There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

<   2015年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年出ていったもの・・・
先日、クリスマス・ツリーを捨てた。
市の指定袋の大サイズですら入らなかったので、
粗大ゴミセンターに電話したら、300円相当分だという。
季節の移ろいには敏感でいたいけど、
もう時期が来ても飾る気がしなくなったのよね、体力的に。
誰も喜びやしないじゃない?ウチの猫でさえ・・・(笑)

不要になった灯油ファンヒーターとCDコンポは周囲に声かけたら、
友人が引き取ってくれた。
引き取り手がいるだけでありがたい。
反応がなければ、クリスマス・ツリー同様、電話&お金をかける必要があったのだ。

クライアント宅において、部屋がすっきりしない原因のひとつは、
とっくに耐用年数超えたような電化製品の捨て方がわからずに、
というかわかっててもメンドクサくてそのまま置いたまま、だってことだ。

OUTが滞っているのに、INは枷もなくすんなり入ってくる。
ひとつ入ってくる代わりに、ひとつ捨てないと。
私自身のルールというか、モノを管理していく呪文でもある。
基本はね。
例外もある(笑)。以前持ってなかったものは捨てようがない。例えば次の。

今年に入ってきたもの・・・
正月特価5,000円で購入したネッスルのバリスタ。
a0176188_20271785.jpg

レギュラーコーヒーの出番がほぼなくなって、
ぐっとカフェイン量も減って、めでたし・・・?
(ちなみにインスタント235ml: 62mg
豆から抽出したもの235ml: 95mg だって)
これはクライアント宅にてこれでコーヒーを頂いた感激が年越しても続いていて、
あの感激をもう一度と。ミルクのスチームの口当たりが好き。
最低価格なのは、型落ちだからかな。
多分、今のが壊れたら次も買う予感。

スマホ。やっと(笑)
パソコンもウォークマンもテレビもすぐ横にあるので、
なんというか・・・これに頼り切っているわけでもないし。
でもLINEやら、「猫集め」やら、スマホユーザー向けアプリが、
世の中を席捲していて常識化している風なので、
立ち遅れはここら辺で防ぎたかった。
そうそう。
携帯ショップで、内田彩仍さんを初めてお見かけしたのは
ちょっとどころか、 ドキドキする位嬉しかったな。
私と同じメーカーなんだ、あ、この近くにお住まいなんだ、どうやって声かけようか・・・
とか思ってたけど、
ご主人が横にいらっしゃってタイミングを逃しました(;_;)

タイシルククッション。
タイでジム・トンプソン・ハウスに行った時は、
タイシルクが「手の届かない高価なモノ」の認識だったのに、
帰国後「わが愛しの蝶々夫人」という韓ドラのワンシーンで、
ユン・セア宅のリビングのゴールドづくしのクッション見て、
a0176188_2028912.jpg

「あ、いいな、買おう」。
ジム・トンプソン以外は、Amazonでお手軽価格なのでした~♪
以前のニトリで買ったこげ茶色はちょっと重たく感じられて、
a0176188_20282359.jpg

サイズも60×60から、45×45に変えたので、
中のクッションも購入。
a0176188_2028486.jpg

こんな風に柄を全部向けてはおらず、無地側が大半だけど。

INでもOUTでもない、どこか行方不明中なモノもひとつ。
バスカードとしてしか使わないnimocaカード;;;
残高3,000円強あったと思われるのに、
いざ、財布の外ポケットから出そうとしたら、手応えがなく。
アナログな手帳の代わりは、エクセルのスケジュールだが、
「バスに乗った最後の日」を検索、その時に着た服なども
いろいろ思いめぐらせてみて、クローゼットにかけた服のポケットなども探ってみる。
ない・・・・
不承不承、カード代含めた二枚目のカードを購入する。
「モノの管理」には人以上の自信があったのだが、
出てこなくて凹んだ。でも、どこかからひょこっと出て来るかも。
・・・という期待もちょびっとある。

値段ではないんだな。
モノをなくす、モノが使われないまま埋まる・・・というコトが
この仕事をして敏感になってきたのだ。
お客様と一緒にお客様の探し物をしている私が、これだもの。
落ち込むよ。

(Y.F.)
【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2015-04-09 20:29 | 雑感 | Trackback | Comments(0)