There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

晩秋というか初冬のソウル旅-三日目②

仁寺洞よりホテルに戻り、ソウル駅へ。
いつもの「帰途につく」コースでもある。
ソウル駅横のロッテマートで買い物して、空港鉄道で仁川空港へ向かうってのが。
今回はそれにプラスして、「ソウル7017」見物。
ソウル駅のすぐ南側を東西に貫く「ソウル駅高架車道」は1970年代に完成したものの、
老朽化で撤去され、今年初夏に歩行者道路として復活したもの。
a0176188_21174175.jpg
a0176188_21052887.jpg
70”年代と”2017”を足して、”7017”・・・ピンと来ない~
a0176188_21035618.jpg
パリのリヨン駅そばの”ヴィアデュック・デ・ザール”が、国鉄近郊線の高架橋が
遊歩道になったようなものか。
a0176188_20573903.jpg

「一泊二日シーズン3@KBS」でチームが二手に分かれ、
キム・ジュノ、キム・ジョンミン、ユン・シユンがこの上で一般市民とゲームをしていた。
a0176188_20551578.jpg
a0176188_21090941.jpg

a0176188_20552691.jpg


緑薫るシーズンでアイスクリームも似合っていたのだが、
11月末の遊歩道は残念ながらグリーンもほぼ枯れており、それらが藁で寒さ対策として巻かれていた。
この旅はいろんな意味で「残念」。
この歩道に上がるエレベーターは、旧ソウル駅の横から。
ところが足場が悪くて、まだ工事途中。
ショップもふたつ程あるのは確認したが開いていない。。。正午に近かったのに。
ホント、季節モノなのかしらね?
a0176188_21110775.jpg


a0176188_21042798.jpg
a0176188_21105442.jpg
ガラス張りの床が一部あり、眼下に走る車が見える。


今回使ったLCC”ジンエアー”のロゴが見える。
a0176188_21070838.jpg
a0176188_21143827.jpg
a0176188_21144617.jpg
国宝第一号指定(1962年)の南大門も見える。
2008年火事で崩壊後、2013年再建して公開された。



ところで。
たった二晩テレビを見ただけだが、
ザッピングしてもバラエティ、ドラマ、ドキュメンタリーが普通通りにオンエアされているだけで、
緊張感が感じられるニュースはなかったような。
北朝鮮のミサイルより板門店で北から逃走してきた脱北軍人の回復途中にあるニュースの方が
盛り上がっているんだとか。
たまたま観たニュースは収監中の朴槿恵元大統領が裁判に欠席というモノ。

Xデーも近いなどと煽りも半端なくなって来ている11月末に来韓。
9月にソウル旅行を予定してた友人たちも一週間後にはキャンセルした程なのに。
周囲の反対を押し切ってのソウル旅行。
まあ、どう説明しても理解は得られないと思ってますのでね(諦めモード)。。。


来年2月に平昌冬季オリンピックは無事開催されることを祈っています。
これはソウル駅の空港鉄道入口に近いところにある、ゼンマイ仕掛けの人形(スケーターであり、スキーヤーであり)
いっぱいのオリンピック応援ボード。
a0176188_21074868.jpg

a0176188_07532519.jpg
a0176188_07531776.jpg
a0176188_07530908.jpg
仁川空港も第二ターミナルをオープンして準備万端、
空港からソウル市内への空港鉄道は以前になかった「妊娠婦」専用のシートが出来てた。
国が提唱してマナーアップ作戦か。でも民度がまだついていってない。
って、たった三日で結論付けてはいけないんだけど、
相変わらず「車優先社会」だわねぇ。
私らが危ない目に遭ったわけではないけど、
人が歩いていても突っ込んで来ようとしてる危ないシーンはよく見た。
「車優先」とわかっている韓国だからこそ、車が行き過ぎるのを待って歩いたものだ。
でも、朝日新聞で「信号機のない横断歩道では歩行者が歩いていても車は止まらない」
と在日英国人が提起したことに1頁割いてた先日。
そっか、日本もそうだったのか。
あまり感じなかったのは私が大都市に住まず、
マナーと節度のある(←ちょっと持ち上げましたがお願いしますよ;;)北九州在住だからかな。


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/238105303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2017-12-22 21:01 | 旅(韓国ソウル) | Trackback | Comments(0)