There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

スロベニア&クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行-五日目②

モスタルの橋の帰り、お土産屋ストリートの中の「PODRUM」という名前のレストランへ。
a0176188_08404690.jpg

a0176188_08405394.jpg

自由行動の後の集合だったから、酷暑を逃れるべくほぼ全員席に着いていた。
橋を渡った先の二手に分かれるところまでぶらぶら歩いて、
引き返した後は土手に下りて・・・たかだか30分弱。でも暑さ負け・・・
いや、でも前日に比べて移動が多い分、観光がこれだけで助かったよ。
ちょこちょ現れては消え現れては消え、最後はバスを見送ってくれた男性ガイドさん、
「今は(35℃位なのに)春の季節。夏には42℃まで上がる」そう!

前菜はトマトスープ。
a0176188_08394461.jpg

メインはパシュティツァーダ(牛肉の赤ワイン煮)とポテトのニョッキ。
a0176188_08395293.jpg

デザートは蜂蜜漬けパン? 何か名前があるんだろうけど。
a0176188_08400122.jpg

いいじゃない!どれも美味しいじゃない!
ボスニア・ヘルツェゴヴィナの通貨はマルカ。
しかし滞在3時間弱なので、お土産のマグネット代とレストランのシュウェップス代はユーロで払う。

次はいよいよ旅のラストでありハイライトでもある、ドブロブニクへ!
豊かなネレトヴァ川を右に左に見ながら。
a0176188_08414120.jpg

a0176188_08415065.jpg

a0176188_08415825.jpg

もちろん又、出国と入国がある。
加えてドブロブニクへ南下する途中にネウムという、ボスニア・ヘルツェゴビナの飛び地まであるのだ。

ロシアの飛び地カリーニングラードがすぐそば(リトアニアとポーランドの間で、バルト海に面している)にあることで、
スウェーデンが徴兵制を復活したとのことだけど。
この中には「ネウム」が含まれてないわね。

途中休憩したネウムはアドリア海沿岸に位置する人口4300人ほどのリゾート地。
ドブロブニクの人込みや喧騒を避けて、こんなところでリゾートすると出費も抑えられていいのかも。
ここではユーロもクーナもマルカも使えるそうだ。
a0176188_08420548.jpg

ほんとに美しい海岸線。幸福感?アドレナリン?がUPする。
a0176188_08421601.jpg

クロアチアの最後の日がデラックスホテルでよかったなー
a0176188_08432390.jpg

旅行代理店基準ではあるが、ホテルも当然ながら「デラックス>スーペリア>スタンダード」なワケで。
プリトヴィツェのスタンダードクラスとスプリットのスーペリアクラスは逆だろう!と思うが。
「RIXOS」グループは又、泊まってみたいよ♡
a0176188_08431664.jpg


右側で拡張工事中が原因なのか、駐車場がホテルのキャパシティに比すと小さすぎるだろう。
なかなか駐車出来なかった。
ホテルに入るとウェルカム・シャンパン。
a0176188_08473990.jpg

a0176188_08473230.jpg

a0176188_08471528.jpg

買ったばかりの服が写っている。
a0176188_08470896.jpg

a0176188_08555862.jpg

やはりベランダが付いていると得点高~い♪ 洗濯物干しだってある。
a0176188_08475384.jpg

緩いカーブになっているので、ツアーメンバーたちと目が合い手を振り合う。
a0176188_08560506.jpg

全景はサイトからお借りしました。
私たちのフロア、芝生の先は海が見えたけど、その下はプールがありさらにレストランがあるのね。
a0176188_08481961.jpg

a0176188_08561172.jpg


夕食はホテルのビュッフェで。
a0176188_08480262.jpg

ビールも入って、部屋に戻ればベランダではジャズやボサノヴァが流れて、ほーんといい気持ち♡

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/238645764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2018-07-09 09:03 | 旅(スロベニア・クロアチア) | Trackback | Comments(0)