There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

肌寒い雨の日が続いたが、まだ暖房は早すぎる。
夏の居場所は見向きもせず、またウロウロしている。

先日ホットカーペットをクリーニング店から引き取ってきたものの、
リビングに敷くのは早くて、仮置きで畳の部屋においてみたら。
案の定、陽射しの入る午前中はそこが居場所。
a0176188_736118.jpg

一度、猫草をわざわざそこに吐いてくれた。(まだキレイなのにー)

或いは羽毛布団を出した日から喜んでベッドルームへ。
朝起きると、ふたつに折り曲げておく。
陽が射さなくなった午後には、その中にスルリと入って収まるので。
a0176188_7383332.jpg

雨の日なぞ、一日中そこだったり。

時々PCの上で暖を取る。
スリムなVAIOに買い換えて、もう上がることもなくなるだろうと思ったけど。
しかもPCラックも買い換えて、以前はなかった上の棚があるので、
上りにくくなったはずだ。それでも上がる。
a0176188_7373932.jpg

猫は家の中で一番快適な場所を陣取る、というから
それなりに快適なのだろう。多分。
a0176188_7375729.jpg

時々こんなだと、メニューボタンを確認するのに、腕(前足だが)を上げなきゃならん。

(Y.F.)
【ハウスキーピング Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-31 07:46 | | Trackback | Comments(0)

取扱説明書の収納

引き出しのひとつに無造作に入れていく・・・という家が大半なのだろうか。
或いは電話帳の横に並べて立てかけて置く?
お客様宅で扇風機ふたつを仕舞う時に、箱の中にそれぞれ取説があった。
買った時の箱をそのままキープしてある「箱好き」だ。
ファンヒーターや炊飯器の箱もある。すべて外に出ている状態。
当然この中に取説が?うーん。。。

ウチはこんな風。
随分前からある大判クリアブックを取説入れにしているので、
オシャレな感じが皆無だけど。
4つの大項目がまずあり、その分類毎に取説をどんどん入れていく。
a0176188_9165130.jpg
 ・空調
    -エアコン
    -ファンヒーター
    -扇風機
 ・家事
    -冷蔵庫
    -電子レンジ
    -炊飯器
    -ホットプレート
    -ポット
    -ミシン
    -洗濯機
    -アイロン
    -掃除機
 ・インテリア/住設備
    -ガスコンロ
    -ガス警報機
    -フロ給湯器
    -トイレ
    -電気カーペット
 ・AV通信機器/その他
    -テレビ
    -CATV
    -マッサージャー

大項目と各取説にはインデックスを付けている。珍しく手書きだ。
a0176188_9115345.jpg

最近、ガスコンロと冷蔵庫をおニューにしたので、
その取説は入れ替える。保証書も一緒に。
時々ざっと見直してみると、既に家からなくなっているモノの取説もあるので、
処分する。
最初に眼を通すだけで後はほとんど使わないので、クローゼットの上の棚に。

上記に挙がっていない
・パソコン及びプリンター
・HDDレコーダー
・CDコンポ
・ケータイ
・テプラ・・・
これらは使用頻度が高いので、それらが置いてある場所のそばに。
 
わざわざ「ここに入り切れない説明書はクリアケースに」と大書しているのは、
家電とは違う、ちょっとしたモノの説明書だ。
・花王ネコトイレ
・灯油キャリー
・ベランダホース
・パソコンデスク
・パソコンデスクチェア
・家具転倒防止バー
・・・などなど。まとめてクリアファイルに入れてクリアブックの横に。
取説が、保証書が見つからな~いとあちこち探すことは・・・当然ない。
買った時の箱も・・・もちろんない。

(Y.F.)
【ハウスキーピング Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-30 09:13 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)

KBS「男子の資格」②

ウィキにもあるがサブタイトルは「死ぬまでにしたい101のこと」。
「死ぬまでにしたい10のこと」(’02)って映画あったし、
「死ぬまでにしたい101のアラ技」という本もある。
スタートした’09年は確かにあんまり面白い「こと」はなかったな。

でも私が2PMを知ることになったキッカケの
「男子、青春に帰る」は今でも保存版♪
メンバーたちも名前をよく知らない2PMから「アゲイン&アゲイン」の振り付けを習って、
一週間後にUCCというサイトに彼らのダンスの画像をUPする、というミッション。
当時どちらも7名だったので、それぞれの担当が決まっていた。
なんなん、このマスク~?・・・と引いたふたり(ジュンスとジュノ)が
今となってはお気に入りのふたりなのよねー♪

