There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

太宰府&大川へプチトリップ①

太宰府国立博物館「大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史
のチケットを頂いたので、土曜日に行って来た。
ついでにその近辺で泊まろうかということになったのだが、
まだ夏休み中ってこともあり、二日市温泉は予約が満杯のところが多々、
ルートイングランティア大宰府」という、
以前友人にランチ付き温泉に連れていってもらった、
まさにその、山の中腹に位置するホテルにお泊りすることに。

そこで、私の(アンビリーバボーな)連発ミスで、
30年も愛用しているピアスの片方を紛失&サマーショールを部屋に忘れたのだった。
温泉のどこかで紛失したっぽいピアスは、
もう、いいか、30年だしな、いや、でも、ダメ元で・・・と逡巡。
翌朝のチェックアウト時に、「もし出てきたら電話下さい」と言いおいて出た。
そして、それから1時間ほど経って、
大川の観光に出かけて、降車時、「あれ、私、ショールどうしたっけ?」。
前日の太宰府天満宮でも残暑厳しく、日焼け防止で首に巻いていたよね・・・
あ、部屋に着くや否や、洗って入口そばの小タンスに掛けたんだっけ\(>o<)/

途中、ホテルから電話があって、
「ピアスが見つかりました」はよかったけど、
「ショールも忘れたんですよぉ。それも同時に着払いで送って頂けますか?」
「いえいえ、それは心配されなくていいですよ」
部屋の掃除は進行形らしく、まだ届いてはいないとのこと。
相方には”ふたつも”忘れ物した・・・・とはさすがに言い辛く、
「ピアス見つかったので送ってくれるって♪
やっぱり日頃の行いがいいとこうなんだよねー」
と、さも”ひとつ”のことのように^^;;;

そして、今朝9時過ぎ。
宅急便が届いた。えー、誰からだろう?
心当たりがないまましばし待っていると、
なんとホテルから。えーっ、何?この迅速さ!
ピアスとショールを手にした時、もうそりゃじわーっと来ました!
昨日の今日、ですよ~\(^o^)/!
そして、あまりにありがたくて、ホテルには感謝の意をすぐ伝えましたよ、
ホームページから。
真のホスピタリティに触れた想い。

さて。
大英博物館展。
イギリスに三度も出かけて、その大英博物館に行くのパスしたのも私ぐらいでしょうか。。。
一度なんて、ロンドンにすら行ってないですから
(フランスのル・アーブルからポーツマスにて入国、それが出国のルートでもある)。

初めて触れる博物館の展示品。
夏休みで土曜の1時過ぎってこともあって、かなりの混雑ぶり。
そりゃ、出し物が魅惑的だしねー
しかし、100点しっかり見て来たかというと・・・
近づけもせず、遠くで確認したモノもあり。

「ウルのスタンダード」(紀元前2500年頃、イラク)はよかった。
a0176188_19225162.jpg

いつの世も、支配層と被支配層に分かれ、
「戦争」と「平和」がテーマであり得る。
紀元前であれ、21世紀であれ。
いつか現地で再会したいものです。
鳥の首のような美しいフォルムの透明のアールデコ(フランス)-欲しい-にも。
a0176188_19233621.jpg

精巧過ぎてデスマスクみたいなイフェの像(ナイジェリア)にも。
a0176188_1924496.jpg

奴隷貨幣(ナイジェリア)-これはツライ-にも。
a0176188_19241415.jpg

100点もの展示物の紹介ページだけど、
デイビッド・ホックニーの「絵」(94)だけがぼやけてました(笑)
見たからこそ、あ、ここはぼかさなきゃいけないのね、と。

この後、太宰府天満宮の方に降りて行き、
スターバックスコーヒー 太宰府天満宮表参道店でコーヒーブレイク。
a0176188_19293616.jpg

a0176188_2004494.jpg

ソウル仁寺洞のスタバは、周りとの調和で英文字が使われていないが、
建物自体のインテリア・デザイン性はそれほど強くない。
a0176188_19251829.jpg

もう閉店して、行きそびれた北京紫禁城内のスタバ。
a0176188_19261393.jpg

スタバも名のある建築家にデザイン頼んだりして、
個性は打ち出していいのねー

(Y.F.)
【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】
[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/21578323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2015-08-24 19:30 | おでかけ | Trackback | Comments(0)