人気ブログランキング |

There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

突然、晩春のフランスへ-七日目②

蚤の市で出会った日本人の助言通り、
オルセー美術館ではまず最上階の五階から。ここに印象派絵画が揃っている。

メトロのチケット購入の機械ですら、ユーロ札を使えないモノがあるし、
ピュイ・ド・ドームのショップで、マウスパッドを購入しようとしてユーロ札出しても、
「カードない?」と訊かれる。
機械はもしかしたら、偽札防止目的かも知れないけど、
対人シーンでは実際、お釣りの用意がないのだろう。
オルセー美術館でも入場料をカード払い。14€(\1,747)。
日本よりカード化が進んでいる。
中国では屋台でもカード化されていると「未来世紀ジパング」で。

入場するとインフォメーションでエスカレーターの場所(一番奥)を訊いて、まっしぐら。
前回のオルセーはいつだったろうという位なのだが、明らかに配置は変わったね。
五階に到着するや、写真スポットがあって、ここで既に混雑。
a0176188_09003467.jpg

モンマルトルの丘や、ルーブル美術館、セーヌ川バトームーシュ等も見えて、
ああ、パリのど真ん中にいるんだなと感慨。
a0176188_09004155.jpg

a0176188_09005499.jpg

a0176188_14110529.jpg

a0176188_09004772.jpg

あそこの時計台から外を見てたんだね。
a0176188_09010398.jpg
 
a0176188_14112492.jpg

a0176188_14113081.jpg

a0176188_14113625.jpg

a0176188_14115763.jpg

企画展「LE MODELE NOIR」(黒人モデル)。「ジェリコからマティスまで」の副題。
チケットを見せる必要はないが、出入口にスタッフが常駐。
a0176188_14115078.jpg

中では空気が張り詰めた感じなのだ。
一番有名な絵画と言えば、マネ「オランピア」ではないだろうか。
a0176188_14163480.jpg

黒人モデルは大体下女か、奴隷か。
それが出口そばでは逆転した絵画を掛けていた。このブラックユーモア。
a0176188_14164042.jpg

a0176188_14164725.jpg

a0176188_14220069.jpg

a0176188_14220878.jpg

a0176188_14221640.jpg

a0176188_14222473.jpg

a0176188_14223250.jpg


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

トラックバックURL : https://seirisyuno.exblog.jp/tb/239342556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by seirisyunou-deux | 2019-07-01 14:23 | 旅(フランス) | Trackback | Comments(0)