初代メンバー:
イ・ギョンギュ:リーダー。ギャグメン。
顔もくどいし、短気で苦手だったが、
釜山の少年時代、獣医になる夢があったくらい動物好きとわかって、ちょっと見直す。
キム・グクジン:ギャグメン。かなりのニヒリストだと思う。
でも大学で講演した「ジェットローラーコースター論」はストレートでよかったな。
キム・テウォン:なわとびが一回も飛べないときはさすがに驚き心配した(笑)
胃がんもこの番組で見つかり、手術で回復する。
彼のおかげでロックバンド「復活」のさまざまなステキな曲に出会えて幸せ~♪
イ・ユンソク:高学歴ギャグメン。
ギョンギュに忠誠を誓ったらしい(?)。
不器用なりに何事も一生懸命。アマチュアバンドのドラマーぶりはちょっと感動。
キム・ソンミン:アクター。最初に観たのは「ファンタスティック・カップル」。
「男子の資格」で、すべての挑戦に「してみたかったんだ!」と意欲的。
妙にはしゃぐ彼は完全に浮いていた。
イ・ジョンジン:俳優業に専念したいと今年春にリタイヤ。
軍入隊直前の映画「麻婆島」(’05)のチンピラ役がお初だった。
バラエティには向いてない風。
ユン・ヒョンビン:ギャグメン。
「ギャグコンサート」の毒舌ワン・ビホキャラから知ることになったので
生意気な印象だったけど、ここではマンネ(末っ子)でかなりおとなしめ。
a0176188_7471832.jpg

このメンバーで1年半は続いていた。


去年は春の「男子、そしてアマチュアバンド」にまずハマる。
キム・ソンミンが、喉を痛めたりしたが結局はバンドのメインヴォーカルを担当し、
キム・テウォン作詞作曲の「愛して愛して」でアマチュアバンド大会に出場する。


さらに夏の「男子、そしてハーモニー」でメチャメチャハマる。
第一回の合唱団結成にあたり、KBS社内に団員オーディション募集を告知。
よって、第一回メンバーはKBSに出入りできる人たち関連。
ま、売れてないプロたちといいましょうか。KBS社員やファイターもいたけどね。
映画「ミッション」の「ネラ・ファンタジア」(サラ・ブライトマン)と
「アニメ主題歌メドレー
」で合唱コンクール全国大会へ出場する。
あんなにハマったけどもう一年経つのねぇ。

段々視聴率が上がることで、ミッション自体も規模も大きく長期化していく。
「一泊二日」終了後も長く続くことになるんだろうか。

(Y.F.)
【ハウスキーピング Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-28 07:55 | コリアエンタメ | Trackback | Comments(0)

KBS「男子の資格」①

ウィキはこちら↓
http://ko.wikipedia.org/wiki/남자의_자격

こちらも「一泊二日」同様、メンバーの交代を余儀なくされる。
しかもとってもいいところでー(`o´)
ちょうど去年の年末あたり、「遺棄犬と過ごす」というミッションがあって、
7名のメンバーがそれぞれ殺処分寸前に救われた、
7匹のワンちゃんと一週間過ごすというもの。
前後編に分かれていて、結局イ・ギョンギュとキム・ソンミンとキム・グクジンが
自分で飼う事にしたという後編が哀しくもお蔵入りになってしまった。
キム・ソンミンのヒロポン投与事件で。
イヤ、本国では発覚前だったのでオンエアされたらしいが、
ソンミンは、ヒロポン効果か”ひとりハイ”状態の時が多々あり(キャラとも思った)、
彼の出演シーンが大きなウェイトを占めていて、日本では一気に飛ばされたのだ。
a0176188_818616.jpg


一番観たかったのはグクジンがトックと段々心を通わせて行くシーン。
小さい頃に飼ってただけといういつもニヒルなグクジンが
トックに妙に懐かれていく。
トックは精神障害のある男性に他の犬たちと飼われていたところを保護された。
”飼われていた”というか、紐でつながれて自由を奪われていたのに、
満足にエサも与えられなかったらしく、ゴミの山と一緒に、ゴミ化していた。
メンバーたちと引き合わされた時は人を怖がっている風だったが、
一週間の間にどんな風にグクジンに懐いていったんだろう。

