人気ブログランキング |

There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

突然、晩春のフランスへ-二日目①

機内食の写真ふたつ。
最初はビビンパッとワカメスープ。
a0176188_16554824.jpg

ご飯を加えて、チューブのコチジャンを加えて機内でみんな混ぜてる混ぜてる(笑)
ピリ辛きゅうりのピクルスとデザートのお餅二個。
二回目はエコノミークラスならよくある機内食。特長すらなく、メインは何だっけ?
a0176188_16555376.jpg

「JEJU purewater」は飲まずに、手持ちのボトルに移し替え。
 
「人生最後の食事」、私ならきっとご飯に醤油味のおかずだ。
短いフランス滞在だったが、確信した。

さて。
そんな短いフランス、正味六日しかないので、
前半友人との再会の為、パリ、ベルシー駅から列車の旅をスタートする。
9:01発と早い出発。
a0176188_16561143.jpg

        (ひとつの席にゴミ箱あります。左手の黒い蓋付き缶)
前夜は9時頃ホテルに着いて、8時には既にベルシー駅構内の待合室でコーヒー&クロワッサンの朝食。
ほぼパリをスルーして、フランスの壮大なる美しき田舎へ。

今回初めてレンタルWiFiを利用してみた。
去年のクロアチアツアーで知り合った女性は毎回利用すると言っていたので、
アドバイスを乞いながら。
おかげで私も誰かにアドバイス出来るまでに^^
ロシアツアーのひとり参加の女性も利用すると言ってた。ガイドさんの案内を聞きながら疑問点をすぐググれるので、と。
ひとりだとツアーでも個人旅行でも間が持たない時がある。
音楽聴くのも本読むのもしばし中断して、日本と繋がったり、ニュース読んだり、ふと浮かんだコトなどググったりしたいもんだ。
今まではホテルのフリーWiFiしか利用したことないが、
ロシアは「国をあげて」フリーWiFi禁止だったし、
今回も二つ目のホテルではパスワード入れても効かなかったり、
去年のヘルシンキのホテルも効かなかったな。
ホテルを一歩出てスーパーにもで出かけたら、再度パスワード設定する必要があるし。
 
CDG空港を出て、エールフランスのシャトルバス待ちで起動してみた。
最初にパスワード入れたら、後は毎日電源落としても有効。
フルにチャージされていたので、翌日から残量を確認しつつ夜にチャージする。

私が利用したのは「フォートラベルのGLOBAL WiFi」。
a0176188_16563545.jpg

フランスなら6つの選択肢があったが、最低の「3G 300MB/日」で十分だった。
翌日の昼頃に前日の使用量のメールが届く。
多い時でも半分の150MBにも到達しなかった。
グーグルマップで道案内をしてもらう時、音楽を聴くとき、
複数で使う時などは容量を喰う・・・らしいが、そんな機会もなかったし。

毎回ホテルに泊まるならレンタルしたかどうか。
友人たちとの連絡には必要を感じたからだが、やっぱり便利だ。
福岡空港国際線ターミナル1Fでフランス対応のプラグとバッテリーコードを含めた箱を渡されるのだが、
二日目からはWiFi本体のみバッグに入れておけばよい。
a0176188_16563075.jpg

トランプカードを入れたケース、という大きさか。
帰国時、返却を忘れないように重くなるけど箱ごとバッグに再び入れておく。
 


フランス中央山塊に位置するオーベルニュ地方、やはり山が敷設を難儀にするのか、
TGVが通っていない唯一(?)の地域。
a0176188_16571336.png

パリから東に西に北に南に縦横無尽に走ってるかのようなTGV。
パリ・クレルモン・リヨン線は2025年完成予定らしい。下の青い点線ね。
パリ⇔リヨン間は最初に通ったのだが、クレルモン・フェランを経由してリヨン着というライン。
a0176188_17064581.png

いや、クレルモンフェラン駅の地上へ上がるのにエスカレーターがあって驚く。
「7年前にはなかったよ」「4年前に出来たのよ」。

何かと立ち遅れた感のあるオーベルニュ地方。
ガタガタと横揺れの激しい(トイレに行くにも・・・💦)長距離列車で12:33着。
所要時間3時間32分。
7,300円(行き)+6,300円(帰り)+1,500円(発券代)=15,000円
駅に到着する前から、ホームのジュスティーヌとBFのヨアンの姿が目についた。


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/239305301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2019-06-09 17:08 | 旅(フランス) | Trackback | Comments(0)