There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

旅の記憶~コーヒー・紅茶~

コーヒー
日常、朝起きてまずすることは歯磨きより洗顔よりコーヒーを淹れること。
そんな私の旅の重要なポイントはおいしいコーヒーが飲める国。
 
スペインは当時100円ぐらいで、おいしいカフェ・コン・レチェ(レチェ:牛乳)が
飲める。それだけで旅に弾みが出る(←なんと単純思考だろう)。
熱い牛乳を泡立てたストロングコーヒー。
これを飲まない日はなく、
同じサイズのカップでも地方毎に値段が変わるのが見てとれた。
アンダルシアは安く、カタルーニャは高い。
フランスに入ると、カフェ・オー・レと名前を変え、柔らかい印象になる。
 
20代の頃、友人と行った中国。
あちらではコーヒーも飲めないらしいと聞いてたので、
同じくコーヒー通の友人がネスカフェを持参。
インスタントでも飲めないよりマシ、とばかりにホテルの部屋で飲んだものだった。

いくらコーヒーと名がついたって、アメリカンは頂けない。
映画「バグダッド・カフェ」で、ドイツ人観光客の女性がアメリカのコーヒーを
指して、「Brown water(茶色の水)」と称したのもうなづける。

ドイツの家庭で食べたランチのメニュー。メモによると・・・
 ① トマト・スープの前菜。サワークリームとクルトンが浮かんでいる。
 ② 巨大なカリフラワーの塩茹で。
圧力鍋でゆでたもので、あまりのおいしさにお替り!
 ③ ズッキーニをゆでて、バジリコ入りソ-スをかけたもの。
 ④ ミートローフにポテトのつけ合わせ。おいしい!
 ⑤ ケーキ。こってり甘い。
 ⑥ ストロング・コーヒー(わざわざ”ストロング”と書くとはよっぽど濃かったのか)
a0176188_714192.jpg

     (トルコツアーのバス車内で行われた「トルコ知識クイズ」にて優勝!
      獲得した賞品のコーヒー沸かし)

紅茶
自慢ではないが、私は「トイレはどこですか?」の各国語ヴァージョンが言える。
トイレが近い私には、これは必須キーワード。
英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語。
どうだっ(笑)!

トイレにまつわる思い出2つ。
リスボンのガラクタ市にて。
急にもよおしてきて、ある一軒のギャラリーに飛びこむ。
私のせっぱつまった表情ですぐトイレを貸してくれたオーナー氏。
トイレから出てくるや、
オーナー氏がニヤリとしながらポルトガル語のレッスンが始まって。
「『トイレはどこですか?』・・・Repeat after me!」って感じで。
スコットランド地方グラスゴー。
レンタカーでのドライブ旅行だったので、とにかくグラスコー市内に入るや、
大きな公共っぽい建物そばに駐車して飛びこむ。
いきなり出会ったおじいさんに「トイレどこ?」と聞いて、済ませた後。
文字通りニマーッと笑うおじいさんと何度も目が合って。
で、そこは思いがけず交通博物館というオモシロミュージアムで、
「転んでもタダでは起きない」のフレーズが頭を過ぎった。
おじいさんは監視員だったわけ。

①は紅茶が原因ではない。きっと前夜の食べ過ぎ?
②の原因は明らかにその朝B&Bで二杯飲んだ紅茶。
美味しいからお代わりするんだけど、後がコワ~イ。

それでも、郷に入れば郷に従え。
トルコで初めて飲んだ甘いチャイも不思議と気に入りました。
コーヒーにも紅茶にもお砂糖を入れないけど、あのチャイだけは許すよ(←何様?!)。
a0176188_713669.jpg

           (イスタンブールのバザールで買ったチャイ・セット)

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/12188259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すえのぶ at 2011-02-27 17:45 x
ぼくの朝も、

早朝散歩前の

一杯の

インスタントコーヒー

から始まりますが、

この瞬間こそが、

「禁煙」が破られる

魔の時間帯なんです。


(問題)

日本を含む、

世界各国のコーヒーを

飲み比べました。

比較的味の薄かった

コーヒーの産地は?




(答)


国内(濃くない)




インスタントコーヒーの

美味しい作り方って

ありますか?
Commented by seirisyunou-deux at 2011-03-01 07:39
Quizはひとりツッコミでしょうか(笑)?
インスタントコーヒーは会社勤め時代を終えてからは、
縁がありません。
その時も、スプーン山盛2杯は必須でしたけどねぇ。
by seirisyunou-deux | 2011-02-27 07:23 | 旅(雑記) | Trackback | Comments(2)