There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新しいPCになって、日々ワクワクとビクビクの共存。
Windosw Live メールの送受信がしばしダンマリになり、
パソコン屋さんでようやく原因がわかった。Nortonのメールセキュリティだった。
故に、「電子メールウィルススキャン」をオフにして、送受信。
ただ、規定値「15分有効」のオフも、次開く時はは再度設定が必要になるので、
いよいよNortonサポートセンターともチャットした。
このチャットも新鮮な体験♪
「永久的」オフにすることで解決しました。他でもガードするので問題ないそう。
 
どよ~~ん・・・がやっと解決したあたりで、
すくっとメールが受信された時に、協会からの通知メール。
いきなり冒頭の「おめでとうございます!」の文字が飛び込んで来た。

同期のメンバー宅にお邪魔して、勉強会を開いたり、
情報交換した結果がいい方向に導いてくれた。
秋のソウル旅行の帰国翌日が1級講座の第一回だった為、
「あら、時間取れそう」とバタバタ申し込んだけれど、
おかげで5期のメンバーたちとも縁作りできた。

おっと、1級認定のプロフィール写真の送付と会費入金までが、
必須課題だ。
プロフィール写真・・・ホントに避けて通りたかったが;;

「生前整理」講座でも宮崎先生がおっしゃってたこと。
私たちがよく使う「月日の経つのは早いよね~」。
これ、私たちの世代だから言えること。
毎日、同じことの繰り返しだから。
一方、日々新鮮な体験づくしの子供たちはなかなか時間が経たないのだとか。

最近はこの歳で、新鮮な体験づくしだ。
写真館で写真よォ。チャットよォ。
そして、春にはいよいよ講座講師よォ。
今度のクライアントさんには「利き脳」を初めて訊いて、お仕事開始だし。
ライフ・オーガナイザーとしての使命も心に刻み、
日々精進!

(Y.F.)
【整理収納やハウスキーピングのご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2013-02-28 07:58 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
「台湾」が舞台。
2回訪問したことがあるが、どちらも夏。
日本でも暑い時期に、さらに暑い台湾へ・・・って、なんでだったんだろう?
故宮博物館そばの映画村にバスで遊びに行き、
又中心部に戻るのに、反対方向のバスを乗ってしまい、
ハイキング客が降り立つ山の麓の終点で
ボー然としたのも今では笑い話だ。イヤ、その時も爆笑した。
二回目は、金城武ファンの友人のお供みたいな旅。
金城武ゆかりの地(笑)を訪ねようという目論見だったのだが、
これまた暑さにどっと疲れて、行きたいところにも行けず、だった。

「悲情城市」(’89)
a0176188_1055457.jpg

なんて素晴らしい導入部だろう。
テーマ曲の音量が最高潮に達した時は鳥肌ものだ。
映画音楽ベスト3を挙げよ、と言われたらこれは入るな。
遥か以前、映画音楽テープコレクターだったので(ラジオから録音しただけの;;;)、
これは持ってはいたのだが。。。
YouTubeに上がっていたので、早速ダウンロードし、
x-アプリでヘビロテしているところだ。

この壮大なる映画、音楽は日本から立川直樹やS.E.N.S.という音楽ユニットが参加、
そして出演者のひとり、香港から参加したトニー・レオンを忘れてはならない。
私がトニーを認識した初の映画だから~^^
「当初は科白のある役だったが、台湾語(閩語)ができないため、話せないという設定に変更された」と。
音楽とあの笑顔に圧倒されたワケだが、トニーの生声は聴けなかった。
でも、それほどまでホウ・シャオシェン監督から渇望されたのねー
現在50歳にもなるトニーと、もう四半世紀のお付き合い(一方的な(^_^;))ってワケ。

「恋人たちの食卓」(’94)
a0176188_10552838.jpg

原題は「飲食男女」だって。
監督はまさに時の人、アン・リー。
「ブロークバック・マウンテン」に続き、「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」でアカデミー監督賞受賞したばかり。
手がけた作品群もテーマが多岐に渡っている。どれだけ深い泉があるんだ~

