There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

海の向こうでお墓詣り(後)

昨日まで太宰府の九州国立博物館で開催されてた「ゴッホ展」。
近いワケでもないし、なんとなく行くチャンスを逃してしまったけど。
(中身より「行列」が話題だったようだし。並ぶのキライ( -_-))
「画家で誰が一番好き?」と聞かれれば、
ゴッホの名が挙がることはないが(他に好きな画家達が多数いるので)、
もしかしてゆかりの地を訪ねた回数が一番多いのはゴッホかも。
アムステルダムでの「ゴッホ・ミュージアム」に始まり、
ゴーギャンとの共同生活が始まり、又破綻したアルル。
それとパリ近郊のオーヴェル・シュル・オワーズのお墓詣り。

五月の初め。緯度の高いフランスでは夜9時過ぎまで明るくて、
夕食後、散歩がてら墓地を訪れた。
田舎のそれも夜の8時前ぐらいだったので、ひと気はなく、
ただ風がさわさわと吹いていて。
麦畑に囲まれたロケーション。
イメージは、その旅の途中で買ったスティングの「Fields Of Gold」。
この曲を聴くと、’93のこの地点に私は立ち戻ってしまう。。。
スティングの「Fields Of Gold」

ゴッホの墓はどこだろう、と端から順々に探していったら・・・
こちらが無知なこともあったんだけど、あれだけの”有名画家”だから、
きっと注意を引くような派手な墓だと思ってたんだろう。
花もいっぱい手向けてあってすぐわかるだろうと。
ところが・・・
彼の墓は弟テオの墓と同じシンプルなもので、「ここに眠る」とだけ。
献花を拒むかのように、アイビーに覆われて。
a0176188_8193613.jpg

生前たった4枚の絵画しか売れず、孤独のうちに亡くなっていったゴッホ。

'93のその旅は初めての南仏中心で、シャガール、マティス、コクトー、
ピカソ、ルノワールなど南仏にゆかりのある画家たちのミュージアムを訪れた旅。
偶然、硲伊之助画伯の夫人と知り合うことにもなり、
旅のテーマは”絵画”と言ってもいいくらい。
カーニュ・シュル・メールのルノワールが晩年過ごした家を訪ねた時、
リューマチで苦しみながらも、作品は評価され、家族には恵まれ、幸せな
一生であったろうと、海を見下ろす邸宅の庭で思ったものだった。
そんなルノワールとは対照的な生き方だったゴッホ。

・・・想いが頭をぐるぐる駆け回って滂沱の涙。
というオソマツ。
a0176188_8201243.jpg


いつか訪れてみたいお墓は3つ。
・ドイツ、ベルリンのマレーネ・ディートリッヒ。
・フランス、ミリー・ラ・フォレのジャン・コクトー。
・スイス、トロシュナ村のオードリー・ヘプバーン。
(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/12109959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すえのぶ at 2011-02-14 10:05 x
最近BSで、

「ゴッホ」や「ゴーギャン」の

特集をやってましたよね。

でも、

記憶もとぎれとぎれで、

定かではありません、

残念。

もっと真剣に観てたら、よかったな。


田舎の夜、ひと気はなく、

ただ風がさわさわと吹いていて。

麦畑に囲まれたロケーション。

たスティングの「Fields Of Gold」。

そこに佇むY子さん


感動的な一枚の名画が

イメージされます。



・・・想いが頭をぐるぐる駆け回って滂沱の涙。

‥とありますが、

墓前の前のY子さんに

ゴッホは何を語ってきたのでしょうか?



Y子さん自身は

絵は描かれないのですか?
Commented by seirisyunou-deux at 2011-02-14 19:51
ゴッホは黙して語らず、
私が一方的に、
生前報われなかった画家人生に同情してしまった、
ということでしょうかね。不遜ですけど。
私の画家人生(?)は小学生時代をピークに高校卒業と同時に、
ピリオドを終えました。
小学校で描いた絵は、姉妹都市だったアメリカの某都市の
某小学校に貰われていったんですけどね( -_-)
by seirisyunou-deux | 2011-02-14 08:21 | 旅(フランス) | Trackback | Comments(2)