんな思惑があったんだな。

「クィーン」といい、これといいイギリス映画界はタブーに果敢に挑戦する。
しかし、ヘレン・ミレンの女王があんなに魅力的な人物に描かれていたのに対し、
コリン・ファースのジョージ6世はイギリス人特有のユーモアのカケラもない。
「アナザー・カントリー」(’84)で、23歳のコリンを早くも見初めたんだが。


「ツーリスト」
ついに実現のジョニー・デップ&アンジェリーナ・ジョリー共演。
a0176188_7244687.jpg

しかし、準主役のイギリス諜報部のあの方、好み~♪、でも誰だっけ?
なーんだ、「好きだ」と誰彼に公言してたポール・ベタニーじゃないか。

「僕が前好きだった俳優だれだっけ?」の相方(答えはマイケル・J・フォックス)や、
「僕がずっと好きだった、香港の俳優誰でしたっけ?」の
担当美容師クン(答えはチョウ・ユンファ)をもうバカにはできないわ。。。
自分の好きだった俳優の名を忘れるか?
呆れた顔で答えてあげいていた私ですが。
そんな私が「ROCK YOU!」(’01)で嵌った俳優の名前、スコーンと抜けてしまってました。


a0176188_7103688.jpg

そう、ポール・ベタニー、やっぱりいいです。
a0176188_711715.jpg

             (奥様のジェニファー・コネリーと)
他にも魅力的な脇役いっぱい。
ヴェネチアの駅や飛行場、俯瞰で取ったヴェネチア全景など、
ツーリスト目線で懐かしく見ましたしね。
でも、映画はストーリー上無理がある(オチは途中でわかりましたが)。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-08-19 07:24 | 映画(昭和館) | Trackback | Comments(0)