この映画は台湾時代だが、アカデミー賞外国映画賞にノミネートされたり、
若い時から注目株だったのだ。
「髪切って若く見られるわ」と言われた友人は、シルビア・チャンだったのね。

冒頭、お父さんが食材を切るシーンがあるが、まな板が切り株そのもの。
仏ベトナム映画「青いパパイヤの香り」でも、まな板が切り株だった。
こういう小さな発見、映画の醍醐味のひとつ。
まことにおなかがすく映画♪

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」
(’91)
a0176188_10585713.jpg

エドワード・ヤン、亡くなりましたね。
上映時間188時間とは・・・「悲情城市」でも159分なのに。
だからか、彼の作品には思い入れがない。

(Y.F.)
【整理収納やハウスキーピングのご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2013-02-26 10:58 | 映画講座 | Trackback | Comments(0)
先日の宮崎先生による「生前整理」講座で、聴講生のひとりが情報発信していた、
タンブラー型の「あんしん情報セット」。
a0176188_20385767.jpg

あ、実家にあったものだ、コレ。
冷蔵庫の扉に「入っています」のマグネット。
「何、これ?」とその時も母親に訊いたのだった。
民生委員の人が、「ひとり暮らしの高齢者」に対して、福岡市が配布しているという。
緊急時の時、救急隊員がウチに上がって、
口がきけない状態の母親の生年月日、かかりつけ医院、
緊急連絡先・・・などの情報を書いた紙を冷蔵庫内の筒から出して確認するとのこと。
”冷蔵庫”で統一しているのは、勝手を知らない救急隊員でも、
ここだけは探せるからね。

ふーん、便利なモノが出来て安心、と思っていたら、
北九州も3年前ぐらいから取り組んでいるとか。
多分、全国的に取り組み始めているところなんだろう。

上記の講座で「えっ、何それ?」「どこで手に入るんですか?」と
みなさんすぐに食い付いて来たので、
後学の為に小倉北区役所に行ってサンプルを頂いてきた。
窓口の説明では、
やはり基本は「ひとり暮らしの高齢者」。
家族との同居ならば、緊急時は家族がいれば・・・とのこと。
ある程度の事情があれば、家族との同居の方でも配布します、と。
民生委員が「高齢者のひとり暮らし」の家を一軒一軒訪ねて、
少しずつ広げて行っているところ。去年は小倉北区だけでも万単位で配布したらしい。

ヘルパー先で見かけたことがないのだが、
要介護や要支援ならば、
居宅介護支援事務所や地域包括支援センターとのパイプがあるから、逆に不要なんだと。
ウチの母の様に、認定されていないがいつ何時倒れるかわからない人対象だと。

注意点はふたつ。
①かかりつけ医院や投薬、緊急連絡先も一年に一度は見直して更新。
②冷蔵庫に詰めすぎず、探しやすい場所に。

②なんだけど、クライアント先でも開けたらどどどっと中身が崩れ落ちてくることがあって、
そんな冷蔵庫は困る。
ポケット(扉)側の一番手前に置くとすぐ見つけられるよね。

(Y.F.)
【整理収納やハウスキーピングのご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2013-02-21 20:31 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

「初めて」尽くし

博多阪急の食育講座に初めて参加した。
MCのなかしまゆみさんはライフ・オーガナイザー1級認定講座で
ご一緒した人。三船美佳似の美人。
地下の阪急うまか研究所という、隅のガラス張りのスペースで。

JA宮崎から椎茸、キンカン、日向夏、スイートピーのCMも兼ねたもの。
肉厚の原木椎茸の試食もふたつ。
オリーブオイルで炒めて、ジェノヴェーゼソースをかけた
イタリアンな椎茸。
味噌に砂糖を和えて混ぜたジャパニーズな椎茸。
 
