There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

晩秋というか初冬のソウル旅-三日目③(旅の終わり)

新羅スティ光化門のホテル前で別れた、旅のパートナーとは
高架の散歩道「ソウル7017」を上がったところでバッタリ。
既にロッテマートで買い物をしたその帰りだという。
次に仁川空港でバッタリ。
・・・ではなく、ゲートがたまたま隣同士だったので、
X線とパスポートコントロール終えてから、私が急いだのだ。
もしかして待合室にいるかも、と。私は17:45、パートナーは16:55発。

いつもならお互いのマイレージの関係で、大韓航空とアシアナ航空利用なので、ほぼ真逆のゲート。
なのですぐに「お疲れ様、お世話になりました」でさよなら。
ところが今回はお互いがLCCなので、隅に追いやられて(?)ゲート137と138。
「12年連続世界一位!」と「世界空港サービス評価」を自慢しているが、広いわ広わ。
a0176188_08415005.jpg

(広さという点ではシンガポール空港他優位な空港が多いんだろうが)


私と違ってパートナーはスーツケースも機内持ち込みなので、
カウンターに並ぶことなく、自動チェックイン機で早々チェックインして、時間が余った様子。
しかしすぐにも搭乗が始まり、見送った私はゲート134で遅いランチを取ることにした。
a0176188_08424552.jpg

ソウル駅の3階の「ビジュン」でお餅と蒸しパンを買うのも、もはや旅の定番。パスクッチのカプチーノと。
窓から見える風景が面白く連写。
a0176188_08461148.jpg
a0176188_08462059.jpg
大韓航空機が到着⇒パイロットたちがホッとした表情を浮かべ⇒
a0176188_08470471.jpg
蛇腹の通路が機体につく⇒客が館内に入る⇒
a0176188_08473189.jpg
KALトラックが反対方向から到着⇒
機体の反対ドアの3か所が開くと同時に、トラックの屋根が上昇し、そこからケータリングのカートや毛布の搬出入。
a0176188_08473895.jpg
a0176188_08482563.jpg
a0176188_08541394.jpg
二台のトラックはそれぞれ毛布他(手前)とケータリング(機内食)(奥)。
ドアを開けるのが最後の業務だったのか、乗務員たちが機内より館内へ移動。
a0176188_08513845.jpg
地上からは機内掃除の為におばさんたちがビニール袋持って入っていく。
a0176188_08490669.jpg

いろんなコトがスピーディに同時進行して行く。
「エール!3」で伊坂幸太郎氏が
新幹線清掃スタッフたちのスムーズで見事な働きぶりを描いている(「彗星さんたち」)。
飛行機も同じだなぁ。次のフライトで新たな客を快適な環境で迎える為に、
短い時間で多くの裏方さんたちが立ち働いている。
こういうシーンを見た後は「ありがとう」と呟いてしまうね。

お土産。
a0176188_08430967.jpg

これらの定番が買えた(ネットで買えるじゃない!という声は無視して)ので満足。
現地で!ウォンで!買いたかったんですよ~
a0176188_09044587.jpg
おかげで今回、「A Twosome Place」と「PASCUCCI」のカップフォルダー増えました♡(ウチのリビング)
しかもクリスマスバージョン♪
a0176188_08571591.jpg
江南のロッテデパート前のクリスマスツリー。「平昌(ピョンチャン)2018」とあるのに、今気づきました^^;;


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/238114302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2017-12-25 08:43 | 旅(韓国ソウル) | Trackback | Comments(0)