人気ブログランキング |

There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

この夏夢中になった二件

①「坂の上の雲」
去年訪れた、東大阪市の司馬遼太郎記念館にてゲストブックに書いた通り、
「坂の上の雲」を読み始めた。
公共図書館の予約本がなかなか手元に来ないことで、
この際、じっくりシリーズを読んでみようかという気になって。

映画講座でテレビ化されたモノを断片的に観たのだが、
2009~2011年にかけて全13話が放送されたという。全く、私の眼には止まってないんだなー
ところが、最近講座にて読書中ってことをちらっと話したところ、
ブルーレイ全巻貸してくれる方がいて、すぐにも並行する。

本はまだ日露戦争前あたりだったが、
司馬さんのくせ(失礼)なのか、脱線が多いと言うか、逸話盛り過ぎだろ!と言うか、
主役3人の話じゃないのか?!というか。。。(既に正岡子規はこの時点で亡くなっていたが)
並行するとわかりやすかった。
が、やはり戦争シーンはリアル過ぎて早送り。そこに製作費をつぎ込んだのだろうが、見ていて辛い。
旅したサンクトペテルブルク(広瀬大尉が駐在)やシャンティイ城の厩舎(秋山好古が留学)ロケもあって嬉しかったが。

ソウルの景福宮にて、 閔妃暗殺(1895.10.8)の話をガイドさんから聞かされたことがある。
暗殺者の子孫である日本人たちが謝罪の為に墓参りに来たというニュースも知っている。
そこをスポット的に捉えたとしても、真意がつかめないが、
日清戦争で勝利し、力を増した軍部が、親ロ(ロシア)政策に切り替えた閔妃を暗殺。
19世紀末、世界は列強化し、怒涛のように強国が弱国を呑み込んでいった時代。
呑み込まれたくなければ攻めていくしかない時代。
その流れの中でこの事件があったのだと思うと、原因と結果も理解できるのだった。

お盆あたり一週間でドラマも本も完結。
次は四国松山の「坂の上の雲」ミュージアムを筆頭に、
秋山兄弟の生家や正岡子規記念館などにも行ってみたい想いが募っている。
でも近そうで遠い松山、なのだった。
そうそう、ドラマのエンドロールに流れるサラ・ブライトマンの「STAND ALONE」は秀逸。現在のヘビロテです。(サラ・ブライトマンのハミングが今はなくなってますが)

②ミニマリスト
同じくお盆期間に「ヒマなのでYouTubeでミニマリストの動画見てる。感化されていろいろ片付け始めたのよ」
という友人からのLINEが。
おおっ、彼女は二年前に親御さんのところから独立、
引っ越しを機にモノを淘汰して、自分の城を築いたのではなかったか。
自分の空間だけにあっと言う間にモノが増えたのか。

おかげで「YouTuber」なるモノ、知ってはいたけど興味もなかったモノに対峙。
「ミニマリスト」「ミニマリズム」で検索かけたら次々にヒットするもんですねー
ミニマリスト TAKERUさんの「ルームツアー」は面白く、
全国あちこち要請がかかれば自宅にお伺いして、ほとんどモノのない「ルーム」を「ツアー」して紹介。

清瀬の遊び人さん、過去動画では洗濯機しか家電はなかったのが、
TAKERUさんが伺った時は、洗濯機も撤去、手洗いをしているのだという。
もう笑うしかない・・・んだけど、本人は「快適です」。揺るぎないんだ。
これで結婚して同居人がいるとはとても思えないんだけど。
ま、TAKERUさんも新婚ですしね。

最初、友人の「あれもこれも捨て始めた」には、ウチは「捨てるモノないよ。もうすっきりしてるし(←うがちすぎ)」と反応しなかった。
が、洗面台の中にある、人からもらった健康食品を機にあれこれ処分スタート。
冬虫夏草、ブルーベリー、グルコサミン等々・・・
なんで人は自分で買ったモノを人にあげるのか。自分の健康に照らし合わせてわざわざ取り寄せて飲むのではないのか。
しかし私も私だな、もらったらなんとなくありがたい気になって、でも放置して数年。

