There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

旅の記憶~ワイン・ビール~

ワイン
ポルトガル、リスボンのアルファマ地区にファドを聴きに行った夜。
ファドとはポルトガルの民族歌謡。
「運命、宿命」を意味するので、ちょっと切なげな歌が多い。
アマリア・ロドリゲスが有名。
スペイン、グラナダはアルハンブラで知り合った女の子と
リスボンまで一緒に国境を越えた。
お互いの経済事情の違いで、別々のホテルにチェック・イン
(私は前夜が車中泊だった為、体を労りたかった)。
それでも、「ファドを一緒に聴きに行こう」ってことになる。
夜の8時はここではまだ宵の口。
9時半からファドは始まり、真打になると夜も更けた頃に登場。
2人で魚介類やエビ入りオムレツをつまみながら、本場のファドに浸りながら、
マテウス・ロゼを一本空にした。(飲めない口なのに。。。)
宿とファドのダブルのささやかな贅沢。

店に入る前、空の色が青から濃紺に変わる様のあまりの美しさに驚嘆するが、
12時前に店を出る時は土砂降り。
そんな気まぐれ天気とファドとワイン。
この三点セットで、私の心は束の間、リスボンに飛んでいく。
a0176188_8172753.jpg

ビール
チェコスロヴァキア、プラハのビアホール、ウ・トマス。カフカの生家の近く。
’88年のこと。
テーブルが合い席となり、恰幅のいいおにいさんたち2人の前に座らされる。
つまみもなく、ただひたすら大ジョッキで流し込んでいる彼ら。
聞いてみると、東ドイツ、ライプチヒ近郊在住で、
タクシードライバーと電気修理工。
車でプラハに来て、キャンプ場で寝泊りをしているという。
実はこの旅で、姉の友人である東ドイツ人の男性とプラハで待ち合わせたのだが、
彼も又、宿泊所はホテルでなく、郊外のキャンプ場。
「東ドイツ旅行者のプラハでの過ごし方」の共通マニュアルでもあったんだろうか。
多分、私らが泊まったというか、
国が西側の観光客に提供(兼管理)したホテルは、
高すぎて手が出なかったに違いない。

その翌年、世界はドラスチックな時代の潮流を迎えることになる。
ベルリンの壁崩壊・・・
a0176188_822242.jpg
その兆しを彼らが感じていたかは知る由もないが、
「君たち(=私ら)はいろんなところに行けてうらやましいね。
僕らが行けるところはソ連、チェコスロヴァキア、
ブルガリア、ポーランド、ルーマニア、
ハンガリーだけ」。
ユーゴスラヴィアは東側でも比較的自由だったので
、(逃亡の怖れで?)出国許可されないという。

上記の中で、チェコスロヴァキア、東ドイツ、ソ連、
ユーゴスラヴィアの国名は今は存在しない。
「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」。。。

その間もただビールだけをお代わりしていた。
ウェイターはお代わり持ってくるたびに、伝票に横棒(-)を書きこんでいる。
その棒の数と言ったら!20はあっただろうか?


(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/12182805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すえのぶ at 2011-02-26 14:42 x
「ベルリンの壁の崩壊」

を、TVニュースの

映像で初めて知った時、

凄いショックを

受けました。



「ゆく河の流れは

絶えずして、

しかも

もとの水にあらず……。



「プラハの春」から

「ベルリンの壁崩壊」へ


水が高いほうから

低いほうに流れるように


自然な流れだっのかなぁ。



今年から

なぜか始めた

「禁酒、禁煙」


「禁酒」のほうは、

まだ、なんとか

続いてますが…。


「アマリア・ロドリゲス」

残念ながら、携帯では

再現できませんでした。
Commented by seirisyunou-deux at 2011-02-27 07:34
ビアホールを出た後は、「プラハの春」の舞台となった、
大通りをほろ酔い加減で歩きました。
そこは、ソ連が戦車で軍事介入した通りでもあり、
砲弾の痕も生々しい博物館が通りを見下ろす形で立っています。
「歴史は面白い」と片付けては、
それこそ歴史の主人公たちには失礼ですけどね。。。
by seirisyunou-deux | 2011-02-26 08:14 | 旅(雑記) | Trackback | Comments(2)