There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

昨日、リバーウォーク5Fの北九州美術館分館に
描かれた女たち」を観に行った。
画家たちの年表一覧を見れば、
19世紀の画家から、1980年生まれの画家まで。
近代から現代までのあらゆる階層の女たち。
泰然と微笑む貴婦人もいれば、働く農婦もいれば、幼い子もいる。

久しぶりに硲伊之助(はざま いのすけ)氏の絵画と対面した。
南仏ニースでひょんなことから、彼の妻だというフランス人アデリアの
地中海を見渡せる絶好の場所のゲストハウスに泊まらせて頂いたことがある。

Wikiにも記述
のある、「1928年、ロゾラン・アデリア・エルビラ(イタリア系フランス人)と結婚。」の当人。
なのでこの画家の名前は特別な想いがあり、
後日、加賀を旅した時に「硲伊之助ギャラリー」にも足を伸ばしたのだった。


ここ数日、篠田節子氏の「薄暮」を読んでいて、今日読了。
a0176188_1110559.jpg


偶然だが、テーマは「絵画」。
美術雑誌で長年編集に携わって来た主人公が、
埋もれていた郷土画家に光を当てるというストーリー。

しかし篠田節子氏らしく、キレイ事ではない絵画売買の裏事情や
「孤高の画家」の生涯も実は生臭かった・・・と、まるでどこぞに存在していた
かの如く描写している。
「インドクリスタル」もそうだが、あの分厚い長編を飽きさせない筆力はすごいなー

その中から抜粋ふたつ。
絵を買う方は少ないけど、プロ、アマ含めて描く方は圧倒的に多い
亡くなった後、処分に困った遺族が自治体(公共の美術館)に持ち込んで来るので、
自治体も倉庫に仕舞うしかなく、埋もれて行く運命に。
以前は絵描きの『名前』で買ってたけど、(略)目が覚めたね。
絵っていうのは自分の気に入ったのを買って、自分で楽しむものだって

贋作つかまされる苦い経験を経た人のコトバ。

絵のビハインドストーリーは当然ながらある。
値がつけば大いなる遺産だけど、
そうでなければ処分に困る置き土産でしかない。
映画「モンパルナスの灯」では、
モディリアニ(ジェラール・フィリップ)の死を確認した後、
画商(リノ・バンチュラだったのよねー♪)が妻ジャンヌ(アヌーク・エーメ)の元を訪れ、
「これも買います、あれも買います」と絵をあさるラストシーンだった。
(妻の自殺までは描写なく)
画家の死後は絵の数が増えることもなく、価値が生まれる。
ここに目を付けた画商は東西あちこちにいるんだろうな。

フランスではゴッホ、ルノワール、マティス、コクトー、ピカソ、シャガール、セザンヌ、モネ・・・
と本物の絵に出会う旅をしながら、頭から離れなかったのは彼らの生き様だった。
表面的な芸術魂の裏に、醜い欲望や争いなどが渦巻いている。

で、昨日目にした、90点近い「女たち」の中には、
まるで好みに合わない絵画もある。これでプロ?などど何様な想いも抱く。
それでも画家の略歴にはどこぞに留学して、何々賞を受賞して。。。
どんな箔がついたかより、自分の眼を信じることなんだな。


最後に展示されていた「女たち」の中のベスト1を投票してきた。
私は一目ぼれの森本草介氏の「微睡の時」に一票。
a0176188_1154720.jpg

精密画のようであり、写真のようであり、肌の皺も含めた美しさに。
去年の10月に亡くなられたばかりだった。78歳。
相方は岸田劉生氏の「麗子十六歳之像」に一票。
a0176188_12165799.jpg

眼力がいいんだって。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2016-01-17 11:06 | 画展・舞台 | Trackback(1) | Comments(0)
遅ればせながらの新年の挨拶を。

去年読んだ「ナイルパーチの女子会」(柚木麻子)では、
ブログの女王的主人公が登場した。

人生には必ずこんな風に、絵にならないしみったれた一日、
つまり実家の掃除をもくもくとする日や、
苦手な家族と向き合う日、
子供の不始末のために謝りに出かける日もあるはずだ。
そういう日、彼女たちは文章を書かないのだろうか。
」・・・

ハイ、書けませんでした~;;
スマホ紛失や母親の緊急入院などは、
やはり心ここに非ず、でブログに向き合えませんよねぇ。
おまけにやっと年末に退院できた母親から、
「実印が見つからない!」。
正月の実印紛失騒動や実家のプチリフォーム計画頓挫・・・
「絵にならないしみったれた日々」が続いていました。

私がブログを書いていることを知らない若い友人から、
「なんでみんなブログ書くんでしょうねぇ、
自分のパソコンにデジタル日記書いておくだけじゃ済まないんでしょうかね」って。
ま、みんな気分がいい時に「いい気のおすそ分け」したくなるんじゃない?
なんといっても、記事の検索が早いしねぇ。

年末のヘルパーミーティングの話だが、
全国のどなたかヘルパーさんが、
クライアントの部屋の写真をUPして訴訟にまで発展し、
ヘルパーさん、敗訴だそうです;;;
そんなコトも含め、ブログは細々、でも慎重に続けるつもりではあります。

昨日、カーブスでも訊かれた「今年の目標」。
運動は腹圧を意識し、
食事は間食をなくし、
風邪を引かないように基礎代謝をつける。


いつも喉から始まる風邪、
気温が安定する冬ならもう対策は立ててるけど、
穏やかな季節、春と秋に二回も風邪を引いたのは
なにかすっごく人生で「貧乏くじ」を引いた気分で、
落ち込みました。。。
春の風邪では声が1週間以上声が出なくなり、
秋の風邪では咳のせいか、背中の筋肉痛がひどくなり整骨院へ二度。

風邪以上の病が襲ってくるかも知れませんからね、
何しろ又、ひとつ歳を取ってしまったんですから・・・
サプリも特に摂るつもりもないけど、
日々の健康には注意します!

健康以外の目標ですが。。。
いつものように周りのいろんなモノに向き合い、
必要なければ捨てる。
故障したら買い換える。
今までになかったモノの購入は慎重に。
つまりプラスマイナスゼロが基本。
収納のアイディアも考えつつ、
今持っているモノの整理より、中に持ち込まない提案もね。

一度参加しただけで毎回送って来る旅行社のカタログには停止依頼の電話。
新聞販売店から三か月に一度ポストインされる「お礼の」ポリ袋は溜まったら返却。
(カーブスのカレンダー辞退は失敗。
「要らないなんて言う人、初めてですよ~重要なことが書かれていますから、
トイレにでも貼って下さいよ~」と。)
小さなコトからコツコツと、だ(笑)

クライアントさん宅では、
管理人さんから勧められた新聞を読みもしないのに断れずに溜まっている。
訪問する度にまとめて縛る作業を依頼される。
カタログも溜まり過ぎて封も切らないうちに処分。
こんなの元から絶たなきゃダメ(笑)

実用的なコトの提案だけでなく、
やはり人生を豊かにする彩り(私の場合、エンタメ)も紹介記事にして、
どなたかの眼に触れて刺激になったら嬉しい。

新年早々、桜木紫乃氏「星々たち」が私の心に波紋を投げた。
北海道在住の女流作家で、
三浦綾子氏や原田康子氏のような「北海道文学」。
これも早速、いろんな人に読んでもらいたいなぁ。

そんなんで今年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2016-01-07 13:08 | 雑感 | Trackback | Comments(2)