There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

2011年 07月 08日 ( 1 )

またもや、レディス門司に「心理学講座」第二弾を聴きに行く。
無料ってところがまたいい^^
対人関係に悩んでいるもんだから、
ヒントでもなんでもちょーだいって感じですm(_ _)m

講師は人脈と~っても広そうな加留部貴行氏


対話(コミュニケーション)=聴く × 話す
という方程式があるそうで、「話す」一方で相手の言うことを聴かなかったら、
聴くが”0”なので、掛け算すると、結果的に対話は”0”。
つまり対話にはなっていないってこと。
話し上手なら聴き上手。
どちらも上手なら「特技はコミュニケーション能力です」と言い切って間違いなし。
なるほどね~

ところで。「なるほど」って相槌は、
「あなたの意見に対し賛同や反対は別として、ちゃんと聴いてますよ」
という便利なサインでもある。

「話す」ことも思いがけない落とし穴があり、
以下の使用はスキルダウンになるらしい。

専門用語、業界用語、略語、方言
アルファベットの3文字略語って氾濫してるよねー
ま、逐一補足説明があればいいんだろうけど。
私はまだEPG(Electronic Program Guide 電子番組表)がすぐには出てこず、
DPE(Development Printing Enlargement 撮影フィルムの現像作業)とか
言ってしまう。

方言も、それが方言という認識もせず使用することもあるので注意。
車がすれ違う時に使う「離合する」⇒これって九州だけに通用するんだって。
モノを仕舞う時に使う「なおす」⇒これも東に行くにつれ、
「どっか修理するところがあるわけ~?」と突っ込まれる。

横文字、カタカナ用語
フィードバック、モチベーション、プライオリティ、フィルタ、アプリケーション、
カスタマイズ、オーガナイズ、プロパティetc...
ま、会社のミーティングで飛び交ってたこれらの横文字は業界用語でもあるんだけど。
一般人との会話にはNG。じゃあ、「スキルダウン」も然りですかねぇ。

高齢者の方には混乱する横文字はご法度だわね。使う当人も混乱。
「デジタル」「アナログ」は氾濫しているが、「アナグロ」と連発されている方がいる。
昨日は「あの人、体にヘルスメーター入れてるから」と言われてビックリしたが、
ペースメーカーの間違いらしい^^

書き言葉
「が、しかし」「それ故」なんて接続詞は硬くて、聴きづらい。
耳に優しいのが話し言葉。
ラジオのアナウンサーは最たるものらしい。お手本になるのでオススメ、と加留部氏。



聴くことも話すことも相手を慮って誠意を持って!
これが結論。
ネット社会になって、人との会話が激減したご時勢。
メールにもそれなりに人と為りが表れるが、
これだけで「コミュニケーション力」はつかないのさ。

いつか講座を開き話す立場となるなら、内容はともかく度胸をつけよう(笑)!
メラビアンの法則では、「相手に何で伝わっているか」は
言語(内容)・・・7%、音声・・・38%、姿勢・・・55%らしいから。

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
[PR]
by seirisyunou-deux | 2011-07-08 08:23 | おでかけ | Trackback | Comments(0)