次にキッチン。水筒、空のペットボトル、空の瓶。
過去泊ったホテルで頂いてきた、アメニティの数々(シャンプー、リンス、ボディシャンプー、洗顔料)は2月に使い始めて、
半年経った今、そろそろ尽き掛けた。これらだって消費期限はあるんだもの。

友人は「将来スケッチをしたいと思っていた色鉛筆も捨てようと思う」という。
「色鉛筆位場所取らないじゃない。持っててもいいんじゃない?」と返したが、
巷の片付けの常識「使えるモノを残すのではなく、使うモノを残す」に反しているな。
私だって、もうマニキュアの類はしないと、マニキュア&除光液も捨てたし。
でもですよ、家電の最後の砦、洗濯機を処分するのに比べればねー(笑)

ミニマリストの方々で共通する「持たないモノ」がテレビだ。
今回のレコーダー故障で、たまには「Noテレビデー」があってもいいかとは思ったが、
まだまだテレビっ子な私なので、手放せない!

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

# by seirisyunou-deux | 2019-08-28 13:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

この夏のダメージ二件

ブログって「ウェブログ」の略称なんですねー
先日の「Qさま!」で初めて知りました(笑)
そんなブログもほったらかし状態で💦

が、昨日今日とふたつのことが立て続けにあったので、
ショックが尾を引き、ここにしたためることに。この夏の覚書ですな。

ブルーレイレコーダー故障&コクゾウムシ発生!
このふたつだけで十分に同情を得るに違いないよねー

故障は週末前でよかったよ。
電話が繋がらない週末だったら、さらに出張修理が遅くなってしまうところだった。
修理が立て込んでて火曜日まではリアルタイムでテレビを観るしかない。。。
「慣れ」って恐ろしいモノで、CMのある民放はおろか、NHKですら録画してしまうので、
トイレタイムや息抜きもなしに続けて見ないといけないのねって感じです^^;;

次に今朝のコクゾウムシ退治!
昨秋キッチンリフォームと共に床の張替をしたので、
夏はそのパネルに座って床で新聞読みが気持ちいい。
ところが、「クネクネ 白 10mm未満」(←これで検索してコクゾウムシと特定した)が新聞を這うではないの!
すぐに処分したけど、いやー次々に眼について、
オーバーでもなんでもなく100匹以上殺処分(ゴキブリ殺虫剤とティッシュで)。
寝室や玄関にも足伸ばしていて(足ないけど)、もう愕然!
速攻性はなくまだ蠢いている状態でティッシュ(何枚使ったことか!)でつまんで捨てたが、
しばらくすると動かなくなるので捨てやすい(というのが外出から帰って来てわかった)。

正式は「ノシメマダラメイガの幼虫」。
穀物、豆類、ココア、チョコレート、ドライフルーツやその加工製品など、広い食性を持つ。
ということで、最近あまり食べなくなった米を全部処分。
米も私の中で確かにブームってのがあり、最近は麺類ばかりで。
3Kgは残っていたけど全捨て。

その後カーブスでこのことを話すと、
2Kgとか少ない単位で買うといいね、
米櫃に唐辛子入れるといいよ、
米は2Kgを買って袋のまま冷蔵庫の野菜室に入れるよ・・・
等々「おばあさんの知恵袋」じゃないけど、さすが「亀の甲より年の劫」。アドバイスの声々。
米櫃は使い途がなくなるかも知れないけど、虫発生は二度とごめん。
片栗粉はまだいいとして、小麦粉もすぐに虫が発生するので、冷蔵庫がいいと。
そう言えば人ん家でお好み焼きしようってことになり、
いざお好み焼き粉を出すと、虫いたもんな。
この夏は、いやこの夏も暑さ半端なかったので、虫も発生しやすかったか。

カーブスの帰りに「クモやムカデ、さまざまな種類の不快害虫までこれ1本 アース製薬 虫コロリアース」も買いましたさ。

マンションの8階だと、蚊は上がって来ないのと、
ゴキブリにはホウ酸団子で対応したので見なくなったのと。
でもまだ見知った(苦笑)虫の方がいいわー
これで全退治したとは到底思えないもの。