どなたかがアップされていた動画(現在は削除)で、
寝返りを打つグクジンに合わせてトックが動く様子が微笑ましかった。
彼の顔を見ながらでないと寛げないといったトック。
後をトコトコとついて行ったり、
グクジンの一挙手一投足を見逃さないトック。
(ちょっとうちのミウミウに似ているところがあるのよねー)
a0176188_8174928.jpg


その後、
「農村に行く」という、スタッフの全羅南道の親の家で暮らすミッションが与えられる。
時間の許す者が思い思いにやってきて、畑に野菜を植えたり、家畜を飼ったりする。
その時にはグクジンがトックを連れて来ていた。
駆けっこをするふたり。トックはグクジンしか眼に入らないのだ。
親友のキム・テウォンが
「ふつうなら微笑ましい風景だが、グクジンの場合やるせない」だって。
何せグクジン、バツイチになって長いしね。
ちなみに元妻は、イ・ジョンジンとは「4月のキス」で共演したこともあるこの方

(Y.F.)
【ハウスキーピング Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-26 08:21 | コリアエンタメ | Trackback | Comments(0)

脇田温泉へ

うちと実家のちょうど中間あたりに位置する、宮若市の温泉へ。
犬鳴峠の一番高いところにある「米の花」で集合してランチ。
犬鳴ダムを見下ろす、かなり眺めのいい場所。
「おふくろ定食」は掲載金額より20円上がった700円だが、
どれも素朴で美味しい。
私らが終わる頃には満員になっていた。といってもテーブルは6つほど。
a0176188_8513599.jpg


泊まったホテルは楠水閣
私にとってほとんど盲点のようなエリアだったので知らなかったが、
遠賀川沿いに住む友人ふたりからすれば、
日帰りでフラっと温泉に浸かりに行く距離だそう。
a0176188_852725.jpg

九官鳥のキューちゃんが迎えてくれる。「いらっしゃいませ」とね。
a0176188_8495845.jpg


ネット予約したことで、コーヒーショップと家族の湯「ひだまり」が利用できた。
a0176188_8501619.jpg

しかし、払えば最長50分利用で2300円!
大分のはげの湯の家族風呂が1200円だったことを考えると高いよね。
うちの床の間にもかけている、相田みつをの心に留めておきたい詩があった。
a0176188_8492127.jpg


ホテルの客ならタダで利用できる「湯乃禅の里」。
ちょっと「スーパー銭湯」的。温泉客多いし。
a0176188_8532719.jpg


「お肉三種プラン」の夕食は美味しくて家族全員完食。
「まぁ、料理長が喜びますね。」
完食者にはご褒美あるといいね^^
a0176188_934325.jpg

a0176188_935120.jpg

a0176188_935733.jpg


(Y.F.)
【ハウスキーピング Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-25 09:06 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
こちらを
a0176188_862624.jpg

밤하늘의 별 섬세한 준혁이
뜀뛰는 캉가루 숨 쉬는 바위
거지왕 태원이 책만 읽는 윤석이
담배를 끊어서 때깔좋은 경규형

夜空の星  繊細なジュニョク
飛び跳ねるカンガルー 息をする岩
乞食王テウォン 本だけ読むユンソク
タバコをやめてよくなったギョンギュ


바오밥앞에서 여권흘린 국진이 
못생긴 형빈이 비호감 전현무
카리지니에서 물에 빠진 스펀지
대구댁과 VJ 얼레리 꼴레리

バオバフの前でパスポート無くしたグクジン
ぶさいくなヒョンビン 非好感チョン・ヒョンム
カリジニで水に落ちたスポンジ

(実際水に落ちたPDをからかっている。
”スポンジ”はあだ名かな?そのシーンはなかったけどね)
大邱(テグ)人とVJ あららこらら~
(大邱出身ジュニョクと女性ビデオエンジニアが
ちょっといいムードになったことを冷やかしている)

한 장의 지도를 두 손에 들고서
끝없이 펼쳐진 지평선을 향해
서로가 다른 길을 걸어왔지만 
형제로 만들어준 카리지니

一枚の地図を二手に持って
どこまでも続く地平線に向かって
お互いが違う道を歩いてきたが
兄弟で作ったカリジニ
(←地名)

한 장의 지도를 두 손에 들고서
끝없이 펼쳐진 지평선을 향해
서로가 다른 길을 걸어왔지만
형제로 만들어준 벙글벙글

一枚の地図を二手に持って
どこまでも続く地平線に向かって
お互いが違う道を歩いてきたが
兄弟で作ったバングルバングル
(←地名)


