There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

関西旅行-二日目②

午後、姫路から朝来市竹田へ移動。
途中のランチタイムを除いても、1時間以内に到着。
が、秋祭り真っ最中の竹田、道路規制があり友人指定の駐車場までたどり着けない。
養父市在住の友人との待ち合わせ時刻には1時間以上あったので、
「ちょっと竹田城址へ」が頭をよぎったが、遠回りした道にも迷って早々とスルー(笑)
 
健さんの遺作「あなたへ」ではロケ地のひとつだったにも関わらず、
竹田城址への訪問客が上映後10倍は増えたのだという。
私も「あなたへ」以前は、竹田城と言えば大分でしょう、だった。
a0176188_09564413.jpg


友人によれば、竹田城址へ行くよりは、立雲峡(りつうんきょう)に登って雲海に浮かぶ城址を望むのがベストだと。
それは前述の城めぐり好きな友人も同様に言っていた。
泊まった宿の人が早朝に立雲峡へ車で連れて行ってもくれるのだと。

友人が竹田駅へ到着するまで、
駅構内の待合室で「あなたへ」のポスターや観光リーフレットを見たり、
駅前広場でやっていた祭りのパフォーマンスを見たりしていた。
台風の余波で生暖かい突風が吹き荒れて、散歩するより室内にいた方がベターだった。
a0176188_09565176.jpg

a0176188_09565812.jpg

a0176188_09570792.jpg

a0176188_09571360.jpg


映画「あなたへ」(2012年)。
第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞に輝いた、青島武氏の脚本を
同じくハートウォーミングな小説を連作する森沢明夫氏がノベライズ。
これは先日読んだばかりだ。
ラストシーンは北九州市門司区。関門大橋の下で。
「昭和館」館主の樋口さん夫婦が背景で通り過ぎていた(エキストラ出演)、あのラストシーン。
ビートたけし扮する車上荒らしが警察に捕まる、関門海峡を見下ろす下関側の壇ノ浦SA。
私が行ったことあってロケ地は「ここ」と断言出来るのはこの二か所。

映画講座の西村先生は、健さんの亡き妻が結婚前に住んでいた、長崎県平戸の漁港・薄香に
最近訪れたという。
この漁港はストーリー上、「核」となる場所だ。
「ロードムービー」は好きなジャンル。「一期一会」の人との縁を織り交ぜながら旅する映画。
森沢明夫氏が自らレンタカーを駆って富山ロケから撮影現場を巡り、登場人物のディテールを肉付けしていったというエピソード。
これもなんだか羨ましい。

友人とは町民が祭りに出かけて閑散とした駅周辺で開いていたカフェで。
a0176188_09572484.jpg

a0176188_09571841.jpg

竹田町屋カフェ 寺子屋


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
by seirisyunou-deux | 2018-10-31 10:00 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)

関西旅行-二日目①

台風25号が九州に上陸というニュースに接しながらの、
大阪から兵庫へ西に移動。
新幹線移動が前日の金曜日でよかった~(´▽`) ホッ
土曜日に東北への城巡り旅行を予定してた友人は、自発的にキャンセルしたというし。

朝7時過ぎには姉の家を出るが、途中神戸あたりで豪雨。
どうなることやらとヒヤヒヤしたが、姫路あたりでは雨も上がる。
台風の余波でその日一日、生暖かい風が吹いて気持ち悪かったけど。

「Qさま 歴史のプロが選んだ 日本の世界遺産ベスト20」 (2018.7.2)観ていて、
ま、日本の世界遺産、行ってないところ数あるんだが、
小倉からも行き易い姫路城がなんと一位ではないか!行くしかない!
「これほど原型をとどめている城は珍しい。城としての価値は日本一!」という歴史家の推薦文。
a0176188_07000929.jpg

a0176188_07013592.jpg

a0176188_07004098.jpg

日本における世界遺産第一号。1993年12月、同時期に登録されたのは法隆寺、屋久島、白神山地。
(今年行ったドブロブニクが1979年だって。つまり世界遺産スタートして二年目。
内戦で破壊され、危機遺産に登録されるも、市民たちの手によってそのリストから除外された・・・
うーん、クロアチアに行った時に検索したハズなのに、改めて読むと底力を感じるわー)

上記の友人のようにお城大好き、「日本100名城」スタンプを集めているわけでもない。
が、その中でも上位に上がるだろう、姫路城ならばまずは行かねば。
最初は大阪に行く途中に下車して観光、も考えたのだが姉が一緒に行きたいというので。

ウチのそばの堂々たる小倉城は「日本100名城」にも入っていない。
基準は素人なのでわからない。
小倉城入場料300円位(現在リニューアル工事の為休館中で検索不可)?、
一方姫路城1,000円。
全世界から訪れる「世界遺産」ウォッチャーの為に歓迎する体制は抜かりなく、
日本語以外のガイド料は無料。日本語は2000円、何故だ?