あー、気が弱いから今夜の夢に出て来そうだ。
そうでなくてもなんだか体が痒い。這い上がっては来てないよね?!
素足で歩くのも怖くて、スリッパを引っ張り出したし、
リビングに居たくなくて昼間からベッドルームに避難中。(どうせテレビも見られないし!←ヤケクソ)

この夏、逆に夢中になったことは「坂の上の雲」と「ミニマリスト」。このことは次回。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

# by seirisyunou-deux | 2019-08-24 12:50 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
八日目の朝、帰国の朝。
五月下旬、日の出も早い。6時台でこうだ。
ベルシー駅ではいつもの朝のように列車が走り出す。
左側の建物はオフィス兼住居っぽい。
a0176188_15302515.jpg

突き出た階上のテラスで人々がパーティをしていた。
もちろん近づこうにもセキュリティ万全で無理。

メトロ14号線も日曜朝ということもあり、人気がない。
a0176188_15303126.jpg

リヨン駅前からCDG空港行きシャトルバスに乗り込む。
行きと違って帰りは車も少なくあっという間に空港へ。

大韓航空はスカイチームなのでターミナル2へ。
建物に入るやコンビニがあったので、ここで朝食。
最後の100€札しかなかったし、当然拒否られると思ったので、
クロワッサンとコーヒーで5.05€(\630)の安さだったが、躊躇せずにカード払い。

近くに椅子を見つけて朝食を摂っている時のこと。ここは一階、到着ロビー。
インド系スタッフ数人が、人待ち顔の人々に「出迎え用」花を売っている。
ほほう、にわか雨の時の傘売りといい、家族や友人を迎える人たちの花売りといい、
グッドタイミングの商売。

さて。
帰りは芸能人に出くわすこともなく機内に入ったら、なんと大韓に乗ったつもりがまんまエールフランスだった。
共同運航とはよく聞くが、その相手先の飛行機なんだね、今回は。
但し、行きはアイマスク、歯磨きセット、機内用スリッパが座席に置かれていたので使わせてもらったが、
エールフランスではアメニティグッズ何もなし。

二回の機内食。可もなく不可もなく。
a0176188_15300139.jpg

a0176188_15300888.jpg

かつてのエールフランス、エコノミーでもワインが添えられていて、持って帰ったものだが、
わざわざ声かけて頂く程でもないしね。
いや、みなさん、よくアルコール追加オーダーされてます。
途中、酔いが回った乗客がいたようで、ギャレー前で倒れたらしい。
韓国人CAの「オットケー(どうしよう)!」の叫び声が聴こえた。
トイレに立つ際、見たがもう「騒動は回収」されてた(つまり席に戻っていた)。

行きの大韓では、初めて機内の地下階段を見た。CAたちがひとりずつ照明もない階段をゆっくり(ヒールのある靴だし)下りていって、必ずロックを確認。
飛行機には割と乗る方だと思っていたが、そう言えばCAたちの休憩場所って知らなかった。
底は荷物置き場だけじゃなかったのね。

これは去年出来た仁川空港第二ターミナル。
a0176188_15301449.jpg

a0176188_15301964.jpg

去年秋にLCCチェジュ航空の時に第二を利用したが、
今回はトランジット時間も長くて、シャワーを始めゆっくり利用したので。
やはりスカイチームが第二らしい。
四階にあるいくつかのフードコートでカード払い専門のところがあり、8,500W(\801)でメミルククスのランチ。辛いっ。
a0176188_15303715.jpg

そうそう、フランスの玄関CDG空港のトイレ苦情をここで吐き出させてくれ。
なんであんなに少なくて狭いんだ!女性用に並ぶ列が当然トイレの中で収まらなくて。通行人の行く手を阻む列。
ちょっと戻ったところに別のトイレあったなと向かったら、掃除中で入口に掃除用具カートを置いて、梃子でも入れさせぬ固い意志の完全封鎖だ。
その後、仁川空港で入ったトイレ、去年出来たこともあり新しく清潔でゆったり・・・は嬉しかったが、
大勢の利用客を想定したら自ずとこうなるだろう。
CDG空港もターミナル3まで増えているんだから、トイレ設計完全に誤っただろう!
スーパーマーケット級の広さではまずかっただろう!

