There Is No Place Like Home (我が家に勝るものなし)♪

seirisyuno.exblog.jp

北九州小倉在住の  【ハウスキーピングDeux】のつぶやき

先月、家族と嬉野温泉へ。
嬉野温泉協会サイトに英語以外には
韓国語と中国語バージョンがあるってことをついさっき知ったばかり。
どうりで。。。
まず、ホテルのフロントに崔(チェ)の名札を付けた若い男性スタッフが。
チェックインの列に並んでいる時、ハングルで電話していたので、あれ?と思った。
で、電話が終わり、「こちらへどうぞ」と言われたので、
予約フォームのプリントアウトを差し出しながら、「予約しました」とハングルで。
するとあちらはにっこりしながら「韓国語お上手ですね」とまあ、常套句を。
ロビーに飾られたひな壇の前には、
大文字で「触らないで下さい」のハングル文字があるし。

その後、夕食時に1階に下りてみると、
ロビーにちょうど韓国人団体が到着。賑やかなハングルが聴こえてきた。
翌朝は7時前に風呂に行くと、もう浴衣着て出るあたり。
その後朝食取りに行くと、出発の為にロビーに集合。
夜は遅くて朝は早い。
イラチな韓国人はそれが性に合っているのかな?
で、韓国人の定番コース、ハウステンボスにでもこれから遊びに行くのでしょう。
又、ホテルのパソコンでネットを使わせてもらったけど、
「韓国語」が標準入力になってたことが、検索窓でわかってびっくり。
まさか、客が勝手に設定しなおしたのか。
私の知らないところですっかりグローバル化は進んでいるんだなぁ。
a0176188_804936.jpg

            (嬉野温泉の公衆足浴場「シーボルトの足湯」)

もう家のお雛様は「啓蟄」(3月6日)に仕舞ったのだけれど、
佐賀城下ひなまつりは今月21日まで開催されているので、
まだ紹介させて頂く。
8つほどある会場の中のひとつ。
佐賀市在住の人形作家姉妹展が旧古賀銀行2階に展示されている。
江口美千代さんはおじいさんおばあさん雛を、
a0176188_7544825.jpg

        (「退屈じゃなのう~ 足もしびれたし」とお姫様、
         「この酒はなんじゃ? いくらでも飲めるのぉ」とお殿様)
江頭由紀子さんは赤ちゃん雛を。
a0176188_755413.jpg

どちらも表情が豊かで微笑ましい。
特に江口さんのは、すべてがセリフ付きでプッと吹き出すこと請け合い。
久々に「お雛様」で遊んだ半日でした♪

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
# by seirisyunou-deux | 2011-03-08 08:03 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
'01年に動物病院に保護されたメスの子猫を引取りに行ってから早10年。
キャットフードを昨日買ったんだけど、
高齢猫用に今は8歳以上、13歳以上の二種類。
以前は、7歳以上の一種類しかなかったことを思えば、
猫も高齢化で細分化されている。
しかし、うちのミウミウ(時々略してミウ)、もう10年目なのか!の驚き。
ちなみにフランス女優のミウミウから命名。
a0176188_7522110.jpg


お気に入りの猫ブログ、その①
あすナロにっき
多分、ナロちゃんもミウと同じで、太れないタイプかな。
ナロが来る前は、
別にそこまで触りたいとも思わなかった。
でも今は、
いつでも猫を触れるしあわせを
ことあるごとに感じてる。
こんなに毎日触れ合ってるのにね。
すごいなぁ、ナロは。
」(引用させて頂きましたm(_ _)m )

うんうん!
「ナロ」を「ミウ」に置き換えさせて頂きましたさ。
眼が疲れた時に片目ずつ、ミウの頭に当ててみる。
ジーンと温かい。
体が疲れた時に顔ごと、ミウの背中に埋めてみる。
これもヒーリング効果バツグン。
a0176188_7524969.jpg

 
お気に入りの猫ブログ、その②
茶丸のまいにちが日曜日
カメラ近づけただけで、寝てても気配で起きてしまうミウと違って、
大物茶丸クン。

反則みたいな動画がある。。。
毎回同じ反応しかできないのよね--;;
くずかごに頭を

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
# by seirisyunou-deux | 2011-03-07 07:51 | | Trackback | Comments(2)
去年の秋口まで14年間飼っていたリリーが
腎臓病で亡くなってから、ポッカリ空いた心の穴。
それを埋めてくれたのが、まだ5ヶ月ぐらいのゾロリ。

小倉駅南口⇔井筒屋コレット間の2F歩道橋にて、
ポチタマクラブが遺棄された犬猫たちの飼い主たち募集を
土日毎呼びかけている。
ちなみにMs.藤崎もポチタマクラブ経由で
苅田の動物病院を紹介されたそうです。

その後、日々仕事に雑事に忙しく、
疲れた時、猫がそばにいて欲しいとの欲求がフツフツ。
だって、秋口まではそばにいたのだから。
そんなある日、「猫」に飢えた私はその歩道橋に猫を見に行く。
一日でも長く飼い続けたいので子猫を、
と意志を伝えたら、そのゾロリを紹介された。
スタッフさんの家の隣の公園に捨てられていた猫の一匹だそう。
家族と相談しにその日は帰宅、翌日は家族と再び赴く。
そしてそのまま私の腕の中に♪