여행을 떠나자 여행을 떠나보자
모든 걸 던지고 배낭 하나에 우리를 싣고
여행을 떠나자 여행을 떠나보자
이제는 다 잊고 저 별 하나에 내 맘을 싣고

旅に出よう 旅に出てみよう
全てを投げ捨ててリュックサック一つを背負って
旅に出よう 旅に出てみよう
今はみな忘れてあの星一つに私の心を乗せて


★繰り返し

「男子の資格」最新メンバーで行く、オーストラリアのバッグパック旅行で
キム・テウォンが作った曲。
夏頃オンエアされた番組なんだけど、
You Tubeでこれを見つけたのが嬉しかったので。
保存版にしてないので、もう二度と見ることはない(多分)のが残念。

もうひとつの「一泊二日」が成し得ることのない、九泊十日で西オーストラリアを旅する。
西オーストラリアはまだ未開の地が多く、二手に分かれてオフロードを走る。
・ギョンギュ、グクジン、ヒョンム、ヒョンビン⇒キンバリーチーム
・テウォン、ユンソク、ジュニョク⇒ビルバラチーム
行くこともないだろうと思っていたオーストラリアも
いいじゃない、こんなトレッキングコースがあるなら!
とオーストラリアの峡谷に心は飛んだ。
ユンソクやテウォンもこなせるコースなら私だってできそうだ(キッパリ!)
a0176188_865836.jpg


わかったこと
・ヒョンムの英語はかなり流暢であること。
次が博士号を持つユンソク(私の英語と似たレベル^^;;)で、
それ以外のメンバーの英語はひどいこと。
(後にポール・ポッツとの会話でも発揮される(爆))
・パスポートを置き忘れた為に、又1時間かけて来た道を引き返したことで
グクジンが随分謙虚になったこと。
・テウォンは流れ星ひとつ見れば曲を作るような偉大なミュージシャンであること。

(Y.F.)
【ハウスキーピング Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-23 08:10 | コリアエンタメ | Trackback | Comments(0)

旅のよもやま話⑧

<トルコ~さらに続き~>
旅したのも随分昔になってしまったなぁ。
あれからトルコリラはデフレを繰り返し、
今は1トルコリラ≒41円。
2006年には新しいトルコリラも出回るようになったらしい。

私には珍しくツアー参加なのだが、
トルコの行きたいところを結んだルートは自由旅行では無理がある。
いや、自由旅行をしている人もいるんだろうが、
当時フルタイムで仕事をしていたので、
効率よくトルコ旅行をする手段はこれしかなかった。
私は姉とふたりで参加したが、
ひとり参加が4名いて、それがトルコ自由旅行の「壁」を示唆していると思う。
そのうちのひとりの女性が、
「アジアはけっこう行ったので、今回はヨーロッパにしました」と。
トルコって人によっては”ヨーロッパ”なのね。これは面白い。
ワタシ的には”アジア”ですけどね。
イスタンブールはアジアとヨーロッパの十字路と言われているけど、
EUに加盟申請中ではあるけど、
濃い異文化体験は丸っきり”アジア”ですな。

トルコは面白い。
歴史の深い国が面白くないワケない。
何しろアレキサンダー大王の時代にハナシは遡るのだ。
ブラピ主演の「トロイ」は、わかり易いトロイ戦争の教科書みたいな映画だったので、
いつかはやはりトロイには行きたい。
エフェソス遺跡も私の「遺跡開眼」となった。

繁栄時には25万人もの人が暮らしていたというエフェソス。
炎天下の中、クラクラしながらもひとつひとつの遺跡が面白くて。
市場、12000巻もの蔵書の図書館、
(男性が図書館に行くと見せかけて図書館の地下道から通じている)娼婦の館、
音楽堂、スティングもコンサートをしたという朽ち果てかけた劇場、
公衆浴場、公衆トイレ、下水道。

トルコの自然も興味が尽きない。
パムッカレは石灰を含んだ温泉なので、
棚田みたいにいくつもいくつも自然の温水プールがある。

沈む夕日を見ながらの最高に贅沢な時間はほんの数分。惜しい。
しかしあまりにも美しい。。。

そしてカッパドキア。
文字通り「世界ふしぎ発見!」だ。
太古の火山噴火によって堆積した溶岩や火山灰が風化や浸食しを繰り返してできた。

キリスト教徒 vs イスラム教徒のせめぎ合いの結果も、
カッパドキアやイスタンブールで見られる。
その建物の目的が、ある時代には教会となり、またある時代にはモスクとなる・・・
スペイン、コルドバのメスキータにも見られるが、
この手にワクワクしてしまうのは私だけかな。