お土産のすべて。今回程買わなかった旅も珍しい。
人へのお土産は一切買ってない。
左側:ピュイ・ド・ドームのマウスパッド、アミアンのスーパーで買ったソルト三種、
パリ蚤の市で値切ったにも関わらず拒否られた古いポストカード40枚。
右側:友人たちからのプレゼント。
天使柄オーナメント、プロヴァンスのラベンダー柄手提げ、ヴィシーの小皿、
1969年のカレンダー柄布地(布巾にしている)、亡き夫人の形見としてアザミのブローチとスカーフ、
ハーブティー。後、食卓に毎回出たエッフェル塔柄のナプキンは使わずに。
a0176188_15304440.jpg


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

# by seirisyunou-deux | 2019-07-03 15:43 | 旅(フランス) | Trackback | Comments(0)
オルセー美術館にはどっぷり3時間半程いたが、
予報通り雲行きが怪しくなりみるみるうちに雨。
出口よりなかなか踏み出せない人たちにすかさず傘屋が売りに来るってのがすごいね。
私は折り畳み傘を持っていたので歩き出すが、にわか雨でせいぜい30分程降っただろうか。
セーヌ川沿いに歩いていくと、シテ島のノートルダム寺院が見えるはず。
最後にここを見てカメラに収めて帰ろうっと。
a0176188_08015498.jpg

ポン・ヌフの柱の「愛の鎖」。ソウルタワーの方を先に知ったけれど。
重くなったら適時処分は当然でしょう。
a0176188_08014817.jpg

今年4月15日から未明にかけて火災が発生、尖塔が崩落したノートルダム寺院。
a0176188_08105403.jpg

    (これがパンフレットに載っている、従来のノートルダム寺院)
アミアンの世界遺産もノートルダム寺院。
「ノートルダム」は「我らが貴婦人(聖母マリア)の大聖堂」という意味だ。
それぞれ地名を冠する中で、パリのノートルダム寺院は地名を省いてもいい程、精神的支柱。
マクロンさんは5年以内(2024年がパリ夏季オリンピックの開催年なので)の
再建を公言しているがどうなんでしょうね。
a0176188_08020198.jpg

         (尖塔が後ろに見えない現在)
経過を見守るというよりは、現在どうなっているんだろうという好奇心故、
サン・ミシェル橋を渡ってシテ島に着いたものの、
物見遊山客はある程度近づけない模様。
居住者ならいざ知らず、フェンスが立て掛けられポリスが三人もいてガードしている。
a0176188_08021098.jpg

なのでそのまま橋を右岸まで渡り切り、近くのシャトレ駅からメトロ14号線でクール・サンテ・ミリオン駅まで戻って来た。
ちらっと頭の隅にあった「映画を観る」も疲労感満載の為パスして、ホテルへ。

クール・サンテ・ミリオン駅界隈、ニュースポットというには出来て数年経つ。
ワインの貯蔵庫が建ち並んでいた一帯を再開発したショッピング街、ベルシーヴィラージュ。
ここのオリーブ専門店や雑貨店でお土産購入した記憶があるが、
すっかり様変わりしていた。
レストランがメインで、ブティックが3件位。雑貨屋は見当たらない。
ここにラーメン屋があったのだが、隣りの店と違って閑散。一番安いラーメンで12€って。
どんだけのラーメンだよ!
オペラ座界隈には行く用事もなかったが、
日本にいる友人に「醤油が恋しいんだよー」と訴えたら、
「オペラ座には日本料理通りみたいなところがあるよ。ラーメンも美味しかったよ」って。
どうせオペラ座の方が高いのだろう。
あー、エッフェル塔も拝みもしなかったなー それはちょっと心残り。
次のフランスはいつになることだろう。
 

通路に貼られてあった写真の数々。
アラン・ドロンと婚約者ロミー・シュナイダーの一番幸せだった時期のよう。
a0176188_08210633.jpg

「勝手にしやがれ」、これそパリ。ジャン・ポール・ベルモンドとジーン・セバーグ。
ロミーもジーンもまだこれからという時に亡くなりましたね。
a0176188_08211977.jpg

