人気ブログランキング |

There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

スロベニア&クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行-初日②

これはクロアチアからわざわざ国境を越えて迎えに来てくれたツアーバス。
a0176188_07475801.jpg

ここはスロベニアのブレッド湖。観光初日の朝8時。
このバスの窓ガラスに「クロアチア・スロベニア・ボスニア・ヘルツェゴビナ8日間」とパンフ通りのタイトルが。
ところが最初この紙がドライバーさん(左)によって、逆さまに貼られていた。
すぐに反応した添乗員さん。
「あらー逆さまですよ。全部日本語の中で唯一わかるだろう数字が”8”ですもんね。上から見ても下から見てもおんなじの・・・」

三か国をたった6日間でバス移動をするハードな日程。
当初、クロアチアだけを巡るツアーを探していたのだが、
スロベニアとカップリングでツアーが成り立つようなのだ。
そして、ボスニア・ヘルツェゴビナには泊まらず、スプリットからドブロブニクへ移動する途中の町モスタル観光3時間。
このボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の町に寄るか否かはツアー次第。
確かにハードで(結果的に暑くさらにハード感増した!)はあったけれど、
オーストリア・ハンガリー帝国ティストの残るスロベニア VS オスマントルコ帝国が征服したその残り香が強いボスニア・ヘルツェゴビナ。
同じ元ユーゴスラビアでもこんなに違いが・・・と面白く旅できたことだった。
あるツアーメンバーが「ボスニアとヘルツェゴビナの間に「・」があるので、二か国と思った」って言ってた。
ふたつの地域名を合わせて国名としたのね。

スロベニア人と言えば・・・トランプ大統領メラニア夫人。
クロアチア人と言えば・・・チトー大統領自身。「第三の男」女優アリダ・ヴァリも。へーえ。
a0176188_07493692.jpg

ボスニア・ヘルツェゴビナ人と言えば・・・サッカーの前日本代表監督ヴァヒド・ハリルホジッチ。
a0176188_08075571.jpg

イビチャ・オシムもそうだし。「大統領」かと見まがう風格ね。
a0176188_08085288.jpg

うん、わかるわかるって感じ。そんな人が現地にいっぱいいました。
言語はイタリア語っぽい感じ(By 素人)。
a0176188_08101517.jpg

スロベニア、ブレッド湖界隈の「コイン入れたら踊る熊」に反応していた幼き姉妹。
a0176188_08103982.jpg

プリトヴィツェ湖を周った後の休憩地点。チェリー売りのおばさん。
a0176188_08105491.jpg

ラストケ村のガイドさん。
a0176188_08110737.jpg

ドブロブニクの熱弁ガイドさん。

そうそう、モスタルをツアーでぞろぞろ歩いている時に、
私にたまたま「どこから?KOREA?」と訊いてきた中年男性がいて、
「JAPANです。あなたは?」
「ポーランド」
というので、「ワルシャワ、ショパン」と思い付くまま言うと、笑っていた。
後悔したのは「ワレサ、アンジェイ・ワイダ、ズビグニエフ・チブルスキー(「灰とダイアモンド」の)」も追加すればよかったなと(笑)
発音難しいからたった30秒で別れた彼(後に奥様も)には通じなかったかもね。

フィンランドでも一泊すると言うと、
アキ・カウリスマキファンの友人は「カウリスマキによろしく~  でもみんな『かもめ食堂』の方なんだよね」。
a0176188_13432854.jpg

いやいや、アキ・カウリスマキどころか「かもめ食堂」に反応する人もほとんどいないツアーで(;_;)

ドブロブニクからヘルシンキに飛ぶフライトで、
カウリスマキの映画に出て来るカティ・オウティネンやマッティ・ペロンバーに似た乗客がいたからなんだか可笑しかった。
a0176188_08051571.jpg

a0176188_07544794.jpg

キャビン・アテンダントも一様に大柄。失礼ながらこんなに太っていてもCAになれるんだ・・・って人もいた。
レニー・ハーリンもフィンランド系だそうな。
別の友人が「やっぱり金髪碧眼の美男美女って感じだった?」と訊くので、
「んー、アキ・カウリスマキの映画に出て来る人たちがごろごろいたよ」とだけ答えた。

で、ちょっと旅を遡る。
a0176188_07593521.jpg

福岡空港国際線情報だ。
a0176188_08000666.png

「ヘルシンキ(夏季のみ運航)」・・・今年は10月26日が最終便だという。
これが来年の夏季へと繋がるといいが。
ヘルシンキ一泊とは言え、24時間はスティしていない。
それでもコンパクトに歩ける観光の中心、あちこちで見かけるデザインがモダンで面白いのだ。
ここは何度行ってもいいかも。このヨーロッパの入口からフライトのあるどこかの街へ飛んで行ける旅ならいい。
来年に期待♪というか祈りにも似た想い。


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/238612653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2018-06-21 07:51 | 旅(スロベニア・クロアチア) | Trackback | Comments(0)