There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

NIFREL(ニフレル)@EXPOCITY

3年ぶりの大阪にて。
姉にすっかりお任せで「NIFRELとは何ぞや~?」状態でした。

去年11月にオープンしたばかりのエクスポシティ、
その中でも海遊館プロデュースの「生きているミュージアム」。
水族館+動物園のワンダーランド。
感性「に触れる」=「ニフレル」なんですって。

まずはららぽーと3Fのフードコート内のタイ料理「ティーヌン」で腹ごしらえ。
タイ語で「1番」という意味らしい。
トムヤムクンをラーメン化したものが名物らしいが、
ご飯が食べたかったので、ガパオライスに。
a0176188_2095062.jpg

コンソメスープと生春巻きとタピオカミルクのデザート付き。

1時から2時の間に入場できるチケットで、1時にNIFREL入場。

以前、釜山海雲台エリアのセンタムシティ内スパで
クールダウンする部屋に、壁に埋め込まれていた水槽のクラゲに魅せられたのだった。
するするするーと泳いでいるのでなかなかうまく撮れないんだけど、
しつこい位シャッター押したらまともなものも撮れた。
a0176188_19513864.jpg

a0176188_19522216.jpg

なんだかずーっと見ていたくなるくらいの癒し効果あるよね、クラゲ。
水槽という「障壁」があればこそだけど。
こちらはNIFRELのクラゲ。
こちらでもあちらでも撮っているので、見知らぬ人が随分写り込んでいる。
a0176188_19515089.jpg

水生生物フロアにて。
a0176188_19541344.jpg

a0176188_19544758.jpg

a0176188_1955115.jpg

サッカーワールドカップの試合の勝敗を占ったパウル君を思い出す。合掌。
a0176188_1955163.jpg

韓国のチムジルバンで試した、ドクターフィッシュ。角質食べてくれるのよね。
「一本、指を水の中に入れてみて下さい」
ホントは足を入れたかったんですけど~
a0176188_1957269.jpg

よくこんな形に神は作り給うた・・・って思う。
a0176188_19584480.jpg

a0176188_19585998.jpg

a0176188_19591063.jpg

陸生生物フロアにて。
a0176188_2042921.jpg

室内で飼われているカピパラは幸せかな~
a0176188_201205.jpg

一方、こちらは長崎バイオパークでのカピパラたち。
a0176188_2044184.jpg

a0176188_2045024.jpg


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2016-03-28 20:06 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
年二回の家族旅行もこのブログにUPしてないことが多い。
ここを「備忘録」として利用させて頂いている割には。。。
ちょっとメモ程度ででも。


黒川温泉へは既に30年位前に行ったのだが、
こんなにわかりにくい道を
当時はナビなしでよく行ったなー(自画自賛^^)。
阿蘇の高森田楽村でランチ、そして通潤橋も見て、
黒川温泉で一泊コースだと記憶しているが、
姉が免許を取る前だったらしく、多分私ひとりにかかった運転。
福岡市からだよ。うわー、若さってすごい(笑)

「宿はどんな基準で取ったの?」と
毎回姉に訊かれるのだが、
当然(?)、「じゃらん」で、上位から一軒一軒チェックしていく。
すぐには決めず、日も気分も替えて。
くすぐる言葉が「古民家」「奥座敷」など。
外観だけでアウトってのもある。グランドホテルっぽいのはパス。
どうせなら5~6部屋のこじんまりした旅館がいいのだが、
こんなのは値段も張るのだ。スポンサーである母の負担もちょっとは考えている^^;;

30年前にはネット予約なんてのもなく、JAF発行のガイドブック等を
参考に電話予約したんでしょうね、きっと。(全く覚えてないので。。。)
今回の「ふもと旅館」は黒川一の温泉の数14個が決め手だった。
ネット予約は割と特典も多い。
夕食のワインサービスや、あぶら取り紙、近くの店の割引クーポンなどがあった。
a0176188_9281242.jpg

a0176188_9283150.jpg

長きに渡る人生なので、一度くらいは過去に「馬刺し」を食べたんだと思うけど、
今回のヒットは「霜降り馬刺し」だった。(右側)
人生最後あたり、走馬灯のように巡るシーンの中に入ってそうな位、美味しかった。マジ(笑)
a0176188_9275171.jpg


a0176188_928134.jpg

温泉は確かに14個もあったけど、入ったのは5個。
入湯手形(昔は1000円で3個だったけど、今は1200円)で入れる露天風呂が川沿いに、
宿泊客しか入れない温泉が駐車場側にある。
a0176188_9372048.jpg

何せ高齢の母連れてなので、急な階段であちこち回るには無理があった。
それでもつかの間の風情を楽しんだ。
a0176188_93662.jpg

川を跨ぐ木の橋を渡るとお風呂。橋の中はこんな風。
a0176188_9361665.jpg



翌日は阿蘇駅横の道の駅。
熊本どこに行ってもくまもんだらけなんだなー
朝食時のナプキンの袋や、
a0176188_9393335.jpg

道の駅や、
a0176188_927085.jpg

大観峰の食堂内で頼んだコーヒーの横にも。「熊本よかとこばい」。
a0176188_9271571.jpg

初日の出にこだわってバスハイクに参加していた頃、
ここで初日の出を見たことを思い出した。
それでももう二十年になるだろうか。
雑記帳で全国から来ていることや、
時間帯(月曜午前)なのか観光バスはなく、バイクライダーたちがいっぱいなのを確認した。

a0176188_9273219.jpg

あー、人間って小さい小さい。
自然に比べたらなんてちっぽけだ。
たまにはこんなところに身を置いてみるべきだな。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2016-03-15 09:29 | おでかけ | Trackback | Comments(0)