トルコ料理が「世界三大料理」のひとつというのはどうなんでしょう。
生のトマトが美味しかった以外記憶にない。
屋台のチャイ(紅茶)は美味しかったけど。

最初の期待が大きく外れて、観光の魅力>食事の美味しさという
ハッキリした方程式になったのはトルコと台湾だ。

それでもトルコの美点をさらに3つ挙げる。
人々が友好的(カメラを向けると、みなニッコリしてポーズを取ってくれた)
お土産モノがクラクラする位魅力的。象嵌細工など特に。

猫が多い。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-22 07:01 | 旅(トルコ) | Trackback | Comments(0)

旅のよもやま話⑦

<トルコ~続き~>
ガイドのバーキ氏、
英語でガイドしてたけど、英語圏の人たちは冬にはトルコに観光には来ない。
でも日本人は1年中どのシーズンも来る、
なので冬も働けるように日本語を勉強始めたんだって。
6ヶ月で日本語覚えたという天才!
将来は外交官になりたいとか言ってたけど、叶えたのだろうか。
6年も韓国語続けているのに、初級あたりでウロウロしている私と違って、
蓄積した外国語能力をすぐに仕事に結びつけるってすごいこと。
a0176188_7152862.jpg


私がトルコへ行った’94年は関西国際空港がオープンした年でもある。
あまたの参入予定の航空会社を利用した
関空発着ツアーの紹介が新聞に踊っていた。
そんな中、「トルコ航空で行くトルコ8泊9日」ツアーをチョイスしたものの、
オープン間際になって、トルコ航空参入が遅れることが決定となり、
二者択一を迫られた。
①旅行のキャンセル(当然キャンセル料はかからず)
②日本⇔ロンドン間は日本航空使用の7泊8日に変更
行きはロンドン泊。フランクフルトでルフトハンザ乗換でイズミールへ。
帰りはオリンピック航空でアテネ乗換でロンドンへ。
「最初のイスタンブール着後、チャナッカレ、トロイ、ペルガマ」ルートが端折られ、
イズミール着後、コースは変わらないがカッパドキアが1泊削られる。
a0176188_715649.jpg


トラベルを始める前にトラブルめいたものに変わってしまったが、
私らはこの②を選択して、Goすることになる。
(トロイが削られた為に、キャンセルも多かったらしい)

行きがロンドン泊というより、
ヒースロー空港近くの宿に泊まっただけのイギリスだったが、
当時パートナーの海外研修に付き合い、ロンドンに住んでいた友人が
わざわざホテルに来てくれて再会できたことはよかった。

映画「3人でスプリッツァー」「ミッドナイトエクスプレス」、
沢木耕太郎氏の「深夜特急」。
この3つが私のトルコにおけるキーワード。
a0176188_715434.jpg


イスタンブールにはかなりの憧憬を抱いていたが、
ツアーは上記の理由でハードを極め、
さらには旅の最後にはおなかがゆるゆる^^;;(オリーブオイルの呪い?)
ガラタ橋でボスポラス海峡の風を感じながらのロマン旅の夢は吹っ飛んでしまった。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-21 07:25 | 旅(トルコ) | Trackback | Comments(0)

旅のよもやま話⑥

<トルコ>
'94トルコ・ツアー中、バスの中での「抜き打ちトルコ・クイズ」で優勝経験あり♪
ツアー・メンバーは20名でした。

イズミール⇒エフェソス⇒パムッカレ⇒コンヤ⇒カッパドキア
⇒アンカラとバスの旅。
アンカラからは飛行機でイスタンブール。
わかる人はわかる、かなりハードなスケジュール。
中盤に差し掛かったあたりのクイズ10問。
【Q】
① イズミールの城砦を建てた人は?
② 世界一長い建造物は?
③ 世界七大不思議の1つと言われる神殿は?
④ 世界で最初に鉄器を使用した民族は?
⑤ 「パムッカレ」とはトルコ語でどういう意味?
⑥ シルクロードの東と西の終着点は?
⑦ 「世界三大料理」とは?
⑧ 「世界で一番美しいモスク」とは?
⑨ 「トルコ建国の父」とは?
⑩ バス・ドライバーとガイドの名前は?(これは別に歴史や文化とは全く無関係^^;;)

渡された紙に答え書いて、回収。
その結果、9問正解の私ともうひとりの女性との対決で、
タイ・クイズ:現在のトルコ民族がトルコに定着したのは何世紀?
の答えが近かった私に賞品を。それがこのチャイ・ポット。
a0176188_6555919.jpg


