人気ブログランキング |

There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

<   2019年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

以前の食器棚も蝶番が複数壊れて、もう減価償却過ぎた感じ。
システムキッチンと同色にして統一感を持たせたかった。
かつ以前は食器棚の上にカゴを3つ置いて(中にはタッパー類、猫ごはんのストック入れて)いたが、
やはりこれもリビング側から見ると、カゴの大きさはまちまちで
いっそキャビネットを天井まで届く高さにすればすっきりするのではと。
前述したようにキッチンは日々食材の出し入れで何かと雑然とするのでね。

以前は左側に脚立を置いていたが、そんな隙間も埋めて、
冷蔵庫を置くスペース以外は、横も縦もキャビネットとする。
脚立がそばにないので、天井近くの棚から出す時は不便さが増すが、
これも慣れていくしかない。

下から、
念願だった、二種類のダストワゴン用キャビネット。キャスター付き。
a0176188_13545475.jpg

米櫃ラックは以前の食器棚からのを。左側には紙&プラスチック袋(ゴミ袋としてではなく外出仕様の大きな袋類)。
棚の位置を替えて、中段はトレイのみ、上段は猫のえさ。
a0176188_13544869.jpg

家電置きは二段。
普通なら炊飯器(現在は鍋を使用)を置く、前にスライド出来る棚にはトースターと根菜類。
a0176188_13550036.jpg

その上には電子レンジ、
以前はリビングとの境のカウンターに置くしかなかったエスプレッソマシーンがこちらに。
ヨーグルトメーカーは処分したが、レコルトのソロブレンダーは日常使いにしたかったのでこちらに。
a0176188_14124091.jpg

タオルがかかっている引き出しはカトラリー類。
タオル掛けはここでいいのか?課題だなー
a0176188_13544082.jpg

上の収納棚には食材。
左右それぞれ三段あるが、チビの私は上段は脚立なしでは取れないので、使用頻度が低いモノ。
a0176188_13550674.jpg

上段は料理本、中段は私にはやはり少し高いので、取手付きの100均プラカゴ。
下段は取手のないプラカゴ。
a0176188_13551283.jpg

上段はタッパーストック、中段は鍋の時の、野菜や肉を入れる大トレイ。
下段右側カゴは以前食器棚の上に置いていたが、今は中に収めた。

リフォームして二か月過ぎ、98%位は満足の行く結果となった。
でもこれは完成形ではない。
水道をホース式にしてシンクの掃除を隅々までしやすいのがよかったかもとか、
ハンズフリーで水を出す(足であるスイッチを押す)のがよかったかもとか・・・時々頭を過る部分もあるにはある。
しばらくしてちょっとしたプチストレスを感じるかも知れないし。
又、いいアイディアが浮かんだら紹介します~

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

by seirisyunou-deux | 2019-01-28 14:11 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
ぴっかぴかのキッチン、ツールも一掃すると気持ちがいいのだろうが・・・
引き算は多かったが、
(排水口が浅いカゴになったので大量のブルーネット袋は人にあげたし、
IKEAのキッチンペーパーホルダーも。
食器も見直した。
ヨーグルトメーカー。カタログギフトでGETしたが、面倒くさくなってずっと死蔵品だった)
足し算はまな板と処分した実家からの浄水器位だろうか。
3COINSのガラス製まな板とIKEAの木のフルーツ用まな板。
ガラス製はもちろん使用に気を遣うが、
例え買い換えるとしてももうプラスチック製はやめようと思う。

今まではドイツメーカーBRITAを使用していたが、
母の新しい家が浄水器を必要としなくて、旧実家の浄水器を私が引き取った形。
だって、けっこー高かったというではないの。35万円位?
しかしながらBRITAも継続使用中。冷蔵庫に収納出来るので冷水がすぐ飲めるのだ。

この引き出しは中央の一番上。使用頻度の高いモノを入れている。
a0176188_20143972.jpg

引き出しを開ける度に中のモノがガサガサと前後に動くのもプチストレス。
いや、神経質すぎるかなと思ったけど、ていねいに暮らしていこうと思ったので、
それで後方に卓上カレンダーの硬い台紙を切って挿し入れた。
するとがたがたいうこともなく、モノが落ち着いてきた。