キンカンを皮のまま食べたのも初めてだし、
日向夏というのも初めて。
中の薄皮が甘いので、リンゴのように皮を薄く剥くのがポイントらしい。
柑橘系大好きなのに、近くで売ってなければ知らないままなんだなぁ。
そうそう、先日は市場でスウィーティ探してたら、
「生憎切れてるけど、似た味のメローゴールドはいかが?」と勧められた。
グレープフルーツとポメロを掛け合わせてできた品種らしい。
a0176188_12192490.jpg

グレープフルーツに似た外見だが、酸っぱくなくジューシーで美味っ。
あら、ポメロってのも食べたことないな。

お土産に宮崎産のスイートピーも頂いて、
リビングがちょぴっとだけ春♪(壁紙も桜だし~)
a0176188_12183945.jpg

暖房に弱いので、飾るなら玄関口だとか。
はいはい、写真を撮った後は、玄関へね。

その後、友人が経営するギャラリーへ。
起業する時から応援しているのに、実は絵画を買ってあげたこともなく;;

それが、今回初めて絵画を買いました~^^
取り寄せになるので、届くのが来月かしらん♪
運気がアップしますように!
a0176188_1221853.jpg

ギャラリーの看板犬、フレンチブルのしんちゃん(8歳、♂)。
吠えることもしないし、やたら人懐っこい。
a0176188_12281790.jpg

これは7年前。まだ子犬・・・ということよね^^;;

(Y.F.)
【整理収納やハウスキーピングのご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2013-02-16 12:21 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
「韓国」が舞台。いよっ、待ってました♪
韓国エンタメは語ることが多すぎ~♪♪♪

「チルソクの夏」(’03)
a0176188_7392315.jpg

映画好きとは言え、DVDコレクターではない。
ビデオの時代は「永久保存♪」といくつか録画してキープしていたが、
ビデオの時代が去ると処分。
電子媒体に関しては、もう「永久」なんてないのだ。
そんな中で、友人が録画してくれたDVDーRだけが4,5枚。
「チルソクの夏」はそのひとつ。
大好きな邦画なのでこれは随分前にブログに書いた。

「JSA」(’00)
a0176188_7394837.jpg

講座で一シーンだけ見ても、やはりこれは傑作だ。
でも、カンヌ映画祭グランプリに輝いた「オールド・ボーイ」(’03)が
パク・チャヌク監督の代表作、ということになるのかな。
その後、「サイボーグでも大丈夫」「渇き」とカンヌの常連になったようだが、
私がベストと思う「JSA」の時はまだ37歳。
ヌーヴェルヴァーグを彷彿とさせる若き才能の開花、って感じ。

上映当時はまだ私が名前を知らなかった、北側のシン・ハギュン(まだ初々しい)と
南側のキム・テウ。
そのふたりとソン・ガンホとイ・ビョンホン。
南北の4名の兵士が狭い空間で友情を深めていくシーンがすご~くいい。
チョコパイや、キム・グァンソクの「二等兵の手紙」の音楽テープや彼女の写真など、
小道具の使い方も効いている。
そして徐々に証言においてパズルのようにはまっていく、真実。

「冬のソナタ」(’02)
a0176188_7403330.jpg

今見るとちょっと恥ずかしい・・・と思うドラマになっていた。
早送りを・・・と(笑)
いや、「チルソクの夏」も気恥ずかしくなるようなシーン
(ロミオとジュリエットのように語り合うシーンや
女子高生3人が「なごり雪」を下関の公園で歌うシーンとか;;)もあるにはあるのだが。

ま、それでもこのドラマはKカルチャーワールドへ導いてくれた扉なので。
韓国映画をビデオ屋で片っ端から借りていた時代があるにはあったのだけど。
(片っ端と言っても、そんなに並んではいなかった。)
ただ、その時はハリウッド映画に食傷気味であり、
韓国はインドやイランやトルコや中国の映画と同列でしかなく。
知っている俳優も、アン・ソンギ、ハン・ソッキュ、イ・ビョンホン、ソン・ガンホあたり。