でも私が④をミスして、彼女が⑩をミスしたから、軍配はどうしたって彼女よねぇ;;
【A】
①アレキサンダー大王
②万里の長城(トルコに関係ないけどね)
③アルテミス神殿(エフェソス遺跡を回った直後に訪れた場所だし)
④ヒッタイト人
⑤「綿の城」(「地球の歩き方」に書いてるし)
⑥東:西安、西:イズミール(私らが最初に足をおろした地だし)
⑦中国、フランス、トルコ料理
⑧ブルー・モスク(イスタンブールのそれは、その時はまだ未見)
⑨ケマル・アタチュルク(紙幣の顔だしね)
⑩ドライバー:ビロー氏、ガイド:バーキ氏
(だって、一番前の席に座っていて、カタカナでふたりの名前が
書かれていたので。それにガイド氏はタイプだったもーん♪)

タイ・クイズ:AD4C

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-20 06:57 | 旅(トルコ) | Trackback | Comments(0)
第3回は結果的にシーズン1における最後の視聴者参加ツアー。
終わりがまだ見えてなかった頃、温めていた大企画を遂行しただけだろうけど。

おととしの第一回や去年の第二回と違い、
グループでじゃなく、個人の申し込みで。
0歳から99歳までの100名、プラス101歳の
歴史の生き証人みたいな方1名の合計101名と釜山へ。
(韓国は数えで年齢を言うが、上記は日本での年齢の表し方で)

釜山行きチャーター機や釜山では貸切の船でランチという大盤振る舞いだけど、
今までの番組への愛情や応援に対する御礼でしかないみたいなツアーでしたね。
だって赤ちゃんたちにはそれぞれ母親が同行したし、
失礼ながら90代チームも自分達が参加しているという意識もあんまりなく。
例えば、担当のチョン・ヒョンムやソン・シギョンがクイズやゲームで負けることになり、
連動して彼らにも食事が与えられないとしたら、
そりゃ視聴者たちからクレームが来ただろうし。
だから、今までの路線が好きな私としては、無理な企画に最初から乗れなかった。

6名の現メンバーで
・20歳未満
・20代
・30代
・40代
・50代
・60代以上・・・の6グループで十分だったと思うけど。
ウン・ジウォンの存在感が全く無い「一泊二日」なんてねぇ。

昔、関口宏の「クイズ100人に聞きました」がキライだったのだ。
ある、ある、あるある!」と喧しいシロウトたちが(笑)
それから視聴者が出る参加型って、ちょっと引き気味。

あ、でも「ハッピーサンデー」のもうひとつのコーナー「男子の資格」の、
青春合唱団」はスキよ。
1960年以前に生まれた人のみオーディションを受ける資格あり、なんて。
結局平均年齢62.3歳の合唱団が形成され、
ソウル予選を勝ち抜き、全国大会で銀賞を受賞する。
彼らもシロウトたちだけど、
「死ぬまで音楽を愛し、音楽の中で生きていきます」と言い切る、
歌が好きで好きで溜まらない人たちの頑張りには涙しました。
a0176188_13151773.jpg


ところで、ナPDとオム・テウンがいる前で、
「あら、(テウン氏は)兄(ナPDより年上)だったんですか?」
との参加視聴者の問いかけに、
立っていたナPDが
「誰が見たって彼(テウン)が年上でしょう!」と声を荒げて突っ込むシーンがある。
えーっ!ナPDってオム・テウンより年下だったの?
(テウン:’74年生、ナPD:’76年生・・・・たった2歳しか違わないじゃないか^^)
a0176188_12435151.jpg

        (最後は「傷つきましたよ!」のナPDのセリフ・・・うーん^^;;)

しかし、彼のウィキが既にあるのはオカシイ。
忠清北道、清州出身で延世大卒。
「流行語」も掲載されてて、
・ダメです!(アン デムニダッ!)
・ブー!(テンッ!)
・失敗!(シルペッ!)
http://ko.wikipedia.org/wiki/나영석
ちなみに「一泊二日」のウィキはこちら。
http://ko.wikipedia.org/wiki/1박_2일


ホドンの「最後」に相応しいシーンも皆無で、
ホントに風のように去っていったってわけやね。
次回は5名でのオープニングから。しかし善戦したらしいので、やはり期待♪

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-10-17 12:44 | コリアエンタメ | Trackback | Comments(0)