There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

晩秋というか初冬のソウル旅-初日③

カフェを出る頃、さらに雨脚が強くなっていた。
前を歩いていた、ハイキングから帰る中年グループが「景福宮を通ろう」と言ってたので、
こちらも倣う。
カフェからは車道を挟んで景福宮の西側横の壁が見える。
景福宮の正面に行くには、西側の出入口からショートカットコースがある。
入場料を払う王宮とは違う、ただの通り口。
水溜りもあちこちに出来る土の広場だ。
正面は軒があり、傘を持たない(というかこの雨は予報外?)多くの観光客が
その一歩を踏み出すのに躊躇し雨宿り。
いや、でもこの日はさらに激しく雷雨ともなりましたから。
雨が一時上がってもいないと思われる。

アメリカ大使館の裏手を経由してホテルへ戻る。さすが警官多いです。
部屋へ戻ってもパートナーは到着していない。
ホテルのフリーWiFiで関西から出発が遅れたことを知る。
今回、二人ともLCCを利用してみた。
去年北九州空港から釜山に飛んだのも、韓国のLCCで大韓航空系ジンエアー。
パートナーはチェジュ航空。
今年除隊が続いた、東方神起のふたりがイメージキャラクターを務めている。
a0176188_15383890.jpg
予約すれば機内食&東方神起オリジナルグッズが提供されるそうだが、
「せっかく安いLCCにしたのに、フライト料金に近い機内食!」とのこと。
ま、どっちにしろ完売で予約も何も出来なかったらしいが。
予約しなければ、食事どころか水すら出ないチェジュ航空、もう利用はないと言っていた。

部屋で小一時間ゆっくりしていたら、ようやく部屋をノックする音が。。。
この日は仁寺洞へ久しぶりに行った後、ホテルそばでタッカンマリの夕食の予定。
それを雨プラス究極の空腹なふたり・・・
仁寺洞はカットして、4時頃の早い夕食にする。
タッカンマリ:닭한마리、鶏一羽の意味。
a0176188_15210553.jpg
a0176188_15210321.jpg
鶏まるまる一羽をお鍋でグツグツ煮た料理。
a0176188_15210154.jpg
サムゲタン(参鶏湯)と並ぶ滋養食でもある。
サムゲタンは鶏肉の中に高麗人参、もち米などを入れて煮込んだスープだが、
タッカンマリは鶏そのものとネギ、ジャガイモ、トック(餅)が一緒に。
味は鶏のダシしかなく、淡泊な味。それを別皿の薬味(下の写真の赤いの)につけて食べる。
a0176188_15210780.jpg
サムゲタンは日本でもソウルでも食べたが、タッカンマリは初めてだな。
んまぁ、美味しかったこと。
「三食ごはん」でチャ・スンウォンやエリックの調理を観ていると、
「素材そのものの味、知ってる?」と訊きたくなるけど・・・
あんなに調味料入れなくても素材がよければ美味しい。
〆にご飯を入れて(麺ももちろんある)。
完食!
ご飯プラスビール中瓶1本合わせて、計25,000W(2,590円)。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/238059903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2017-12-08 15:36 | 旅(韓国ソウル) | Trackback | Comments(0)