若かりし頃のアニー・ジラルド。彼女も亡くなったな(2011年)。
a0176188_08212614.jpg

大好き、ジャン・コクトー。
a0176188_08211355.jpg

エディット・ピアフ(ピアフは「雀」の意味)。
a0176188_08213205.jpg

なので田舎の散歩途中に見つけたこの鳥の巣箱のメモ、彼女を思い出した。ここではほんとの「雀」。
a0176188_06412854.jpg

アメリカ人ダンサー、ジョゼフィン・ベイカー。
オルセー美術館の企画展「黒人モデル」の部屋で彼女の踊るシーンが映像で。
でもなんで上半身裸になる必要があったのだろう。
a0176188_08214057.jpg

フランス旅行「最後の晩餐」の店をこのベルシーヴィラージュで探したのだが、
結局、気安く入れた、前夜のチャイニーズに再び。
ひとり旅ってこんなもんですよ;;;;;
前日は「不景気を嘆いて」かずっとテーブルに突っ伏していたご主人(奥様だけ働かせて)だが、
再び入店すると、ご夫婦は当然私のことを覚えていて、にっこり挨拶。

前日はご飯だったので、焼きそばにする。
前菜は前日と全く同じようで、中身が違うのよー 鶏、豚、牛、魚と。
a0176188_08145954.jpg

a0176188_08150607.jpg

醤油味ベースなのでカモーン。フォークとナイフ付きだったのを箸を頼むと
「うんうん、そうだろう」って顔でご主人が持って来てくれる。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

# by seirisyunou-deux | 2019-07-02 08:28 | 旅(フランス) | Trackback | Comments(0)
蚤の市で出会った日本人の助言通り、
オルセー美術館ではまず最上階の五階から。ここに印象派絵画が揃っている。

メトロのチケット購入の機械ですら、ユーロ札を使えないモノがあるし、
ピュイ・ド・ドームのショップで、マウスパッドを購入しようとしてユーロ札出しても、
「カードない?」と訊かれる。
機械はもしかしたら、偽札防止目的かも知れないけど、
対人シーンでは実際、お釣りの用意がないのだろう。
オルセー美術館でも入場料をカード払い。14€(\1,747)。
日本よりカード化が進んでいる。
中国では屋台でもカード化されていると「未来世紀ジパング」で。

入場するとインフォメーションでエスカレーターの場所(一番奥)を訊いて、まっしぐら。
前回のオルセーはいつだったろうという位なのだが、明らかに配置は変わったね。
五階に到着するや、写真スポットがあって、ここで既に混雑。
a0176188_09003467.jpg

モンマルトルの丘や、ルーブル美術館、セーヌ川バトームーシュ等も見えて、
ああ、パリのど真ん中にいるんだなと感慨。
a0176188_09004155.jpg

a0176188_09005499.jpg

a0176188_14110529.jpg

a0176188_09004772.jpg

あそこの時計台から外を見てたんだね。
a0176188_09010398.jpg
 
a0176188_14112492.jpg

a0176188_14113081.jpg

a0176188_14113625.jpg

a0176188_14115763.jpg

企画展「LE MODELE NOIR」(黒人モデル)。「ジェリコからマティスまで」の副題。
チケットを見せる必要はないが、出入口にスタッフが常駐。
a0176188_14115078.jpg

中では空気が張り詰めた感じなのだ。
一番有名な絵画と言えば、マネ「オランピア」ではないだろうか。
a0176188_14163480.jpg

黒人モデルは大体下女か、奴隷か。
それが出口そばでは逆転した絵画を掛けていた。このブラックユーモア。
a0176188_14164042.jpg

a0176188_14164725.jpg

a0176188_14220069.jpg

a0176188_14220878.jpg

a0176188_14221640.jpg

a0176188_14222473.jpg

a0176188_14223250.jpg


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

# by seirisyunou-deux | 2019-07-01 14:23 | 旅(フランス) | Trackback | Comments(0)