There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

スロベニア&クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行-五日目①

この日、四か国目のボスニア・ヘルツェゴビナへ。
そしてブチブチ「暑いっ」と愚痴っているが、
前日トロギール島で買った「イタリア製」の夏服(100クーナ≒1750円、綿麻混紡)デビュー。
a0176188_21120269.jpg


ユーゴスラヴィアのままだったら存在しなかったパスポートコントロール。
さすがにここでは全員のパスポートを回収し、顔のあるページをスキャニング。
添乗員さん含め29名分のスキャニングが所要時間15分だったので、かなり早い方。
国境ゲートで車の列が出来ていたら、それこそその待ち時間もプラスされただろう。
「NO PHOTO」と固いお達しがあったので国境の写真はないが、その先のサービスエリアで。
ここにもラベンダー。
a0176188_21135414.jpg

国の名前が変わったところで、風景に変わりはない。
a0176188_21140239.jpg

ところがモスタルに近づくと、風景がなにやらトルコっぽくなった。
a0176188_21160555.jpg

バスが早目に到着したことで、ガイドさんの到着が間に合わず、しばし待たされた。

駐車場から10分程スタリ・モストまで歩き。ひーっ、また炎天下を!
途中、内戦で破壊された建物や砲弾の跡を見ながら。
a0176188_21123210.jpg

a0176188_21124603.jpg

これはハマム(トルコ式風呂)ね。
a0176188_21134741.jpg

両脇の御土産屋さんにはトルコの御守りナザールボンジュウが。
a0176188_21224893.jpg

a0176188_21261982.jpg

ネレトバ川にかかるこの橋スタリ・モストは世界遺産に2005年に認定された。
a0176188_21313027.jpg

a0176188_21161233.jpg

a0176188_21320132.jpg


a0176188_21121383.jpg

a0176188_21315072.jpg

a0176188_21204018.jpg

反対側にカメラを向ければそこはまんまトルコ~ モスクとミナレットが見える。
a0176188_21183989.jpg

16世紀の橋だがその古さ故に認定されたわけではない。
1993年にこの橋は破壊され、2004年に再建されたから。
川に落ちた石や再度山で切り出した石等でトルコ企業により再建。
復興された橋の開通式にはイギリスのチャールズ皇太子も招かれた。
橋めがけて砲弾をぶっ放した攻撃側(クロアチア系民族主義者)がビデオにその一部始終を撮っており、
「その生々しい破壊の瞬間を是非見て欲しい」と添乗員さん。
彼女が全員の入場料を払ってまでも見せたかったビデオ鑑賞。
汗が退かないままの鑑賞だったが、心に重く留めました。

ね、まるでトルコでしょ?イスタンブールのグランバザールと見紛う。
a0176188_21422156.jpg

だけど、トルコの強権なエルドアン首相が
「ボスニア・ヘルツェゴヴィナは今や彼の国(=トルコ)に委ねられている」と発言したことは
さすがに反発と論争を引き起こしたそうだけど。
第一次世界大戦まで500年に亘ったオスマン帝国支配は、
「過酷な圧政の時代」として記憶されているそうだ。

川のほとりに下りてみた。
a0176188_21472032.jpg

橋の上で「10€で飛び込むよ」と呼びかけていた水着の男性2,3人いたけどそのうちのひとりかな?
実際、「飛び込み大会」のお祭りがあるそう。
a0176188_21415175.jpg

滝とも呼べないような量だけど、中に入ると涼しくて生き返った♡
a0176188_21431941.jpg

そう言えば「ネレトバの戦い」(’69)って映画がありましたね。
ユル・ブリンナーやオーソン・ウェルズらが出た、第二次大戦の戦争映画。
ネレトバ川の総延長は230kmで、208kmはボスニア・ヘルツェゴビナ領内を、
残り22kmはクロアチアを流れる。
クロアチアでアドリア海に流れ込むが、下流域では豊かな湿地帯であるデルタを形成している。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/238645007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2018-07-08 21:35 | 旅(スロベニア・クロアチア) | Trackback | Comments(0)