人気ブログランキング |

There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

「赤毛のアン」展と昭和館二本立て

北九州市立文学館で開催中の、正式名「モンゴメリと花子の毛のアン」展に
行ってきた。
a0176188_203765.jpg

来月の村岡恵理さん(「花子とアン」原案者)の講演会の抽選に外れて、
代わりに企画展の無料招待券が届いたので。
オープニングイベントに、村岡花子氏のもうひとりのお孫さん、美枝さんのトークが
あったようだが、仕事とダブっちゃって。。。

朝一で人が少なかったせいで、じっくり向き合えた。
モンゴメリ、村岡花子以外に、「腹心の友」ふたり、柳原白蓮と片山広子の紹介まで。
モンゴメリの直筆原稿まであった。何故タイプライター使わなかった?
悪いけど、すっごく読みにくくて;;;
各人のビデオ等もちゃんとこなしたら、一時間半も経ってしまっていた。

「赤毛のアン」の中の、数々の村岡花子氏の名訳紹介は面白かったな。
「歓喜の白路」「輝く湖水」「腹心の友」「想像の余地」
「たゆとう小舟の白ゆり姫」「ふくらんだ袖」「おごそかな誓い」・・・
何より、マシューおじさんの「そうさな・・・」
原文は”Well,you・・・”

おみやげはポストカード5枚。
何かを楽しみにして待つということが、
そのうれしいことの半分にあたるのよ。

a0176188_20535245.jpg

こんな朝には ただただ世界が好きで
たまらないという気がしない?

a0176188_20533744.jpg

・・・こんなピュアな感情を持てるアンが羨ましい。

ところが。
その後に行った、昭和館の「アンを探して」では、
紺野まひるに「アンなんて嫌い」と言わせていた。
プリンス・エドワード島といえば赤毛のアン、という図式がイヤで、
異なる企画書を出すが、没にされたと落ち込む編集者役。
a0176188_20571461.jpg

もう一本の「少女は自転車に乗って」。
これ、サウジアラビア映画。
映画館がない国で映画が作られた、という事実!
カナダやサウジアラビアまで想いが飛んだ一日。

(Y.F.)
【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/19939218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2014-06-26 20:39 | 雑感 | Trackback | Comments(0)