その引き出しには通常ならシートを敷くのだろうが、
わざわざ買うのもねと思って、
これまた古いカレンダーを並べてシートの代わりとした。

見ておわかりだろうが、このけち臭さ。
カレンダー、牛乳パック、ティッシュボックス、紅茶箱、もち吉の缶・・・etc.
リユースのオンパレードだ。

このキッチン、欲を言えば一番左のサイドストッカーが上から下まで続いていればよかったが。
a0176188_20144618.jpg

下に醤油、料理酒、みりんなどを入れて一緒にスライド出来ればね。

ウォールキャビネット。
流しの上、頭上では電動で上下する二段の食器棚。これがいいのよ~♪
a0176188_20150828.jpg

a0176188_20151469.jpg

a0176188_20152172.jpg


収納ポケットが一番下に3つに分かれていたのは嬉しい発見だった(笑)
ショールームで見たはずなんだけど、改めて「えーっ、ここにも収納出来る」。
布類(布巾、台拭き、手拭き、ランチョンマット、鍋掴み、ティーコゼー、エプロン、手ぬぐい、風呂敷等)がこんなに多いとは。
a0176188_20145115.jpg

a0176188_20145765.jpg

もち吉の缶がすっぽり入る深さ。猫用腎臓療養食2Kgもすっぽり。
a0176188_20150355.jpg


そうそう、”オーブン”なんて私の辞書にはないのだが、
そこそこ長く付き合っている友人が、
「えっ、オーブンなくて、グラタンなんて作らないの?」と。
えっ、グラタンなんて、外で食べるモノではないの?と反論したかったが、
なんせ年上の方なので(笑)
片や、「私はリンゴも剥けないの」と二十代の頃から定番の自虐話をする友人もいる。
ま、私は中間あたりではないかと。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

by seirisyunou-deux | 2019-01-25 20:32 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
システムキッチンは「LIXILのシエラ17」というもの。
柄は"Nordic Natural"(北欧・ナチュラル)という白木調。
ベーシック値段ではなく、このタイプを選ぶと1レベル高い値段。
ずっと対面し続けるモノなので、ここで妥協はしなかった。

21年前位はまだ扉が観音開きタイプ。
クライアント宅では引き出しタイプのお片付けをすることも多かったが、
一早く洗面台が引き出しタイプとなったので、早くキッチンも同タイプにしたかった。
これはBeforeのシステムキッチン内だが、奥の方は死角になる。
a0176188_07464149.jpg

処置としてベルメゾンでふたつ買ったのがスライド式の収納庫。
a0176188_07464640.jpg

流しの下の右側、手前にスライド出来る収納庫(洗剤ストック類)をネジクギで固定させた。
ところが左側はずっと”コ”の字ラックのままで、スライド出来ない分、奥のモノが死蔵品。
排水管のせいでラックの置き場にも制限があるし。
あるお宅のキッチンには排水管を中心に左右伸縮性のある棚をかけた既製品ラックがあった。
なるほどねーとその時は感心したが、買うこともなく次なる「排水管ってどこにあるの?&引き出し式」へ。

レンジ下側。
もうひとつのスライド式収納庫。ふたつのスライド式は当然一緒に処分してもらった。もう錆び付いていた。
a0176188_07465144.jpg

a0176188_07465923.jpg

a0176188_07574025.jpg

牛乳パックのリユースだらけ。
パックを乾かしている間に、次どこに使おうかと家中見回すのがクセになっちゃって。
でも液だれしなくても確実に汚れるので、これは便利。
汚れたら次なるパックに入れ替えるだけだし。
但し、このパックは必ず蓋を閉める場所にしか使用しない。ちょっとは見栄えを意識する。
他にも梅酒パックや栄養ドリンクの空き箱なども。

この牛乳パックらは引き続きリユースしているが、
引き出し式はいいですなぁ♪(。・ω・。)ノ♡
死角、死蔵は無縁。ジャジャーン♪♪
a0176188_07471912.jpg

上の段を奥に押すと。。。
a0176188_07545786.jpg

鍋はこれだけ。使用頻度の高いモノが自ずと残る。
a0176188_07472929.jpg

カタログギフトで選んだ栗原はるみの片手鍋。
母が買ったもののIH対応じゃなくこっちに回ってきた小鍋。
卵焼き器は二台目(汚い・・・)。
姉からもらっていた片手鍋とフライパンをこのタイミングで下した。
ザルとボウルは長年これら。
下中央の西部ガスフェアでガスコンロ購入した時のおまけの炊飯鍋。
友人宅でIHにしたので不要になって頂いたスパゲティ茹で鍋。
貰い物赤のシリコンスチーマー。
ポップコーンを作る時に使っただけだけど、場所取らないしなんとなく捨てきれない。

