人気ブログランキング |

There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

突然、晩春のフランスへ-七日目①

一日観光出来る最後の日。
初日もオーベルニュ地方から帰って来た日も、
泊まるか移動するか、だけのパリだった。
でも何回目かのパリなので特に詰め込んだ観光も必要ないし、「黄色のベスト」のデモも終息したわけじゃないし、
何より大都会で観光客もそれを狙う輩たちも大挙して歩いていると思ったら・・・ねぇ。
去年11月にパリスティを楽しんだ知り合いも、短い間に二回もスリにやられそうになった(メトロ内とセーヌにかかる橋の上で)って話だし。

さて。予定は「パリ三大蚤の市」の、私としては最後に残ったヴァンブの蚤の市、
原田マハの「印象派」関連本を読了した者としての総仕上げ的、オルセー美術館。
そしてもし体力が余ったら、ホテルそばのベルシー地区の映画館にでも。

前日、列車でも爆睡したのに夜9時までに就寝。
ま、いつものことだが、旅も後半に近づくにつれ体力も枯渇、睡眠時間も長くなる。
おかげで6時には起床したので、7時半前にはホテルを出る。
クリニャンクールは二十代で、モントルイユは前回2012年で。
このヴァンブの蚤の市はクリニャンクールほど本格的じゃなく、モントルイユほど無粋(失礼)でもなく(←個人的意見ですけど)。
モントルイユは生活備品を必死に探しあさる人たちが眼に焼き付いているのだ。

メトロの6号線と13号線を乗り継ぎ、パリ南もヴァンヴ(Port De Vanvue)駅へ。
上がったらすぐにも蚤の市の端っこが見える。
蚤の市は土日の朝7時~13時までらしい。パリ滞在、蚤の市に行きたかったら調整は必要ね。
8時には着いたけど、さあ、これから準備だという店も多くて、オススメは9時以降かな。
a0176188_14052197.jpg

a0176188_14052715.jpg

L字型に店は出ているので、行き着くところまで行ったら、
やっぱり引き返してスタート地点に戻った方がいいとのこと。終点近くにメトロ駅がないので。
a0176188_15313875.jpg

a0176188_15313157.jpg

かなり長くて、正味2時間はいたかな。
途中、古い真鍮のフック買おうかしらどうしようかしら・・・と声が自然に出てたんでしょうね、
横の男性から「日本人ですね」って。
立ち話をしばし。
パリ在住の友人夫婦と京都在住の彼が鍵を交換、
まずパリに着いてから鍵をもらって、彼らが日本に旅立って行ったとのこと。
一か月程のパリスティは彼らの飼い猫二匹の世話の為。
自分自身猫を飼ったことないけど、もうこれで三度目なんで、と慣れたもの。
レストランにもあまり行かずにほぼ自炊。
「(猫の為に)一泊位の旅行ならオッケー」のお許しももらったらしいけど、
帰国してつながったfacebook見ると、毎日毎日パリの美術館三昧だった。
郊外へ遊びに行く時間もない、かな?
a0176188_15312036.jpg

結局、古いポストカードを買っただけ、このお爺さんから。
40枚セットで15€。一旦離れて15€をポケットに入れて、負けてもらう交渉。
でも全く動じず、「元々一枚1€なんだ」と値段表を見せて、
「それを40枚もセットにしていて既にディスカウントなんだ」と。りょおかーい(^ω^;)
a0176188_15314568.jpg

a0176188_09013089.jpg

オルセー美術館そばのソルフェリノ駅まで移動して、ブランチ。
途中、ヴォルビック(1€)も買いました。そう、この山よ♪
a0176188_15331023.jpg

a0176188_15331785.jpg

友人たちがパリで予定している「二階建てオープントップバス」もよく見かけたが、
米Lime社による電動キックスケーターもよく見かけた。去年からスタートしたサービスだとか。
a0176188_15332419.jpg

a0176188_15333197.jpg

a0176188_15334276.jpg


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/239338753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2019-06-29 15:57 | 旅(フランス) | Trackback | Comments(0)