There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

2011年 06月 29日 ( 1 )

意識改革に背中押す

5回に渡り、整理収納作業でお伺いしたお宅にて。
G.Wもはさんだので、季節は春から初夏に以降しようとしていました。

その時に撮った写真を整理していて、
各部屋が徐々に片付いていく様が壮観でした。
自画自賛ということではなく、ご本人がみるみる意識が高まっていくのがわかりました。
a0176188_8121621.jpg

                     ↓
a0176188_8124470.jpg



なんでもそうですが、客観的に距離を置いてみると
自分のことも違う角度から見えてくるものです。
いろんなサイズの蓋付き&蓋なしの籐カゴを揃えてあったり、
ブックエンドや小物トレイなど整理収納に必要な小道具がかなりあり、
私たちが用意する必要もないほど、
それまで地道にマイペースで努力されたようでした。

私たちはそれをちょっとお手伝いと後押しをしただけ。

ノウハウなら本屋にあまたある「収納」の本が教えてくれるでしょう。
でもそこに載っているのは、自分の家とは、
間取りもスペースも収納量も異なるよその家。
又、「収納」のヒントはあるけれど、「整理」については教えてくれない。

各家に淀んでいる「モノ」はそれぞれ異なるもので、
それらにどう向き合っていけばいいのかを、迷っているご本人に
サジェスチョンするのが私らの役目だと思っています。
a0176188_8243139.jpg

                    ↓
a0176188_8244469.jpg


廊下に貼ってあった娘さんたちの絵が仕事部屋に移り、
サラ・ミッダのパステル画を貼られていました。
こんな風に、
しばらく日の目を見なかったモノに息吹を与えてあげていらっしゃいました。

又、「家族らがモノを元の場所に戻せず、すぐにもモノが散乱する」と
最初に書いて頂く「問診票」に挙げられていた悩みも、
ご本人がそれぞれに伝えて守って頂いているようです。
ご本人の並々ならぬ意識の変革は、家族にも伝わるもの。

まずは、羽ばたかれたということに敬意を表します。
(写真はお客様の許可を得て、掲載しています)

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-06-29 08:16 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)