There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

海を越えた旅を振り返って②

訪れた世界遺産(日本を除く)
【アメリカ地域】
グランド・キャニオン(アメリカ)★
a0176188_1356185.jpg

【アジア地域】
慶州石窟庵&仏国寺(韓国)
慶州歴史地域(韓国)
水原華城(韓国)★
万里の長城(中国)
北京天壇公園(中国)
北京頤和園(中国)
マカオ歴史地区(マカオ)
アグラ(インド)
タージ・マハル(インド)
デリークトゥブ・ミナール(インド)
イスタンブール歴史地区(トルコ) ★
ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ)★
ヒエロポリス・パムッカレ(トルコ)★
【アフリカ地域】
テトゥアン旧市街(モロッコ)
【ヨーロッパ地域】
ストーンヘンジ(英国)
バース市街(英国)★
エディンバラ旧市街(英国)
ローマ歴史地区(イタリア)
バチカン市国(バチカン市国)
フィレンツェ歴史地区(イタリア)
ピサのドゥオーモ(イタリア)
ヴェネチアとその潟(イタリア)★
ウィーン歴史地区(オーストリア)★
シェーンブルン宮殿とその庭園群(オーストリア)
アテネのアクロポリス(ギリシア)
ベルン旧市街(スイス)
コルドバ歴史地区(スペイン)★
グラナダのアルハンブラ(スペイン)★
ガウディの作品群(スペイン)★
セゴビア旧市街とローマ水道橋(スペイン)
古都トレド(スペイン)
セビージャの大聖堂(スペイン)
歴史的城砦都市クエンカ(スペイン)★
プラハ歴史地区(チェコ)★
ドナウ河畔・ブダ城地区(ハンガリー)★
モン・サン・ミッシェル(フランス)★
a0176188_1462062.jpg

シャルトル大聖堂(フランス)
ヴェルサイユ宮殿と庭園(フランス)
フォンテーヌブロー宮殿と庭園(フランス)
オランジュのローマ劇場と凱旋門(フランス)
アルルのローマ遺跡(フランス)
ナンシーのスタニスラス広場(フランス)
ポン・デュ・ガール・ローマ水道橋(フランス)
ストラスブールのグラン・ディル(フランス)
パリのセーヌ河畔(フランス)★
ランスのノートルダム大聖堂(フランス)
アヴィニョン歴史地区(フランス)
歴史的城塞都市カルカッソンヌ(フランス)
リヨン歴史地区(フランス)
サン・テミリオン地域(フランス)
ブリュッセルのグラン・プラス(ベルギー)
リスボンのジェロニモス修道院(ポルトガル)
シントラの文化的景観(ポルトガル)
ルクセンブルグの古い町並み(ルクセンブルグ)
(★はオススメ。機会があったら又行きたいところ)
韓国の安東に行きたいとずっと前から思っていたのに、
去年世界遺産に登録され、客足がぐっと増えたとか。
もっと早く行くべきだった、と後悔。

(世界遺産 Wikipedia)


旅行地ベスト10
オーベルニュ地方のシャンボン湖(フランス)・・・
日本のガイドブックでは忘れられたかのようなオーベルニュ地方。
でも、観光化されていないひっそりしたところに、「楽園」みたいな湖があって。
似た雰囲気のところを最近発見!それは大分の志高湖!
モン・サン・ミッシェル(フランス)・・・潮の干満次第で海に浮かぶ島になる
サン・テ・ミリオン(フランス)・・・ボルドーワインで有名な中世の村
リール・シュル・ラ・ソルグ(フランス)・・・南仏のアンティーク市で有名な小都市
a0176188_1423878.jpg

アルビ(フランス)・・・ロートレックの生地
オンフルール(フランス)・・・エリック・サティの生地&画家たちの愛した港
オーヴェル・シュル・オワーズ(フランス)・・・ゴッホの最後の地、麦畑
レ・ボー・ド・プロヴァンス(フランス)・・・「兵どもが夢の跡」を想う、南仏の荒野
ルールマラン(フランス)・・・アルベール・カミュが眠る村。
「フランスで一番美しい村」のひとつ
あらら、必然的にフランスOnlyになってしまいまして。。。
だったら、
ソウル・・・を入れてみましょうか^^;;;;(だって、今興味が尽きない街なので)

「一人で行く人は今すぐにでも出発できるが、
他人と一緒に旅する人は他人が準備するまで待たなければならない」

(By ソロー:思想家)

(※整理収納とは関係ない旅ネタ、しつこくも次がLASTです~^^)
(Y.F.)
【整理収納 Deux】
[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/12056818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2011-02-05 13:50 | 旅(雑記) | Trackback | Comments(0)