There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

晩秋というか初冬のソウル旅-二日目②

オリンピック公園へはロッテワールドから地下鉄で一駅の距離。
前回も失敗したのかな・・・この界隈には安くて美味しそうな韓国食堂がない。
朝がパン食だったので、ご飯か麺を食べたかったのだが、ない。ない、ない!
公園内のビュッフェスタイルのレストランは40分待ちというし。
私がファストフードに抵抗、一度入っては出たところしか結局なくて戻る。トホホ。
もう不承不承のロッテリアのバーガー。
a0176188_08340688.jpg
この昼食探しに時間を喰ってしまったのだが、
ここでお腹に何か入れておかなきゃ、とうていウォークラリーはもたなかっただろう。

敷地総面積約158,000㎡の広大な公園。東京ドーム3.3個分。
1988年ソウルオリンピック当時、大統領だった盧 泰愚ノ・テウ)のメモリアルボード
a0176188_08373911.jpg
競技場としての建物が3つ(1つは工事中)、テニスコート、コンサート会場などがある。
今年いっぱいこの公園で9つのポイントのスタンプを集めれば、景品が貰えるというイベント。
みんなとっくにオン・シーズンにスタンプ集めたんだろう、
景品頂く最後に名前と国籍を書かされたが、私ら二人目と三人目だった。4時あたりに。
こういうスタンプラリーも歩くのが苦じゃなくて、地図を見るのが好きな人とじゃなきゃ難しいだろうね。
釜山の甘川文化村でもこの旅のパートナーと一緒に楽しんだのだが、
後にここに行った友人曰く、「スタンプラリーなんかかったるくてダメ」だって。
又、別の友人も「えーっ、3時間も歩くの?!私ならダメだわ」って。

景品が欲しいわけではなくて、スタンプ全部押せたって達成感だけですよ。
そのスタンプ台の前に広がる風景は、主催者が見て欲しいポイントでもあるわけだし。
その「スタンプ」、甘川文化村は油性スタンプとブルーのスタンプ台が各所に置いてあったが、
乾燥するし取り換えも面倒。ってことで、ここでは刻印を押す。
しかも野外なので雨に降られないように、緑のボックス内に。
扉をポンと押すと開くので、その中に紐でつながれている金属のスタンプをマップの該当箇所に刻印する。
後半からこの緑のボックスを探し始める。遠くからでも見えると「あ、あそこだーっ」。
a0176188_12061502.jpg
a0176188_08374438.jpg
a0176188_08373178.jpg
a0176188_08373443.jpg
フランス人彫刻家、セザール・バルダッチーニの「型取り彫刻」のひとつ
 
なかなか見つけられないポイントもあって3時間程歩いたかな。
前日と違い好天に恵まれたので、散歩や(ただの)ウォーキングする人たちが。
ワンちゃんの散歩中の青年に「第六景 Alone Tree」ポイントを訊くと、
スマホで検索してくれるもわからず。
小山を引き返して再度ウロウロ。
ところがその小山を駆け下りたところにあるということがわかる。
a0176188_08322610.jpg
いつもの散歩コースだとしても知らない人は知らないんだよねー

JRウォーキングは朝一で始めるので余力があるが、
午前中ミュージアムでも歩き、一駅移動し歩き、ランチ探しに歩き。。。

サイトでは完歩記念に絵葉書プレゼントとあった(甘川文化村と同じ)が、
実際頂いたのはスマホ立て。スマホ立ては台湾土産(木製ウサギ型)で頂いていたので、
i-Pod立て(プラスチック製手型)として活用している。
a0176188_08372333.jpg
このオリンピックホールで何とこの日、FLY TO THE SKYのライブ。
a0176188_08371061.jpg
a0176188_08372728.jpg
整形が成功した(笑)ファニと
ぶっ飛んでいてコワイ(「ハッピートゥゲザー」でマジ顔でシン・ボンソンに迫っていた)ブライアンのふたり。
カムバックし、セカンド・ミニ・アルバムをリリースしたばかりというからそのお披露目だろう。
「Stay」位しか知らなくて、でもしばしこの曲が頭をぐるぐる。
もし誰かがチケットくれたらウォーキング止めてライブ行ってたなぁ。ま、誰もくれないけど(笑)。

又、隣りのホールでキム・ヒョンジュとしか思えないポスターがあって、
これがまさにオン・タイム!当日4時からだったので。
a0176188_08372001.jpg
ポスターに「キム・ヒョンジュ」の名前がないから、
もう謎でしかなかったけど、帰国後ググったら、ファンミーテイングだって。
デビューして20年。
私がファンミというものに参加したことないんだけど、
長年のファンたちにとって嬉しいプレゼントなんだろう、例え歌や踊りを披露しなくたって。
 

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/238080946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2017-12-15 08:28 | 旅(韓国ソウル) | Trackback | Comments(0)