エレベーター等当時なかったモノは取り入れないのか、
健脚でなければ上まで上がれません!
公式サイトに「建物内での車椅子での見学不可」と明記されていある。
地階で靴を脱ぎ、六階までどんどん狭くなる急な階段を手摺のみ頼りに上がる。
a0176188_07004964.jpg

修学旅行とかち合って、ぎゅっぎゅーな観光だが、
やはり見ごたえ感半端ない。
a0176188_07005976.jpg

武具をかけるフック。
a0176188_07010522.jpg

見張り台に上がる階段。
a0176188_07011295.jpg

a0176188_07011755.jpg

a0176188_07012343.jpg



【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
by seirisyunou-deux | 2018-10-30 07:15 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)

関西旅行-初日

今年、読書は進んだけど、旅行はなかなか出来なくて、
海外旅行一回、国内旅行一回・・・のうちの、その国内旅行の覚え書。

友人が姉妹で旅行する時は「私以上に無計画の妹との珍道中」らしい。
ウチの場合、ふたりの性格上無計画なことは皆無で、
そりゃ諸事情で時間通りに行けなかったり、キャンセルを余儀なくされたり・・・のハプニングはあるが、
例えば「行ってみたら、休館日だった」ってのは、なんだかちょっと哀しい話;;
この手の話は多分、姉が許さないと思う(笑)

初日は大阪中之島にある国際美術館での「プーシキン美術館展」。
"NMAO"(The National Museum Of Art Osaka)と言い、万博記念公園より移転。

中之島・・・友人からリバークルーズに誘われて、懐かしいな~などと喜んで写真撮ったりしたのだが、
a0176188_10122277.jpg

中之島四丁目というのがわからない!中之島、広すぎ!
何人の人に訊いただろう。観光客も多くて、訊く人選ぶのも大変。

毎週金曜・土曜の夜間開館中(17:00~21:00)のみ、作品の撮影がOKだった。
九州国立博物館でのビュールレ・コレクションはふたつの絵画が撮影出来たが、
最近の傾向はこうなのかな。
でもみなさん、パシャパシャ撮るだけで、「鑑賞」しているんでしょうか。
自宅でゆっくりファインダー通して絵画鑑賞ですか?大きなお世話かな。

去年のロシア旅行、モスクワで行けたのは「トレチャコフ美術館」の方。
アンドレイ・ルブリョフ始めとするイコン・コレクションの数々。
印象派絵画好きな私としては、ほんとに行きたかったのは「プーシキン美術館」だった。
エルミタージュ美術館に次ぐ収蔵数で、第二位だという。ロシアでなく世界で。
ロシアの国民的詩人(どんなに愛されているかは地元ガイドさんの話で認識した)、
アレクサンドル・プーシキンの名を冠した。

「旅するフランス風景画」のサブタイトル通り、
クロード・ロラン、ブーシェ、コロー、モネ、セザンヌ、ルノワール、ルソー、ドラン、ピカソ、ゴッホ、ゴーギャン・・・
私をすぐにもフランスへと誘ってくれました^^
彼らの生誕地や美術館を観たくて、旅のスケジュールに組み込んだ
若き無謀な日々も思い出したりして。
二十代の最初のパリで接したルーブル美術館から、
直近のフランス旅行でようやく実現を果たした、モネの終の棲家であるジヴェルニーまで。
a0176188_10123808.jpg

フランス地図の前に立つだけで、時間がどんどん過ぎていく(笑)

フランス人の友人と初めて会ったマルセイユ、
その友人の住むクレルモン・フェラン、
中学生の頃のペンパルの住むコルマール、
今でも付き合いのある福井の旅人と初めて会ったロワール川ツアー拠点のトゥール、
彼女からラ・ロシェルという「冒険者たち」のラストの舞台となった町の情報を得て、
モン・サン・ミッシェル行きをラ・ロシェルに方向転換したんだった。
そんなこと、あんなこと回想する時間。

姉にずっと勧めていて、ようやく読んだらしい、原田マハの「楽園のカンヴァス」。
ここに登場するアンリ・ルソーが展覧会の「顔」。
a0176188_10120906.jpg