これで家族の一員だよ、ゾロリ君。
昔、子供達に読み聞かせていた児童書「かいけつゾロリ」から命名。
本当はキツネが主人公なんだけど、マスクしているみたいな顔が似てるでしょ?
a0176188_8103511.jpg

あれから4ヶ月近く経ち、
体重も2.5Kgを越えたことから、先日去勢手術を。
完全なオカマ猫になりました。
手術後、病院の先生が切り取られたオチンチンを見せてくれて
「要りますか?」「・・・いえ、いいです」。
その後は鳴き声も収まり、朝昼晩三食もりもりで回復!

夜はパパさんと一緒に寝るけど、
昼はクローゼットの中のバッグの中がお気に入りzzzzzzzz
a0176188_810156.jpg

(R.M.)
【整理収納アドバイザー Deux】
# by seirisyunou-deux | 2011-03-06 08:14 | | Trackback | Comments(0)

カゴ使い

家の中で一番気に入っているカゴは南仏ユゼスで購入。

a0176188_851083.jpg

金物屋の店頭に下記のように並んでいたカゴたち。
買ったのは店の床側左手にある、5ユーロ(760円ぐらい)。
a0176188_7559100.jpg


南仏ではあちこちで見かけたカゴはどれも観光客値段(10ユーロ以上)で
この前を通りかかったのはほんとにラッキーだった。
翌朝は南仏を発つ日で、その後お眼にかからなかったので。
当然キャリーケースに入らず、普段の買い物をするように、
手に持って飛行機に搭乗( -_-)
チェックインカウンターで何かお咎めあるかしら、と
前以て英語で文章を組み立てていたのがウソみたい。
誰もその「カゴ」が見えていないかのよう。

買ってしばらくはスーパーの買い物に使っていたのだけれど、
自転車のハンドルに下げると大きすぎてバランスが悪くなる。
それで、今はエコバッグや大小サイズのビニール袋の格納庫と化した。

a0176188_7552526.jpg

2つ目はバスルームの入口に掛けた大きな洗濯カゴ。
洗い終わったものを洗濯機⇒ベランダへ。
乾いたものをベランダ⇒リビングへ。
この移動の時に使っています。

a0176188_7554944.jpg

このぶっさいくなカゴは何?!
はい、私がかずらで編みました(T_T)
ユーカリを挿して、玄関で客を迎えています~;;;

a0176188_756089.jpg

これはキャトルセゾン定番のカゴ。なので安心♪
ポプリを入れてこれも玄関の壁に。

a0176188_7561441.jpg

タグにあるようにキャットフードを入れて食器棚の上に。

a0176188_7563237.jpg

これもタグ通り、タッパー類を。食器棚の上。

これらはほんの一部です。
カゴは生活感丸出しをソフトフォーカスしてくれる。
特にキッチンは食材や道具類とかなりモノが溢れる場所。
収納場所が少ないと、引き出しに入らないものは
すぐ棚の上にポンと置きがち。
それが習慣化されると最初に置いたモノはどんどん奥に移動して、
取り出すのも脚立が必要になったり、存在すら忘れたり。
そんな時、カゴは重宝しますよ~
グルーピングして、ラベル/タグをつけると、取り出すのも簡単!


(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
# by seirisyunou-deux | 2011-03-05 08:10 | 整理収納 | Trackback | Comments(2)
a0176188_7434978.jpg

         (リビングボードに置いた、オランダの木靴。
         ポトスを挿しただけ)

a0176188_744162.jpg

       (ソウル仁寺洞で購入した韓紙。A1サイズ100円位。
       文具屋で買った700円位のイラストボードに貼り、
       床の間の左端に立てかけました。
       仏教経典が書かれてあるのでしょう。
       左手前のミニ花瓶は利川の窯元で←無形文化財の陶芸家らしいですよ)

a0176188_7441358.jpg

       (ユーラシア大陸最西端到達記念書。これは寝室の壁に。
       つまりポルトガルのロカ岬のことなんですけどね。
       名前と生年月日のメモを渡すと500円ぐらいで書いてくれる)

a0176188_7442647.jpg

       (インド、ベナレスの日の出前に出かけたガンシス川遊覧時、
       別のボートから購入したテーブルとイスのミニチュアセット。
       玄関の壁に棚作って)

a0176188_7444362.jpg

         (人のエジプト土産だけど、パピルス紙にネフェルティティ。
          これかなりのお気に入り。玄関の壁に)

a0176188_7562835.jpg

        (リビングから見た対面キッチンの上に貼った、
        ランチョンマット。それに箸とスプーンを縫い付けました。
        ここは韓国コーナー。
        「おいそこの人、悩みでもあるのか。お茶でも一杯飲んで行けや」
        みたいなことが書かれています。)

(Y.F.)
【整理収納アドバイザー Deux】
# by seirisyunou-deux | 2011-03-04 07:58 | 旅(雑記) | Trackback | Comments(2)