このドラマで本腰を入れたって感じ。
海外ドラマもこれまたアメリカ産がほとんどの時代。
旅好きならではの「海の向こうの文化を知る」キッカケを作ってくれたのが嬉しい。
すごく近い海の向こうなのに、知らないことが多すぎた。

補足:好きな韓国映画ベスト5(順不同)。
シルミド
八月のクリスマス
イル・マーレ
春夏秋冬そして春
ガン&トークス
 
(Y.F.)
【整理収納やハウスキーピングのご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2013-02-13 07:36 | 映画講座 | Trackback | Comments(0)
行ってきましたよ~
この手の講座、なかなか北九州ではないんだけど、
リビング北九州主催で、宮崎佐智子先生。
ライフ・オーガナイザー2級&1級講座でもお世話になりました。
福岡からはるばると。

アパレル業界にいらっしゃっただけあって、
いつもキラリのファッションセンス。
講座の中でさりげなくリフォーム・スタイリストの資格も持っているし、
トールペインティングの講師資格他も持っている・・・
とのことで、たゆまぬスキルアップに努力を重ねている人だと。
3つほどブログ発信もされてあるようだ。
まさにスーパーウーマン!

同じ人間でも濃く生きるか、薄っぺらになんとなーく生きるかは
まさに本人次第。
プロフィールに取り立てて自慢できることも書けない私は、
修行中の身みたい。この歳にして。

講座内容は「生前整理」ではない、と。
この言葉に抵抗ある方もいらっしゃるはず。
残された家族に対する遺書の書き方・・・みたいなことを教えるイメージ。
ま、これに抵抗があれば、それこそ講座には足を向けないでしょうけど。
セカンド・ライフへのステップアップのような意味合いの講座だった。
空間的な整理がメインではある。
定年、巣立ち、死別離別などで、家族構成の変化やライフスタイルの見直しに迫られた時、
どう身の回りのモノを整理するか。

しかし、聴講生の中では、
既にエンディング・ノートを区役所窓口でもらってきた、だの、
45歳で遺書を書き始めた、だの
一歩進んだ精神面での整理をされてある方々もいらっした。
いろんな気づきがあった。
春には講座の講師として今度は私が立つ番。
気づきを消化吸収して、講座に取り入れよっと。

(Y.F.)
【整理収納やハウスキーピングのご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2013-02-11 15:02 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
しばらく更新が途切れてしまった。

おニューPCでガンガンネットサーフィンやってます!の
報告をしようと思っていたのに・・・
Windows Live メールが初期化された!
あの、鈍行XPだってこんなサプライズはなかったのに。
送受信にえらく時間がかかってしまう今日この頃、
(というか、まだ購入して1か月も経ってやしない)
ええいっ、と何度目かの荒療治のバッテリーパックまで抜いての、
再立ち上げをしたのだが、なんと、今日メールがすべて消えてしまった。
XPのメールをどうやって8に持ってこようかという課題以前に、
メールアプリが危ういじゃないの。おおこわ。

これを恐れて、小まめにエクスポートした方がいいのかな?
新しいことには、考えもしなかった新たなブラックホールが
あるもんなんだね。

一方、ウォークマン対応のx-アプリは既に1398曲にも増えた。
YouTubeにアップロードされた曲は、基本的に音源をダウンロード出来る。
それもむか~しの忘れられた(?)曲とかね。
著作権上削除された曲が、再び誰かの手によって上がったり。
いつ又消されるかわからないので、ここぞとばかりにダウンロード。
今日、GETしたのはデレク&ザ・ドミノズの「レイラ」。
韓ドラ「赤道の男」のオープニング・シーンに流れた時に、
「あ、GETしようっと」とブルーレイの再生ボタンを一時停止。
何せ、スペックの良さでダウンロードの早いこと。
リビングの横にノート持って来て、速攻で出来るってのはいいね。

(Y.F.)
【整理収納やハウスキーピングのご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2013-02-06 21:56 | 雑感 | Trackback | Comments(0)