There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

飛行機(フライト)雑感②

ENGINE TROUBLE
以前ちょっと触れたグアムからの帰り。
仕事がらみの6人旅だったけど、都合で4人(A飛行機)と2人(B飛行機)に分かれた。
私は後者。
で、一足お先の我ら2人組の帰路、食後のコーヒー飲んでる最中、
かつてない揺れ幅の衝撃が。
コーヒーこぼすところだったけど、いつものタービュランスかと。
直後、酸素マスクが上からバラバラ降ってきて、あら一大事かも、と青ざめる。
まもなくアナウンス。
「第二エンジントラブルでグアムに引き返します」。
うっそー 二度とグアムなんか行きたくないのに・・・
突き刺さる太陽光と高湿度(;_;)
時間の経過からすると絶対的に福岡への距離が近かったが、
アメリカの航空会社故、メンテナンスは自国での方針だと後に聞く。

グアム空港に着陸した途端、スッチーが「Welcome To Guam!」
・・・・機内大爆笑。
また翌朝5時台に再び起こされて、同じ便。
前日Uターンした乗客たちに優先事項も全くなく、福岡へ。
グアムへはもう三度と行かない(きっぱり)。
a0176188_843691.jpg


LOST&FOUND
姉とスイス航空で東欧の旅に出かけたその出発地、成田。
チェックインするときに、姉の荷物がタグなしに運ばれて行ってしまう。
係官のうっかりミス。なのに、
「無事ウィーンに届くことを3人で祈りましょう」と戯けたことを。
チューリッヒでトランジット、最終地ウィーンに着いて、出てきたのは私の荷物だけ。
ここでまさか”LOST&FOUND”を利用することになるとは・・・
しかしさすがスイス航空、アフターケアは万全でした。
メジャーキャリアかマイナー(ローコスト)キャリアかの差は
このアフターケアにあるとはよく言われる。
何も問題なくスルーできたらそりゃ安い方がいいでしょうけど。

次々に人がドアの向こうに消えていき、私達と係官。
巨大空間にガラーンと3人・・・この心細さってなかったな。
ウィーンの宿も決めてなかったので、係官にはホテル名を伝えねば。
すぐめぼしいのが予約できて、そこで待つこと二日。
ちゃんとホテルに届けてくれました。
どうやら、成田の列の前の男性のフライト先、シアトルに一緒に運ばれた模様。
太平洋を越え、大西洋も越え、結果的に世界一周することになったバゲッジというわけ。
その間、私の服を貸してあげたり、スーパーに下着買いに行ったり。
文明都市で助かりました。
 
違う旅で、やはり関西国際空港でロスト・バゲッジの人たちがいた。
関空がオープンした日から1週間以内にトルコに行った時のこと。
当初、トルコ航空利用のツアーだったのに、
直前になり飛行機の準備不十分を理由にキャンセル。
代替フライトで乗り継ぎだらけの変則ルートに。
行きは日本航空でロンドン、そこで一泊、
翌朝ルフトハンザでフランクフルト経由トルコ、イズミールへ。
帰りはイスタンブールから、ギリシアオリンピック航空でアテネ経由ロンドン、
ロンドンからは日本航空で関空へ、というもの。
航空会社が二社絡むと、どこで荷物が滞ってしまったか、
あるいは運ばれてしまったかを究明するのは大変。
同じツアーの人たちだっただけに、その後が気になって。

最近は長距離フライトからも遠ざかり、
飛行機にまつわるエピソードも増えていない。
楽しいハプニングは歓迎だが、苦い思いが蘇るトラブルだけは避けたいもの。
Travel is not trouble!
a0176188_822349.jpg


(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/12177408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すえのぶ at 2011-02-25 21:41 x
荷物だけが、

地球を一周するなんて

困りますよね。


今となっては

…笑い話で、

すまされるけど。

今のY子さんでしたら、

多少のトラブルなんか

動揺することなく冷静に

処理されるんでしょうね


トラブルに

巻きこまれたけど、

逆に、

ラッキーだったってこと

ありましたか?


カップラーメンと餃子の

機内食には、驚きました



ぼくの知らない

楽しい話はかりです。

ありがとう。
Commented by seirisyunou-deux at 2011-02-26 08:55
トラブルに巻き込まれたけど逆にラッキーだったこと。。。
「災い転じて福となす」・・・うーん、すぐには出てこないんですよね。
小さなトラブルは数知れなかったけど、
今となってはその旅を印象づけるエッセンスのようなもの。
ベルトコンベアーで運ばれるようなパックツアーに
面白味を見出せないのも、そんなところですね。
印象に残らない旅ほどつまらないものはない、を持論に。
なので、印象づいてラッキーだったということにしましょうか。
by seirisyunou-deux | 2011-02-25 07:52 | 旅(雑記) | Trackback | Comments(2)