There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

親の家を片付ける②

借りた「親の家を片づける(お助け便利帳)」には書くための空欄が多い。
「書くことで少し冷静になることができる!親家片ノートに記録」とあり、
何はともあれ列記することを勧めている。
私はINPUT右脳、OUTPUT左脳なので
割と形にして吐き出す(OUTPUTする)方なのだが、
電子媒体の方が次に繋がる(訂正したり、更新したり、コピったり・・・)ので、エクセルに列記した。

以前、母親の入院が重なった時に、二回目で「病院へ持っていくもの」をリスト化した。
同時に「連絡すべきところ」も。
新聞、乳飲料の宅配停止、ディサービス・ヘルパー利用停止の為にケアマネさんに連絡・・・
そんな緊急時の電話一覧も必要だったので。
一緒に住んでいれば慌てることもないし、そもそも利用停止をすることもないのだが、
福岡市での介護保険も母がつてに頼んで認定が下り、話が進んだ為、
私のあずかり知らぬところが多かった。

この時のメモをコピーする形で、こちらに移ってからの電話一覧も作成。
なので手書きよりはパソコン頼みの方が何かと便利だ。
電話、ガス、水道、新聞は解約手続きに使った電話番号が、今度は新規契約の時に知った電話番号に入れ替え。

それとは別に引っ越しに伴うひとつひとつの手続きもエクセル化。
そうでもしないと頭の整理がつかない。
これは未だに進行形。
最初は「引っ越し当日」に向けた諸準備をひとつひとつ挙げて行った。
と同時に、「持っていくものリスト」も。
部屋毎に「持ってく家電・家具・その他」。
母親にちゃんと認識してもらうように「持っていけないものリスト」も書いた。
後、ガスコンロがIH対応に代わるので、「買うかも知れないものリスト」も追加して。
鍋は半分程処分したのだが、底が経年劣化して曲がったものは当然アウト。
引っ越した現在、使えなかったモノはT-falのフライパンだけだった。
チャーハンを炒めた時に、火力表示が点滅したので、ダメだとわかった。
随分前から使っているケトルはちゃんと機能しているので、それは不思議だった。
でもまだフライパンは購入していない。

ワンルームに移って買ったのって、
ニトリでカーテンと食器洗った後の水切りトレイ、セリアでマグネット位かな。
カーテンはサイズが違ったので買わざるを得なかった。
そして水切りトレイ。そもそも調理も頻繁にしないし、キッチン自体が狭い。
福岡で使っていた蓋付き箱型タイマー式食器乾燥器が劣化していたし、
こっちでは置くスペースもないしってことで、シンクにかける細いスチール製を買ったのだ。
なので自然乾燥させるのみ。
マグネットはフック型含めいっぱい購入し、
冷蔵庫やキッチン壁(マグネットが付くのだ)にはさみ、輪ゴム、鍋敷き、鍋つかみなどを掛けた。
ホームからのお知らせや1階のレストランの週間メニューなどなにかと貼るモノもある。

これ位で済んでよかったのかも知れない。
昔から「もうモノは増やしたくないし、買い換えたくもない。
いつまで生きるかわからないし」が口癖だったしね。

ま、こんな母親の信条に助けられたとも言えるでしょうかね。
今回の引っ越しは・・・

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/238512829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2018-05-10 16:37 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)