There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

「あんしん情報セット」@北九州市

先日の宮崎先生による「生前整理」講座で、聴講生のひとりが情報発信していた、
タンブラー型の「あんしん情報セット」。
a0176188_20385767.jpg

あ、実家にあったものだ、コレ。
冷蔵庫の扉に「入っています」のマグネット。
「何、これ?」とその時も母親に訊いたのだった。
民生委員の人が、「ひとり暮らしの高齢者」に対して、福岡市が配布しているという。
緊急時の時、救急隊員がウチに上がって、
口がきけない状態の母親の生年月日、かかりつけ医院、
緊急連絡先・・・などの情報を書いた紙を冷蔵庫内の筒から出して確認するとのこと。
”冷蔵庫”で統一しているのは、勝手を知らない救急隊員でも、
ここだけは探せるからね。

ふーん、便利なモノが出来て安心、と思っていたら、
北九州も3年前ぐらいから取り組んでいるとか。
多分、全国的に取り組み始めているところなんだろう。

上記の講座で「えっ、何それ?」「どこで手に入るんですか?」と
みなさんすぐに食い付いて来たので、
後学の為に小倉北区役所に行ってサンプルを頂いてきた。
窓口の説明では、
やはり基本は「ひとり暮らしの高齢者」。
家族との同居ならば、緊急時は家族がいれば・・・とのこと。
ある程度の事情があれば、家族との同居の方でも配布します、と。
民生委員が「高齢者のひとり暮らし」の家を一軒一軒訪ねて、
少しずつ広げて行っているところ。去年は小倉北区だけでも万単位で配布したらしい。

ヘルパー先で見かけたことがないのだが、
要介護や要支援ならば、
居宅介護支援事務所や地域包括支援センターとのパイプがあるから、逆に不要なんだと。
ウチの母の様に、認定されていないがいつ何時倒れるかわからない人対象だと。

注意点はふたつ。
①かかりつけ医院や投薬、緊急連絡先も一年に一度は見直して更新。
②冷蔵庫に詰めすぎず、探しやすい場所に。

②なんだけど、クライアント先でも開けたらどどどっと中身が崩れ落ちてくることがあって、
そんな冷蔵庫は困る。
ポケット(扉)側の一番手前に置くとすぐ見つけられるよね。

(Y.F.)
【整理収納やハウスキーピングのご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/17351207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2013-02-21 20:31 | 雑感 | Trackback | Comments(0)