ちょっと物悲しくも純粋だった画家の生涯のエッセンスを、本を通して読み取るだけで、
彼の絵画に相対した場合の感動も違ってくる。

夕食は梅田の「クンテープ ルクア大阪店」でタイ料理。
「クンテープ」は首都バンコックの別名だ。
タイカレーラーメン。
a0176188_10092124.jpg

感激した「Rice people,Nice people! KITTE博多」程はね。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
by seirisyunou-deux | 2018-10-29 10:18 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)

近頃の読書

なんか中途半端な時期。。。
今年前半を振り返る時期でもなく、
年末までは後二か月程。
でもブログの更新が滞り過ぎてね~(^_^;)

10月22日時点で読んだ本、92冊(雑誌含まず)。
去年が126冊、一昨年が97冊。
今年も100冊は超えそうだ。
実家でのバタバタがあった割にはけっこー読んだな。

新年に立てた誓い・・・でもないけど、思惑通り、
読みたかった吉田修一氏の本をほぼ読むことが出来たのは収穫っ♪
彼のオフィシャルサイトも洒落てて、「BOOK NAVIGATION」は大いに参考にさせて頂いた。

朝日新聞で掲載されていた彼の新作「国宝」(上下)がもうすぐ(図書館から)回って来る♪♪
そんな彼のベスト5を挙げると・・・
路(ルウ)・・・これはダントツ。頭の中ではすっかり映像化されていた。
a0176188_19485911.jpg

(だからと言って、安易な映画化はやめてくれー)
台北から1時間かけて遊びに行った淡水などが出て来て懐かしい。
「読書メーター」で主人公の台湾人:人豪に福原愛ちゃんの旦那さんが脳内変換された・・・
というカキコミがあって、私も釣られた(爆)
横道世之介
a0176188_19551737.jpg

悪人
怒り
7月24日通り
迷いながらベスト5を選ぶのも楽しみのひとつ。

「プレバト」(TBS)見てたら、
フルーツポンチの村上健志が、「古書店街」のお題で、
「作家別に 揃え直して 夜は長し」と一句。
これも本好きの「あるある」。

それと、チェックしているある方のブログで紹介されていた、
森沢明夫氏。
まだすべては読めてないので、とりあえずベスト3を。
夏美のホタル
a0176188_19520157.jpg

ヒカルの卵
a0176188_19534432.jpg

虹の岬の喫茶店
a0176188_19535293.jpg


彼のエッセイ、「あおぞらビール」「ゆうぞらビール」読んだら、
全国津々浦々バイクでツーリング&キャンピング。
実生活のハチャメチャぶりは小説には反映されていないが、
日本の自然を堪能したからこそ、舞台設定の大半である自然美の描写に筆が冴える。
その地に足を運びたくなる。
そして、卵かけごはんを食べたくなるし、岬の喫茶店でコーヒーを飲みたくなる。
登場人物たちはみな優しいし、ホロリとする人情話。
登場人物たちは複数の小説でリンクする。伊坂幸太郎氏の「黒澤」みたいに。

今でも図書館ボランティアを継続しているが、
「なんて読むんだろ?」という作家たちも段々馴染が出て来る。
・帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい)
・冲方 丁(うぶかた とう)
・万城目 学(まきめ まなぶ)
例として挙げた方々、ほんとにスミマセン。私が無知なだけ;;;

帚木蓬生氏は彼が入り直した九州大学医学部でなんと後輩だったという知人から本を借りた。
「安楽病棟」。これが現在読んでいる本。
a0176188_07230947.jpg

やはりペンネームだそうで、源氏物語五十四帖の巻名「帚木(ははきぎ)」と「蓬生(よもぎう)」から。
知人はバレンタインディーにチョコレートを上げた思い出があるのだとか。
1999年に書いたものだからか、「痴呆」ということばの羅列。
「認知症」に言い換えられたのは今から14年前だという。
精神科医ならではの臨床記録という感じ、小説というよりは。

ついでを言えば、垣谷美雨氏。
姉が勧める「老後の資金がありません」は64番目の順番待ち。
で、すぐに借りられる「あなたのゼイ肉、落とします」を。
なんだかハウツー本みたいなタイトルのオンパレード。
「あなたの人生、片づけます」「子育てはもう卒業します」・・・
一冊読んだだけなのだが、これもなんだろー、小説のカテゴリー?って感じで。

書店よりは図書館に足を向ける回数が多い。もうほんっと好きな空気感。
本との新たな「縁」を期待してずっと通うことだろう。
多分来年も「現在本を出している日本人の作家」を基準に選ぶことだろう。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

[PR]
by seirisyunou-deux | 2018-10-22 19:47 | | Trackback | Comments(0)