ホットサンドメーカー、バウルーはやっと処分。さっさと捨てればよかったのにな。
これだって姉からのモノ。
鍋もシリーズではなくなったけど、ま、いいか。
a0176188_07574577.jpg

a0176188_08044323.jpg


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

by seirisyunou-deux | 2019-01-23 08:09 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
渡辺篤史の建もの探訪」(BS朝日)が好きで、
お気に入りのキッチン写真をいくつか施工業者宛てのメールに添付した。
a0176188_14133541.jpg

a0176188_14134037.jpg

a0176188_14134577.jpg

a0176188_14134968.jpg


「こんなキッチン希望します」みたいに。
渡辺篤史訪問以前にプロが入って「見栄え」重視で掃除済なのはわかるんだけど。
キッチン洗剤&スポンジはどこに隠したんだろうって程、所帯じみたモノはないし、
シンクはピッカピカに磨かれ、ちゃんとバスタブには水が張ってある。
それがカメラが入る前提なんだろう。
演出とはわかっても、こちら視聴者側に夢と希望を与えてくれる。

これらの写真には包丁挿しやレードル立てみたいなモノが出ているが、
私は出来るだけ隠す収納に徹した。
やかんやキッチン洗剤&スポンジなどどうしても隠せないモノがある分。
出ているだけでいずれ埃をかぶるし、リビングから見える景色は超シンプルでありたい。
ただでさえ食材の出し入れが頻繁なだけに。
「好きなモノを出して目に触れるところに」のいつものポリシーはキッチンでは封印。

9月初旬にメール内容の擦り合わせと採寸、
2回目訪問で見積もり金額提示、
LIXILのショールームに連れて行ってもらって、
3回目訪問で二度目の見積もり金額提示、
そして秋にはリフォームが多いらしく、10月下旬にやっと順番が回って来た。
11月には玄関廊下からリビングの床パネルを張り替えるという二次リフォーム。
これも業者と打ち合わせの段階で得た情報で、
陽が当たって劣化していたフローリングが簡単に再生されるモノがあるとのことですぐ飛びつく。
12月にアンケート用紙持って来宅。
なんだかんだで夏から冬にかけての長丁場。
ほぼ半日ベッドルームにうちの猫と監禁状態の時もあり、
リフォームは何かと体力勝負だと。

リフォーム直後。
a0176188_14151080.jpg

a0176188_14150408.jpg

現在。
a0176188_14151530.jpg

a0176188_14153130.jpg

a0176188_14152004.jpg

a0176188_14152557.jpg


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

by seirisyunou-deux | 2019-01-21 14:20 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
平成9年築のマンションなので、去年で21年目。
実家やその前に住んでいた公団とは違い、
対面キッチンというだけでかなり心浮き立った。
が、21年目となるとアラがここかしこと目に付き、
「どうせいずれリフォームするから」との決意の元、掃除をしなくなる・・・\(>o<)/

他の水回りのリフォームをすべて終えたつもりだが、
早くも10年前に行ったバスリフォームにもアラが見え始めたあたり。
今回他の施工業者にお願いすると、サービスで
バスルーム入口の一部、ペロンと跳ね上げていた木枠も替えてくれるとのこと。
「どこに頼まれたかはわかりませんが、仕上げが雑ですね。
ウチならしっかり仕上げます」。
やっぱり個人でやってるところより、ホームページを持つ会社は強いな。

この業者には一昨年洗面台のリフォームを頼んでいるので引き続き。
8月に見積もり依頼メールをした際、添付した写真が以下(恥を忍んで・・・)

真ん中の扉の蝶番が壊れて浮いている。扉のマーブル模様は好きだった。
洗面台にも同じ板を使っていたので、それを使えないかと最後まで思っていた。
a0176188_09411012.jpg

入口に二段のゴミ箱。邪魔だが他に置けやしない。飛行機のギャレーみたいな狭さだし。
購入した収納庫でふたつの扉の蝶番が壊れているのを修理。
直してたところで若干のズレが生じ、違和感は残る。
a0176188_09411666.jpg

流しの汚れが特に目につくようになって来る。
コーヒー豆の滓が壁面に残るだけでプチストレス。
食洗機は全く必要はなかったが、洗った食器を置くトレイがリビングからも見えていてやはりプチストレス。
下の扉の蝶番も壊れたまま。
a0176188_09412659.jpg

