There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

お気に入りのモノたち~猫グッズ~

先週BSプレミアムで四夜に渡ってやってた
「おまえなしでは生きていけない~猫を愛した芸術家の物語」。
第一夜:レオナール・フジタと猫
第二夜:内田百閒と猫ノラや
第三夜:向田邦子と猫マミオ
第四夜:夏目漱石と福猫

この中では特にフジタが好き。
フランスのランスにある、彼が眠るフジタ礼拝堂に行ったぐらい。
例の乳白色の聖母子の微笑みが見られる。
が、作成当時80歳の凄まじき芸術家魂がビハインドストーリーとしてある。
a0176188_8133850.jpg

そんなフジタは前回も一枚紹介したが、今回は猫の2枚。
これも玄関に飾っている。
「カフェ」は’87「生誕100年記念展」で買ったものだが、
これら2枚は’09「没後40年記念展」で購入したもの。

私の猫好きを知る人たちから頂いたモノたち。
a0176188_8132315.jpg

右から・・・
深井和子さんの猫、
縮緬で作ってくれた友人手作りの猫、
ねこまた工房の猫、
一番左は不明。
こういう「誰からもらったか不明なプレゼント」も
整理収納の看板を掲げる者としては甚だ不本意。
でもごめんなさい、誰が私にくれたんでしょう?

猫雑誌は買わないけど、猫に関する一冊はちょっと宝物的存在。
a0176188_81938.jpg

ポール・ギャリコ「猫語の教科書」(右)。
第一章の「人間の家をのっとる方法」なんて、笑いながら涙してしまう。
あとがきは漫画家の大島弓子さん。文章でなく漫画を。ホロっと来ます。

本の紹介ついでに、唯一ある「犬グッズ」も。
イワサキユキオ「Say Hello!」(左)。
これは、糸井重里氏の飼い犬ジャックラッセルテリアのブイヨンが
まだ「ニコ」という名前だった時のストーリー性のある写真集。
「犬もキライではない」⇒「犬も好き」の”昇格”のキッカケを与えてくれたブイヨン

猫に対しては「おまえなしでは生きていけない」。


(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/13008148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mipeche at 2011-07-04 16:42 x
一番左端は私からです。私もどうやって手元にあるのか不明ですが、こもニャンコはお雛様と一緒にそちらに言ったはずです
Commented by seirisyunou-deux at 2011-07-04 17:35
あ、そうなんだ!ありがとう!
最近頂いた感じだけはしてたんだけどね。
福岡から北九州にやってきたモノたち、どんどん増えてますわね。
by seirisyunou-deux | 2011-07-02 08:22 | お気に入り | Trackback | Comments(2)