There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

乳がん検診

ブログ記事にするにはかなり個人的なコトだけど、
先日投函されたフリーペーパー「リビング北九州」の一面記事は、
「母の日は”ちち”の日」。
乳がん検診のススメを提言していたし、
芸能人もピンクリボンを胸につけて、「乳がん撲滅キャンペーン」の
一環を担ったりして、メジャーにはなっているようなので。。。
不安材料があって、定期検診に出かけたというコトね。

まだ一度も乳がん検診を受けたことがない60代の友人に驚いたものだが、
うちの母親も受けたことがないという。
「もう今更乳がん検診受けたところで(先が短いのに)・・・」ということらしい。

医者曰く、
「1950年台は栄養も行き届かなくて、乳がんになるのは
50人に1人でしたが、
現在は14人に1人の割合で、なる確率も高くなっています。
戦後の日本がまだ低い時代に、欧米は既に高く、
現在アメリカやイギリスは8人に1人。
高栄養と高カロリーが肥満を生むが、同時に乳がん患者も生んでいます。
「去年、ここの一番若い患者は25歳の方でしたが、
30代になるとぐんと多くなり、40、50代も多く、
97歳で乳がんになられた方もいらっしゃいます。」
乳腺エコーの処置をしながら、淡々と話す彼。そう、医者は男性!

いや、どうせ医者と患者の関係でしかないし、
もうここ5~6年ほど通っているので、過去データもあるし、
今更病院を変えるほどでもない。

マンモグラフィ、触診、エコーの結果は問題もなく、一安心。
そうなると気持ちもUPするので、
次にホームセンターで植物の苗を3、000円以上購入♪

先日、帰省した折、母親の「CAVI(キャビィ)検査」に付き添った。
動脈の硬さの程度や、動脈の詰りの程度などを測る、年一の検査だ。
最近、家の中でふらふらするので心配だったとのこと。
ところが結果が何事もなかったので、
帰りのスーパーで気分よくどーんと買い物(って言ってもたかが知れてるけど)する母。
ま、その気持ちと同じってことだなぁ。


医者がさらに言うには、
「最近、ずっと病院知らずの、元気にバリバリ仕事をしていた女性が、
ある日4cmものしこりに気づいて、
その4日後にウチに来られて、乳がんと判明、すぐ手術となりました。
まさかというお気持ちのようでした。
健康を過信していたとおっしゃっていました」って。

乳がんは痛みを伴わないことが多いので、
だからこそ、常に自己触診で「あれ?いつもと違う」ことに気づくコトが大切。
それもだけど、定期検診だって、安心材料を得る為のもの。

ホームセンターの帰りは、久しぶりのカーブス。
5月は「筋肉チェック」の月で、こちらはまさかの「30代前半」という結果が^^
3か月に1度で、2月に始まったばかりだが、
上体起こし(腹筋)の回数が前回よりよかったのだ\(^o^)/!
ちなみに30秒で19回

定期検診とスポーツ、元気に年を重ねて行こうと痛感したエピソード2つ。

(Y.F.)
【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/21216803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2015-05-11 20:49 | 雑感 | Trackback | Comments(0)