ガスコンロは7年前に取り換えたのでそのまま継続。
壁面はアルミシートを貼っていた。
汚れると四隅のシールから一枚ペロンと剥がれて下のキレイなシートになる。
でもエンドレスで購入するしかないのかと。壁に粘着の跡があちこち残るし。
そしてこの下の扉が閉まりにくい。
a0176188_09413191.jpg

何故なら扉裏にレードル収納ツールを設置していたので。ベルメゾンで買ったのかな。
一番左はラップ芯のリメイクで、下にテーピングして菜箸挿し。
a0176188_09585851.jpg

LDKなのでリビングから見える風景、雑然としすぎで、
プチストレスが集合体となりグランドストレス!
a0176188_09412128.jpg

モノをすべて別の部屋に移動した結果。リフォーム直前。
a0176188_09413674.jpg

a0176188_09414006.jpg

こんなにモノがあったのか!運ぶ途中で挫折しそうになった💦
a0176188_10091062.jpg

a0176188_10090318.jpg


【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

by seirisyunou-deux | 2019-01-20 10:03 | 整理収納 | Trackback | Comments(0)
早や一月も中旬となり、今年もあっという間に過ぎて行くことでしょう。

森沢明夫氏「きらきら眼鏡」のように
ふつうは幸せ。過不足が無いことは、それだけで奇跡
を心に留めがら日常をありがたく過ごしていきたい。
(ちなみに「きらきら眼鏡」、泣きました(T_T) 最近とみに涙腺緩くなってる)
a0176188_16005285.jpg

今年やりたいことをいくつかUPすると。。。
①英会話
フランス人と会話して、自分の語学力の欠如に頭痛がしてきた。
友人の孫娘はオーストラリアで語学研修三か月したというので全く問題なし。
孫娘のボーイフレンドもそれ程英語が得意じゃなかったけど、日本に来たら英語話すしかなくて、ということだった。
やはり現場で覚えると身に付くんだな。
去年始めた日本語ボランティアでも、韓国人がいると韓国語を話したくてしょうがないのに、
英語になると何故積極的になれないんだろう。というか語彙が出て来ないからなんだが。。。
周りにふたりほど、スカイプによるフィリピン人講師とのトークで英語を学ぶ人がいる。
ネイティブスピーカーになると受講料も上がるらしいので、フィリピン人なのか。

街中に溢れている英語のボキャブラリーを体内時計ならぬ体内辞書に刷り込むこと!
これが新年の誓い!

②ピアノ
小学生の頃から弾いていたピアノを寄付したが(ま、両親が買ってくれたのだが)、
弾くことを放棄したわけではない。
マンションで音の洩れる心配もなく、昔取った杵柄で再開はしたいのだ。
私からは放出するばかりの「ブックオフ」だが、
安く売られている楽器の中で、電子ピアノもあったのだ。小倉店では見かけないのが残念。
場所も取らないし、弾く場所も気分次第で替えられるなんていい!いつか買いたい!

③プチストレスを解消する
去年キッチンのリフォームしたことで大ストレスが解消されたので、
心にちくっとささる「やりにくいな」「マイナス気分になるな」をひとつずつ解消していきたい。
家の中を見回してささくれだったらメモすることにしようっと。

ということで・・・
さっき解消したのが、配線コードがからんだ固定電話コーナー。
なんか見苦しかったわけですよ。
a0176188_15583011.jpg

IKEAの子供用椅子で隠してもダメですよん。
a0176188_15585599.jpg

たかが電話でこんなにコードだらけ。J:COM利用ってこともあるんだけど。
Amazonで収納ボックス検索してみたら、1000円以上はかかるし。
ちょうど友人から(ある番組のダビングをしてあげた)お礼に
アンディ・ウォーホールの灰皿(吸いませんけどね)が届いたところで、
その箱を利用して隠してみた。
a0176188_15572058.jpg

黒だったので白い紙貼って、コードを出すところはカットした。両面テープで箱の内側に止めてもみた。
a0176188_16111299.jpg

見た目すっきり。って、自己満足ですけどね^^
a0176188_15581142.jpg


次は包丁研ぎ!
お客様のところに「調理」活動で3件も入っているけど、どこも包丁切れますねぇ。
ウチだけかい、切れないの(苦笑)
研ぎ石では研げないので、どなたかのブログで紹介されていたシャープナーも買ってみたけど。
a0176188_16011071.jpg

切れないのはほんと毎日がストレス。今度スーパーの入口で出店あったら、包丁持って行こう。

【家のお片付けや家事代行のご要望はこちらへ==>Deux】

by seirisyunou-deux | 2019-01-12 16:16 | 雑感 | Trackback | Comments(0)